足の臭いは消臭スプレーでは効果がない?!失敗しないための知識

 

日中働いている間、ずっと靴を脱ぐことが出来ないので、どんどん汗が蒸れて足が臭くなってきます。

 

夕方になると特に激臭を漂わせる私の足・・・

 

デスクに座っていると、靴を履いている状態なのに臭って来るのが分かります。
隣の先輩にもバレているのではないかと、ひやひやする日々。
どうにかして臭いを消せないかと色々調べて、
どんな消臭剤が効果があるのか探してみました。

 

やはり、足の臭いには、メジャーなドラッグストアをはじめ、
通販限定のアイテムなども、消臭スプレーが多いですね。

 

ただ、同時に、気になるワードが目につきました。

 

 

消臭スプレーは、あまり効果がない?

 

臭いを消すアイテムといと、○ブリーズや○セッシュなど、
真っ先に頭に浮かぶ某有名な消臭スプレーから、通販限定で販売されている
特定の効果に特化した製品がありますが、
足の消臭に関して、口コミでよく見る反応は、

 

  • ”スプレーしても、あまり臭いが消えない?”
  • ”最初だけ消えても、しばらくするとまた臭さが戻ってくる・・・”
  • ”足の臭さと混ざって、なんか違う変なにおいになった・・・!”

 

確かに、私も同様に感じたことがあります。

 

足の臭いは強すぎて、消臭スプレーでは太刀打ちできないということなのでしょうか。
なぜ、効かないことがあるのでしょうか。

 

効かないリスクがあるのは、その消臭方法が臭いを根源から消していないため

 

 

一般的な消臭剤はどのような消臭方法を用いているのでしょうか。
主に使われる方法は下記の通り。

 

感覚的消臭法(マスキング消臭・ペアリング消臭)

こちらは、クサイ臭いよりも良い香りを強くして、感覚的に臭いをカモフラージュする方法です。

 

マスキング消臭法

臭いを、別の強い香りで覆って(マスキングして)気がつかないようにさせる方法です。

 

ペアリング消臭法

消臭剤に含まれる良い香りに、クサイ臭いを調味料のように加える(ペアリングする)ことで、さらに良い香りに感じさせる方法です。

 

これらの方法は、感覚的に臭わせないようにしても、
足のクサイ臭い自体を根本から消してているわけではないので、
時間がたって、香りが弱くなったり、衣類と擦れてマスキングが取れてしまったりすると、
元のクサイ臭いがまた出てきてしまいます。

 

かといって、繰り返しスプレーを重ねればまた臭いが消えてくれる、というわけでもありません。

 

足には汗や角質、皮脂が時間と共に溜まってくるので、
時間の経過と状態の変化により、徐々に徐々に香りが変化しています。
その上に、繰り返しスプレーして香りを足してしまうと、
どんどん複雑な香りになり、”良い香り”とは言えない異臭に発展することもあります。

 

たまに制汗剤や消臭剤をかけて変な臭いを漂わせているような状態の人がいますが、
それはこれらの現象の一種です。

 

市販の消臭スプレーには、このマスキング法とペアリング法を用いた製品が多いです。

 

しかし、足の場合は、特に汗が多く出たり、皮脂や角質が増えたりと、臭いの元はどんどん生成されるので、そのような感覚的な消臭法だと効果の持続に限度があります。
これが、消臭スプレーが効果がないという説が浮上する所以です。

 

 

そんなこと言われると、足の臭いを消せるアイテムって、何が良いのか分からない・・・

 


 

と思いませんか?
しかしドラッグストアに限らず、通販や専門店など様々な消臭スプレーを探してみると、中にはもっと効果的な消臭法を用いているものもあることを発見しました。
ドラッグストアに市販されているものは、化粧品でもスキンケアでも薬でもなんでも、一般的に成分の含有量や濃度に一定の制約があるため、
機能が強力なものは自然と置けないようになっています。
効果があるようであまり感じられない、といったような体験が多くなってしまうのですよね…

 

そのため、本当に足の臭いを解決したい!と思う場合、より機能に特化した通販や専門店の方も試してみる価値、高いです。
効果が期待できる消臭方法はこちら。

 

化学的消臭法

臭い物質と化学反応を起こす物質を含んだ消臭剤がこの方法を用いています。
消臭剤に含まれる成分が、臭い物質と化学反応を起こすことで、
無臭の別の物質に化学変化させます。

 

 

これは先に述べた感覚的消臭法(マスキング法・ペアリング法)と異なり、
化学変化によって、臭わない物質に変えてしまうので、
臭いそのものを消してしまう方法ということです。

 

身近なもので出来る化学的消臭法の例

 

お酢

酢は酸性なので、アルカリ性であるトイレのアンモニア臭や、魚の生臭さを中和させることができます。

重曹

重曹はアルカリ性なので、酸性である足の臭い(イソ吉草酸)を中和させることが出来ます。

お茶に含まれるポリフェノール

ポリフェノールに含まれるカテキン類やフラボノイド類などが、口臭や体臭、ワキガの臭いに化学反応して消臭化します。

 

足の臭いの正体である”イソ吉草酸”は酸性物質。
上に述べた重曹はアルカリ性である特性から、このイソ吉草酸を無臭に化学変化させてくれます。
ただ、外出先で重曹で足を洗うのはちょっと難しい場合が大半のはずです。
また、足の臭いはどんどん生成されてしまうので、一時的に足を洗ったとしてもその効果は持続しません。
再度足汗をかいたり、足の雑菌が増えてきてしまったときに、新たなイソ吉草酸が生まれて臭ってしまいます。

 

消臭スプレーにおいても、足に直接かけるものは、後で足汗が出ると一緒に流れてしまうので、効果が持続しません。

 

そんな中、足に直接ではなく、靴下などの衣類にスプレーできる消臭スプレーを見つけました。
衣類にスプレーして繊維に絡めるので、足汗で流れずにずっと消臭効果を発揮するというものです。

 

 

超消臭スプレー ヌーラ

 


 

こちら、靴下に吹きかける消臭剤です。
足にかけると、足汗で流れたりして効果が長持ちしないものもありますが、靴下にかけるものなので、長時間効果が持続します。

 

化学的消臭法を用いたスプレー

臭いに化学反応して、別の無臭の物質に変えてくれるので、一度無臭になった物質は臭わない。

汗をかいても、効果が持続してくれる

足に直接ではなく、汗で流されない衣類に吹きかけるタイプなので、効果が持続する

 

 

消臭スプレーで、このような化学的な消臭法を用いたものがあれば出先でも簡単です。
消臭効果が無い場合、返金できるそうなので、試してみる価値が高いと思います。
ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!