足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

臭い足には足汗が多い!?多汗症の5つの原因

前回までのまとめ

 

足が臭う原因は、足に生息している皮膚常在菌が増殖しているためです。
なぜなら、臭いの正体であるイソ吉草酸を生み出す犯人が皮膚常在菌のため、
増えた分だけ、イソ吉草酸も増えるのです。

 

皮膚常在菌が増えるのには要因があります。
■足の角質や皮脂が人よりも多い。
 なぜなら、これらがイソ吉草酸を作り出す原料であるためです。

 

■足汗の量が多い。
 なぜなら、足汗が足の角質や皮脂を浸して柔らかくすると、
 皮膚常在菌にとって食べやすいエサになるためです。

 

■蒸れやすい靴を履いている。
 なぜなら、高温多湿の状態の足に皮膚常在菌は集まるためです。

 

以上が前回までのまとめです。

 

皮膚常在菌が増えることで臭さが増すわけですから、
皮膚常在菌を増やさないために、それぞれ要因を深堀して対策する必要があります。

 

まず、足汗が多い場合、
いくつかの原因があるので、まとめます。

 

 

足を臭わせる足汗の原因@ 足の冷えによるもの

 

汗の役割には体温調節があります。体温が上がってしまった時、
汗をかくことによって体温を下げる効果があります。
足にもエクリン汗酸という汗を分泌する汗腺が沢山張られているので、
体温調節のために足からも汗が沢山出されます。

 

例えば、普段の食事。食べたものを身体が分解するために熱を発するので体温は上昇します。
そうすると体温を下げようと汗を出します。
他にも、運動をしたら身体が暑くなるので汗をかくのも同じです。

 

ただ、普段の食事や運動をしていない、じっとしているだけでも汗をかく場合があります。
女性でよく見受けられるのは冷えの状態。

 

特に末端冷え性の方や、普段から薄着で足を冷たい外気に晒している方、
要注意です。
日頃足の温度が低い状態でいると、足がその低温になれてしまい、
少しでも足の温度が上がると、普通の人にとってはまだまだ寒い温度だとしても、
汗腺が”暑い!”と勘違いして、もとの冷たい状態に戻そうと、
不要に汗を出してしまいます。

 

特に夏の室内は冷房で足元が冷えやすかったりするので、
素足にサンダルやパンプスを履いていると足を冷やしやすいと思います。
そのため、涼しいところでも汗をかいてしまうことがあるのです。

 

足を臭わせる足汗の原因A 精神ストレスによるもの

 

 

身体は自律神経の働きによって、交感神経と副交感神経がバランスを保ちながら交互に働いているのですが、
極度の緊張状態になると、この自律神経のバランスが乱れ、
発汗を促す交感神経が活発に働きだしてしまい、汗をかきやすくなってしまいます。
足も一緒で、ストレスによって靴の中がびっしょり(汗)という現象も起こることがあります。

 

 

足を臭わせる足汗の原因B 食べ物(刺激物)によるもの

 

 

精神的ストレスを与えられると交感神経が発達して汗をかくことも多汗症の一つのケースですが、
リラックスした状態でも足汗を大量にかくことがあり、多汗症のケースは様々あります。
例えば、辛い食べ物やニコチンやカフェインは交感神経を刺激するので、
過剰摂取すると、必要以上に交感神経が活発化して汗は増えます。

 

 

足を臭わせる足汗の原因C ホルモンバランスの乱れ

 

 

また、よく女性にありがちなのですが、
視床下部がコントロールするホルモンバランスが乱れる時、一緒の管理下にある交感神経も乱れるので
特に妊娠や月経のときに汗がどんどん出てしまうというケースもあります。
また、更年期障害の症状の一つとして、女性ホルモンが急に乱れて大量の汗をかく”ホットフラッシュ”も、
足汗の原因になります。

 

 

足を臭わせる足汗の原因D 病気によるもの

 

 

他にも、何か病気を患っている時に、交感神経が乱れて多汗症が表れるケースがあります。
甲状腺ホルモンが過剰に働くパセドー病や、糖尿病、白血病、結核なども、
交感神経が異常に働き、汗の量が増えます。
ただ、これらの病気の場合、足だけでなく、全身に汗をかくことが多いようなので、
特にストレスを感じていないのになぜか汗をかきまくる・・・という方は、
先生に診てもらうことも検討する必要があります。

 

 

このように交感神経が異常に働いていると汗がたくさん出るので、
交感神経が異常に働く原因を根本から解決していくことが必要です。

 

⇒足汗を予防する方法


足の臭いの正体は?まず原因を知るところから始めましょう。

靴を脱いだ時に感じるあの足の独特な臭い、あの正体は何なのでしょうか。そもそも、人間の皮膚は雑菌を飼っています。菌と聞くと悪いイメージがあると思いますが、菌の中にはお肌に良い菌もいるので、良い菌を”善玉菌”・問題のある”悪玉菌”と種類分けされています。私たちの肌に住む皮膚常在菌の種類善玉菌・・・足を良...

