足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!

暑い夏のスニーカーや、梅雨時のレインシューズ、冬のブーツやブーティは、
蒸れやすくて臭いやすいですよね。

 

誰でも靴を履いていると足の菌が増えていくものですが、
女性の足は男性の足の5倍も汚いと言われるほどです。

 

例えば、朝から夕方にかけての菌の増殖率、
革靴と靴下を履いた男性は4倍くらいだとすると、
ブーツとストッキングを履いた女性はなんと23倍とも言われているほど。

 

え・・・まじ・・・!?
私の足、男の人に比べて、
超臭いってことじゃん(汗)

 

でも、実際、本当に超!臭ってきます。
朝はまだ良いにしても、
お昼になるともう足は汗をかいて蒸れっ蒸れ状態で、
夕方になるころには、靴を履いて普通に座っていても、臭ってくるほど。

 

恋人や友達にこの臭いがバレたくなくて、
本気で調べました!調べに調べまくって、試しに試しまくって、
臭いを減らせる方法を見つけました。

 

私の場合、辛いですが、塵積(ちりつも)な方法が最も効きました。
泥臭いですが、地道な方法ですが、
説実に臭いを消したい方、ご参考になさってください。

 

 


足の臭いの原因は? 靴を履くから、足は臭うんです!

人間の足は正常な状態でも
汗を1日で大凡コップ1杯分はかくのに、
靴を履くということは、コップ1杯の足汗が閉じ込められてしまうということです。

 

足が臭うのは、靴の中で足汗が蒸れた状態を放置するためです!
菌が増殖して、あの独特の臭いを放つようになってしまいます。

 

この足の臭い、なかなか消えない深刻な問題ですが、
少し工夫を重ねていけば、臭いを抑えることができます。

本当に臭わせたくない日は、本革の靴を履くべし!

おしゃれを楽しむなら、
トレンドに合わせて靴もいろいろ買い足したくなりますよね。
そのためなるべくリーズナブルにと考えている方は多いはず。
お買い得なものとなると、素材は合成皮革の靴を選びがちですが、
実は靴の素材でも足の臭いは全然変わってくるものです。

 

合成皮革の靴は、水に強く、雨にぬれても生地からは染み込みにくいという良さもあるのですが(※縫い目からは染み込みます)、悪くいうと通気性も低いということ。

 

そのため、足汗をかくと、溜まりっぱなしで蒸発してくれないリスクがあります。

 

周りの友達や先輩を見ても、足の臭いを気にする方は、合成皮革の靴を履い履いている傾向が強いように思います。

 

 

 

一方、本革の靴は、動物の自然由来なので、
毛穴があり、通気性があります。
そのため、足汗をかいてもある程度発散してくれます。

 

通気性のある本革の靴を履いた方が足が臭いにくい!

 

 

私の場合、毎日履く靴や、
大事なデートの時に履くとっておきの靴は、
ちょっと頑張って本革のものを用意した方が臭いは弱く済んだので、
皆さんも考えてみてください。

 

 

抗菌、防臭の機能がついた靴を選ぶと尚良い!

特に日本製の靴などに多いのですが、
甲材の裏側に、抗菌、防臭の機能がついているものがあります。

 

さっき、女性の足の菌の増殖率は23倍くらいと言いましたが、
甲材の裏側に抗菌、防臭の生地が貼られているものを選ぶと
汗をかいても菌の増殖を抑えることができます。

 

 

足の臭いが強くなるのは、足の菌が増殖してしまうためです。
菌を抑える効果があれば、足も臭いにくくできるのです。

 

よく通販で靴を探すと、そのような効果がある靴はよく見つかりますが、
お店に並んでいる靴は、もともとそういう効果があっても、分かるように表示されていない印象なので、
靴を選ぶ際、お店の人に聞いてみてください。

 

大事な日の靴には臭いを抑える中敷きを入れるべし!

靴を履いた状態で足汗をかくと、
汗が足裏にじゃぶじゃぶと溜まってしますが、
足裏は表よりも、より一層乾かないので、

 

どんどん臭くなってしまいます。

 

お店を探すと、足裏の臭いを抑えるため中敷きが結構売られています。

 

私は足の臭いがひどいので、これなら治る!!??と藁をもつかむ思いで、
いくつか試しましたが、その中効果があったのは、
竹炭(ちくたん)を使用した中敷きです。

 

竹炭には自然な気孔があり、
足の汗や菌、角質など臭いの原因となるものを
いろいろと吸い取ってくれる効果があるそうで、

 

竹炭が使われた中敷きを履いていると、足の臭いが目立ちにくいです。

 

 



 

 

勝負の時まではなるべく靴を脱いで待機すべし!

