足の臭いがアルカリ性の場合、病気の可能性があります。

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

 

足の臭いにも種類があること、ご存知でしょうか?
それは、酸性、アルカリ性の違いです。

 

酸性の場合は、通常のイソ吉草酸が生み出す臭いで、人間の身体が起こす正常反応です。
その場合、イソ吉草酸を生み出す要因を減らしてあげれば、自然と足のクサさは弱まっていくことが期待できます。

 

しかし、一方で、足のクサさがアルカリ性の場合は、要注意。
別の物質が生み出す臭いなのですが、このアルカリ性のニオイはイレギュラーです。
皆が皆、正常に出している臭いではありません。
そのため、場合によっては健康状態が良くない可能性があります。

 

どのような状態のときにアルカリ性の匂いが出るのでしょうか?
足の臭いの違いについて、詳しくまとめました。

 

 

そもそも健康状態の足汗は臭いがしない!?

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

 

足がクサいとき、足汗がドバーっと出ているときが多いので、足汗=臭いの正体と思っていました。
しかし、調べてみると、ニオイの正体そのものは足汗ではないようです。

 

足の臭いの正体は、足に生息する菌(皮膚常在菌)が生み出したイソ吉草酸という物質です。

 

イソ吉草酸は納豆やチーズっぽい臭いがします。

そのようなニオイがするとき、健康的な酸性のニオイと考えてOKです。

 

このクサい物質は、汗に混ざった角質や皮脂を原料にして生み出されているので汗も臭いの原因ではあるのですが、
ニオイの正体は汗とは全く別の物質なのです。

 

そのため、健康状態の足においては足汗そのものはニオイの正体ではありません。

 

しかし、健康状態が良くないときは、足汗そのものが臭っていることもあります。
そのとき、体内の健康状態が良くないときに起きりがちなようです。
そのため、一度お医者様に診てもらった方が良い場合があります。

 

むしろ、足汗は、基本的にはエクリン汗腺から出ているため、ほぼ99%が無臭の水で、残りの1%も塩分。
つまり、基本的には臭いはしません。

 

以上は、健康状態の足における話です。
この場合、足を臭わせ無くするには、靴の中を蒸れないようにすることが効果的です。

 

アルカリ性のニオイがするときは汗自体が臭っている?

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

 

普通は、汗は臭わずに汗によって生み出されるイソ吉草酸が臭っています。これが大半のケースです。

 

しかし稀に、汗自体が臭い場合があります。

 

肝機能の低下や疲労により、アンモニアが体内でしっかり分解されないと、汗と一緒に出てしまいます。
アンモニアはアルカリ性なので、それが分解されずに出るニオイも、つまりアルカリ性です。

 

そのため、酸性であるイソ吉草酸の納豆やチーズっぽいニオイとはまた別のかんじのツンとしたアンモニア臭がします。

 

その上、アンモニアが混ざった汗が大量に出て足全体を覆うと、足の表皮がアルカリ性に傾くので、
アルカリ性を好む悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が増殖し、イソ吉草酸をも発生させやすくしてしまいます。

 

 

このようななどアルカリ性の物質が汗となって出てしまうのには、どのような原因があるのでしょうか。
いくつかあるのですが、どれも健康状態が良くないときに起こりがちなものばかりです。

 

@肝機能の低下・疲労

上記に述べた通り、肝臓や消化器官でアンモニアがしっかり分解されないため、
汗に混ざって出てしまいます。
医者に診てもらうことが必要な場合もあります。

 

A運動不足

普段運動していないと、汗をかきにくくなるので、汗腺の機能が低下してしまいます。
汗腺は汗に出して良い水と微量の塩分だけにろ過して行く機能があるのですが、
運動不足によって汗をかいていないと、その機能が低下してしまい、
急に運動をしたときに、アルカリ性の不純物をろ過で止めることが出来ずに、そのまま汗として出してしまいます。
そのため、日頃から歩いたり筋肉を使ったりして、汗腺を働かせて汗をかくことが大切です。

 

B極度のストレス

仕事や人付き合いで極度のストレスを感じているときも要注意。
精神性発汗作用によりアルカリ性の汗をかきやすくなります。
また自律神経が乱れやすくなり、肝機能の低下や血管の収縮にもつながるので、よりアンモニア臭のする汗を出してしまうのです。

 

 

以上、
運動不足やストレスに関しては、日々の生活の中で改善できる可能性もありますが、
肝機能や腎臓機能の低下は深刻になると他の病気を併発させる恐れもあるので心配です。
いずれにせよ、自分の汗からアンモニア臭がするな、と思ったとき、その原因が何であるか自力で判断するのは難しいので、
あまり違和感が長引くようでしたらお医者様に診てもらった方が安心かと思います。

 

 

汗の臭いが正常か異常か確かめる方法はないの!?

 

とはいえ、自分の汗が普通なのか、人と違うのか、なかなか分かりづらいですよね。
感覚だけに頼ると、臭いの感じ方はひとそれぞれなので、これ酸性の臭い?アルカリ性の臭い?と識別するのは曖昧です。

 

そのため、簡単な確かめ方をご紹介します。

 

足にアンモニア臭がするか確かめる方法

 

それは、重曹水に足をつけて反応を見る、というシンプルな方法です。

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

 

家庭用品でできるので比較的簡単なので確かめやすいのではないでしょうか。

 

重曹を水で割った重曹水に足をつけます。
イソ吉草酸は弱酸性に対し、重装は弱アルカリ性なので、重曹に足をつけると中和されて臭いが打ち消されます。
ただ、汗にアンモニアが含まれている場合、同じアルカリ性なので、臭いは残ったままになります。

 

 

@洗面器と重曹を用意

まずは重曹を用意しましょう。
ドラッグストアなどの掃除用品の棚にある普通の重曹でOKです。

 

 

Aぬるま湯に溶かす

体温と同じくらい(だいたい40度位)のぬるま湯1リットルに対して、
大さじ3杯くらいの重曹をいれます。

 

B足を漬ける

10〜15分位、両足をつけて、足の角質を落とすようにこすります。
指や爪の間なども赤が溜まりやすいので、丁寧にこすります。

 

C拭き取る

その後、タオルで水気をふき取ります。

 

終わった後すぐは、さっぱりしていると思いますが、
その内、程良くお肌にうるおいが戻ってきたころ、足のにおいをかいでみましょう。

 

臭いがしなけらば正常。まだ臭いがしたらそれはアルカリ性の臭いということです。

 

臭いがしなければ、もともと酸性寄りの臭いしかしなかったということ。
重曹はアルカリ性なので、重曹水に足をつけると酸性の臭いは一度打ち消されます。
つまり、弱酸性のイソ吉草酸の臭いは弱アルカリ性の重曹に打ち消されているはずです。
そのため、重曹水につけた後に足の臭いが気にならなくなったら、それは健康的な酸性の臭いだったということです。

 

しかし、重曹水から足を出した後でもまだ臭いがする場合、それはアルカリ性の臭いということです。
アンモニア臭などのアルカリ性の臭いはアルカリ性につけたところで消えないためです。

 

このように臭いが消えないというときは、健康状態が影響している場合があるので要注意です。

 

試してみてください!

 

【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!