足の角質(垢)、皮脂が増える原因は?足の臭いを改善!

足の角質(垢)、皮脂が増える原因は?足の臭いを改善

 

足の表皮には皮膚常在菌という良質な雑菌が住んでいて、
足を病原菌やカビから守ってくれています。

 

一定量なら特に害はないのですが、しかしある要因で量が増えてしまうと大変。
足のあの独特の臭いを発生させてしまうのです。

 

特に、温度と湿度が上がった高温多湿の状態の足で増えていきます。
つまり、汗をかいて蒸れた状態の足です。

 

なぜ蒸れた状態だと増えるかというと、
皮膚常在菌のエサは足の角質や皮脂であるため。
特に、靴に密閉された状態で汗と体温で蒸れて混ざりあって
ぐじゅぐじゅに柔らかくなった角質と皮脂が大好物。
皮膚常在菌にとって、美味しいエサとなり、たくさん増殖してイソ吉草酸を大量に作り出してしまいます。

 

何がいけないって、足の角質と皮脂が増えてしまっているから。
ではどうして角質と皮脂は増加してしまうのでしょうか。

 

足の角質が増える原因は?

足の皮膚に限らず人間の身体の皮膚はどれも何層にも重なってできているのですが、その一番表側の層を角質層と言います。
特に足の裏は角質層が分厚い部位。それでもなお人によってはより角質層を分厚くしてしまっている場合があります。

 

なぜ足の角質が増えてしまうかというと、いくつか原因があります。
下記、あなたはどれだけあてはまりますか?

 

足の洗い不足!

表皮層は1層ずつ新しく作られて徐々に表側に上ってくるようにできています。
そして、新たに作られては一番表の角質が剥がれ落ちるようにできているのです。
角質が剥がれ落ちるのは、毎日お風呂に入って、足を洗う時。ボディソープや石ケンで足を洗うと一緒に落ちるようにうまくできているのです。
しかし、ちゃんと足を洗わないとどうなるでしょう。
寿命を迎えて落ちるべき角質がちゃんと落ちずに、表皮の表面にとどまってしまいます。
1回だけならまだしも、それが何日も続けば、角質が何層も落ちずにどんどん溜まってしまうのです。

 

 

接客業など、毎日長時間立ちっぱなしの仕事をしている

こちらも、角質が増える原因になります。
毎日長時間立ちっぱなしでいると、足の裏への負荷が大きくなります。

 

調べたところによると、歩いているときは体重の2.5倍の衝撃が加わっているというではありませんか。
走るとなると、より一層負荷がかかります。

 

その状態が長時間続くと、それだけ足の裏は少しでも衝撃に耐えようとして、角質を分厚くしてしまうのです。
角質が分厚くなるということは、それだけ角質の量が増えるので、皮膚常在菌のエサも増えることになります。

 

例えば、仕事が販売員などの接客業の場合、一日中立ち続けているので足裏の角質が増えやすいです。
また、さらにヒールを履いている場合は要注意。
スニーカーなどのフラットで衝撃が緩和される靴に比べて、足裏への衝撃がさらに強まるので、
より角質が増える可能性があります。

 

ボルダリングやお相撲さん、走る競技など、足裏に刺激がかかるスポーツをしている

こちらも、先に述べた接客業などの立ち仕事と同じ理由です。
足裏で岩を掴むボルダリングや、地面と足裏を強く打ち付けるようなお相撲さんや足る競技など、
足裏が頑丈でないとできないスポーツを行っている場合はおのずと角質が分厚くなります。

 

 

足のサイズに合わないヒールなどを履いて、足裏に変な力が加わっている。

こちらも要注意です。
通常の靴なら、足の指全体で地面を掴みやすく、足の裏全体を使って立っていられますが、
例えば、先の細いヒールを履いているとしましょう。指が締め付けられて、指が開かずに力が入りづらくなります。
そうすると指の付け根の裏側など、違う部分に重心がかかってしまい、角質を分厚くしてしまいます。

 

また、サイズが合わずに脱げやすい靴を履いていると、脱げるのをかばって変な歩き方をしてしまう。
その時に、足裏に変な衝撃が加わっていると、その部位の角質が増える可能性があります。

 

 

爪垢をしっかり洗っていない

爪垢も雑菌のエサです。ちゃんと毎日のお手入れで洗い流していないと、雑菌が寄ってきてしまいます。
爪の垢はそれだけでも臭いがありますが、汗と混ざって柔らかくなると雑菌が分解しより臭いを強めてしまいます。