さっきから何度も繰り返して申し訳ないのですが、
足が臭うのは、足汗が靴の中で蒸れ蒸れの状態で居続けるからです。

 

 

つまり、靴を履きっぱなしでいると菌が増殖して臭ってくるリスクが高まるということです。

 

大事なのは、
デートや、おでかけなどの本番までは、
なるべく靴を脱いで、足を風通しの良い状態で待機するべし!!!ということです。

 

足汗をかいても、蒸れずに乾いてしまえば、臭ってきません。

 

 

5本指ソックスと消臭スプレーの2本技を試すべし!!!

先に述べたように、
大事な人に会う瞬間までは、靴を脱いで足汗を蒸発させているのが良いですが、
そのときに履く靴下にも気をつけるとより臭いづらくなります。

 

5本指ソックスが効果抜群!



 

親指と人差し指の間からは汗を多くかきます。
そのため、ノーマルな靴下を履いていると、足指の間が蒸れる可能性があります。

 

5本指ソックスなら、指の間の汗も生地が吸い取ってくれ、
そのまま蒸発させてくれるので、足の蒸れを少しでも減らせることができます。

 

5本指ソックスにさらに消臭スプレー

さらに消臭スプレーを靴下に直接かけると、臭いが全然違いました。

 

足に消臭スプレーをふき替えるのも試しましたが、
結局、汗をかくと流されてしまうのか、効果が長持ちしないのがほとんどでしたが、

 

中には、靴下にふきかけるというタイプもあるのです。

 

 



 

 

スプレーの成分が繊維にしっかり絡まってくれるので、
足汗をかいても効果が長持ちします。

 

本番までの待機中の5本指靴下にかけていれば、
おでかけの時まで足を臭わせずに済みます。

 

また、おでかけの時に履くおしゃれな靴下やタイツ、ストッキングにもふきかけることができるので、
おでかけ中、靴を履いていても臭ってきづらくなります。

お家で時間がある時は、お出かけ前に足の角質を摂るべし!!!

足汗が靴の中で蒸れるとなぜ臭くなるかというと、

 

足の角質が汗でぐじゅぐじゅになって、
それを雑菌がエサにして、臭いを発生させてしまうためです。

 

う〜ん・・・言っていて、分かりづらい感じがしますね。

 

簡単に言うと、足の角質が溜まっていると、足は臭くなるということです。

 

 

そのため、大事な人に会っている最中にこそ、
足の臭いを発生させたくない!という方は、

 

汗を蒸れさせない!というだけでなく、
足の角質を減らしておく必要があります。

 

 

しっかり1時間、時間が摂れる時は・・・

このような、足を袋に包んで、角質をとれる方法があります。

 

本当に、ぎょっとするほどがっつりとれます。

 

定期的に行うと、一気に臭いを半減できますので、おすすめです。

 

時間をかけたくないという時は・・・

 

とはいえ、毎日の仕事や、急な約束など、
十分時間が取れないというときも多いですよね。
私も急にデート(のつもり)の約束が入った時は、がっつり時間を作ることができずに、
焦ったことがあります。
そのときに、役に立ったのは、お風呂で使う石鹸です。

 

 



 

基本的には毎日お風呂に入りますよね。
その時に身体も洗うはずなので、足だけ、角質をとる専用の石鹸で洗うようにしました。
これ、本当に塵積(ちりつも)で、洗えば洗うほど、足が臭いにくくなります。

 

以上 ちりつもな、足の臭い対策でした。

いかがでしょうか。

 

細かな対策の積み重ねで、
大変そうと思ったでしょうか。

 

これひとつだけで足が臭わない!という
ミラクルな現象が起これば嬉しいですが、
私の場合は、見つからず・・・

 

少しの工夫をたくさん組み合わせることで、
臭いを消していくという方法になりました。

 

ただ、色々組み合わせる分、効果も着実に上がっていきます。

 

今紹介した方法は、ひとつの参考として、
皆さんも自分に合った方法を見つけていっていただけたら嬉しいです。

 

頑張ってください!!!