≫続きを読む

足を臭わせる皮膚常在菌とは?臭いの原因を徹底分析

人間の皮膚にはもともと数種類の菌が住み着いていて、生きていく上で取り除くことが出来ません。これらの菌のことを皮膚常在菌と言います。皮膚常在菌には、肌に良い影響を与えてくれるもの、間違えば悪影響を及ぼしてしまうものなど、様々な種類があります。基本的に、良い影響を与える菌を善玉菌、悪い影響を与えるものを...

≫続きを読む

足が臭う人と臭わない人の違いは?原因を知りましょう。

前回までのおさらい足に生息する皮膚常在菌(悪玉菌・善玉菌)が足の汗や角質を分解して”イソ吉草酸”というくさい臭いを生成している。イソ吉草酸は、一定の量を超えると臭くなってしまう。イソ吉草酸が一定量以上増える原因は、それを作り出す皮膚常在菌が大量発生してしまっているため。よって、足を臭わなくするために...

≫続きを読む

垢と角質だらけの足は要注意!クサイ異臭を放ちます。

足の表皮には皮膚常在菌という、足を病原菌やカビから守ってくれる雑菌が住んでいるのですが特に、温度と湿度が上がった高温多湿の状態の足で増えていきます。つまり、汗をかいて蒸れた状態の足です。皮膚常在菌のエサは足の角質や皮脂です。角質や皮脂が、靴に閉じ込められた汗と体温で蒸れて混ざりあった状態は、特に皮膚...

≫続きを読む

臭い足には足汗が多い!?多汗症の5つの原因

前回までのまとめ足が臭う原因は、足に生息している皮膚常在菌が増殖しているためです。なぜなら、臭いの正体であるイソ吉草酸を生み出す犯人が皮膚常在菌のため、増えた分だけ、イソ吉草酸も増えるのです。皮膚常在菌が増えるのには要因があります。■足の角質や皮脂が人よりも多い。 なぜなら、これらがイソ吉草酸を作り...

≫続きを読む

足汗を予防する方法

今までに書いてきた記事の内容のとおり、足が臭う原因は何パターンがありますので、自分に該当する原因がいくつかある場合、どこを解決したら臭いが無くなるか、それぞれ試してみると良いと思います。足が臭う条件>角質・皮脂が多い >汗が多い>高温多湿の靴(足の熱と汗がこもる靴) これらの条件が揃うと、臭いを生成...

≫続きを読む

足の臭いは消臭スプレーでは効果がない?!失敗しないための知識

日中働いている間、ずっと靴を脱ぐことが出来ないので、どんどん汗が蒸れて足が臭くなってきます。夕方になると特に激臭を漂わせる私の足・・・デスクに座っていると、靴を履いている状態なのに臭って来るのが分かります。隣の先輩にもバレているのではないかと、ひやひやする日々。どうにかして臭いを消せないかと色々調べ...

≫続きを読む

予防とか言っている場合じゃない!足の臭いをすぐに消したい時の応急処置。

日中ずっと靴を履いた状態でいると、徐々に汗の量が靴の中で溜まり、皮膚常在菌が増殖してくるので足の臭いが強くなってきます。ひどい時はデスクワークをしていると、靴を履いた状態でもぷ〜〜んと臭ってくることもあります。隣の人に気付かれていないか、とても気が気でなく、仕事に集中できなくなってしまいます。その後...

≫続きを読む

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

足の臭いの正体は皮膚常在気が分泌するイソ吉草酸という臭い物質であり、足から出る汗はほぼ99%が無臭の水で、残りの1%も塩分なので、臭いはしません。ただ、稀に汗自体が臭い場合があります。まれに、肝機能の低下や疲労により、アンモニアが体内でしっかり分解されないと、汗と一緒に出てしまいます。アルカリ性の重...

≫続きを読む

【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!

暑い夏のスニーカーや、梅雨時のレインシューズ、冬のブーツやブーティは、蒸れやすくて臭いやすいですよね。誰でも靴を履いていると足の菌が増えていくものですが、女性の足は男性の足の5倍も汚いと言われるほどです。例えば、朝から夕方にかけての菌の増殖率、革靴と靴下を履いた男性は4倍くらいだとすると、ブーツとス...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