足の臭いの正体は?まず原因を知るところから始めましょう。

靴を脱いだ時に感じるあの足の独特な臭い、あの正体は何なのでしょうか。そもそも、人間の皮膚は雑菌を飼っています。菌と聞くと悪いイメージがあると思いますが、菌の中にはお肌に良い菌もいるので、良い菌を”善玉菌”・問題のある”悪玉菌”と種類分けされています。私たちの肌に住む皮膚常在菌の種類善玉菌・・・足を良...

≫続きを読む

足を臭わせる皮膚常在菌とは?臭いの原因を徹底分析

人間の皮膚にはもともと数種類の菌が住み着いていて、生きていく上で取り除くことが出来ません。これらの菌のことを皮膚常在菌と言います。皮膚常在菌には、肌に良い影響を与えてくれるもの、間違えば悪影響を及ぼしてしまうものなど、様々な種類があります。基本的に、良い影響を与える菌を善玉菌、悪い影響を与えるものを...

≫続きを読む

足が臭う人と臭わない人の違いは?原因を知りましょう。

前回までのおさらい足に生息する皮膚常在菌(悪玉菌・善玉菌)が足の汗や角質を分解して”イソ吉草酸”というくさい臭いを生成している。イソ吉草酸は、一定の量を超えると臭くなってしまう。イソ吉草酸が一定量以上増える原因は、それを作り出す皮膚常在菌が大量発生してしまっているため。よって、足を臭わなくするために...

≫続きを読む

垢と角質だらけの足は要注意!クサイ異臭を放ちます。

足の表皮には皮膚常在菌という、足を病原菌やカビから守ってくれる雑菌が住んでいるのですが特に、温度と湿度が上がった高温多湿の状態の足で増えていきます。つまり、汗をかいて蒸れた状態の足です。皮膚常在菌のエサは足の角質や皮脂です。角質や皮脂が、靴に閉じ込められた汗と体温で蒸れて混ざりあった状態は、特に皮膚...

≫続きを読む

臭い足には足汗が多い!?多汗症の5つの原因

前回までのまとめ足が臭う原因は、足に生息している皮膚常在菌が増殖しているためです。なぜなら、臭いの正体であるイソ吉草酸を生み出す犯人が皮膚常在菌のため、増えた分だけ、イソ吉草酸も増えるのです。皮膚常在菌が増えるのには要因があります。■足の角質や皮脂が人よりも多い。 なぜなら、これらがイソ吉草酸を作り...

≫続きを読む

足汗を予防する方法

今までに書いてきた記事の内容のとおり、足が臭う原因は何パターンがありますので、自分に該当する原因がいくつかある場合、どこを解決したら臭いが無くなるか、それぞれ試してみると良いと思います。足が臭う条件>角質・皮脂が多い >汗が多い>高温多湿の靴(足の熱と汗がこもる靴) これらの条件が揃うと、臭いを生成...

≫続きを読む

足の臭いは消臭スプレーでは効果がない?!失敗しないための知識

日中働いている間、ずっと靴を脱ぐことが出来ないので、どんどん汗が蒸れて足が臭くなってきます。夕方になると特に激臭を漂わせる私の足・・・デスクに座っていると、靴を履いている状態なのに臭って来るのが分かります。隣の先輩にもバレているのではないかと、ひやひやする日々。どうにかして臭いを消せないかと色々調べ...

≫続きを読む

予防とか言っている場合じゃない!足の臭いをすぐに消したい時の応急処置。

日中ずっと靴を履いた状態でいると、徐々に汗の量が靴の中で溜まり、皮膚常在菌が増殖してくるので足の臭いが強くなってきます。ひどい時はデスクワークをしていると、靴を履いた状態でもぷ〜〜んと臭ってくることもあります。隣の人に気付かれていないか、とても気が気でなく、仕事に集中できなくなってしまいます。その後...

≫続きを読む

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

足の臭いの正体は皮膚常在気が分泌するイソ吉草酸という臭い物質であり、足から出る汗はほぼ99%が無臭の水で、残りの1%も塩分なので、臭いはしません。ただ、稀に汗自体が臭い場合があります。まれに、肝機能の低下や疲労により、アンモニアが体内でしっかり分解されないと、汗と一緒に出てしまいます。アルカリ性の重...

≫続きを読む

【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!

暑い夏のスニーカーや、梅雨時のレインシューズ、冬のブーツやブーティは、蒸れやすくて臭いやすいですよね。誰でも靴を履いていると足の菌が増えていくものですが、女性の足は男性の足の5倍も汚いと言われるほどです。例えば、朝から夕方にかけての菌の増殖率、革靴と靴下を履いた男性は4倍くらいだとすると、ブーツとス...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