 

このように、足の角質が増える原因は、主に不必要な衝撃が加わっているため。
角質が増えた状態で足汗をかいたらどうなるでしょうか。
角質の薄い足に比べて、より一層汗が浸みこみ、蒸れて柔らかくなってしまいます。

 

そうなると、皮膚常在菌にとって大好物のエサになるので、普通よりも皮膚常在菌がたくさん繁殖し、
たくさん酸性の脂肪酸に分解されるので、その分イソ吉草酸も分泌されてしまうのです。

 

ご自身の足の皮膚が硬く分厚いと感じる方は、角質が分厚くなっている可能性があります。
臭いの原因にもなりますので、角質をしっかり取ることをオススメします。
そして、新たな角質を増殖させないために、足裏への衝撃を不必要に与えないように生活を工夫することが大切です。

 

 

皮脂が増える原因は

次は、皮脂が増える原因についてです。

 

足の指の間には皮脂腺という、汗とはまた違った脂を分泌する腺が存在し、
エクリン汗腺から作られた汗に混ざって、皮脂を出すことがあります。

 

この皮脂腺は足裏には存在しないようなのですが、足指の間にはあるようです。
皮脂は皮膚常在菌がイソ吉草酸を作り出す栄養源のひとつです。
この皮脂は汗が出るときに一緒ににじみ出てしまいます。

 

本来、汗だけだったら臭いの原因になりません。
人間の汗を作る汗腺は種類あり、1種類目が無臭の汗を作るエクリン汗腺、2種類目は臭い汗をつくるアポクリン汗腺(ワキガなど)に大別されています。
本来、足に存在する汗腺は、エクリン汗腺のみのため、一般的に無臭と考えられています。
エクリン汗腺が作る汗は99%が水で残り1%が塩分のみであるためです。ほぼさらさらの水という訳です。

 

ただ、汗ではなく皮脂が汗に混ざることによって、皮膚常在菌のエサに早変わり。
汗だけだったら臭いの原因にならないのですが、皮脂とセットになることでイソ吉草酸を作り出すエサとなってしまうのです。

 

 

皮脂が増加する原因は下記の通り、いくつかあります。

 

生活習慣の乱れ

糖質や脂質が多いジャンキーなものに食事が偏ってしまうと脂が分解しきれずに毛穴から出ようとしてしまいます。

 

 

ストレス

例えば仕事のトラブルやピンチなどに遭遇し、ストレスか過剰にかかると、急に交感神経が活性化されてしまいます。
交感神経が活性化されると汗や皮脂などを過剰分泌してしまうことがあるのです。

 

 

極度の乾燥状態

例えば足汗をたくさん書いてしまって表皮から脂が流れ落ちてしまうと、不足状態を補おうと新たな皮脂を分泌します。
表皮から脂が流れ落ちた状態といっても、靴の中で滞留しているため、なくなってはいません。
結局靴の中で皮脂が増えてしまい、雑菌も増加してしまうのです。

 

ちなみに、汗をかいてから、皮膚常在菌が分解して臭いを発するまでに
だいたい1時間はかかるようなので、1時間以内にすぐ汗を拭いて、靴の中も乾かしてしまえば、
臭いは抑えられると思います。
その他、詳しい足汗予防はこちらの記事に書きました。

 

 

⇒足汗を予防する方法


関連ページ

足の臭いの正体は?理由は皮膚常在菌が影響している?!
素材美を高めるうえで足の臭いは重要。そもそもこの臭いの正体は何なのでしょうか。皮膚常在菌の善玉菌、悪玉菌が影響しています。臭いの理由を知ることで臭いをもとからシャットアウトしましょう!
【足が臭い人の特徴】皮膚常在菌が増える原因を徹底分析
足が臭って辛い日々。この足の臭いの正体は多すぎるイソ吉草酸。原因は皮膚常在菌が増えすぎるためですが、ではいったいぜ増えてしまうのでしょうか。臭いの原因を知ることで、根本からの解決を応援します!
臭い足には足汗が多い!?多汗症の5つの原因
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
足の臭いを治す3つの方法!足汗も角質も蒸れも予防できる!?
どうしても消えない足の臭い、どうにかして解消したいと思いませんか?対策次第で、足の臭いを軽減させることは可能です。試すべき方法をご紹介します。
足の臭いは消臭スプレーでは効果がない?!失敗しないための知識
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
予防とか言っている場合じゃない!足の臭いをすぐに消したい時の応急処置。
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
足が臭う原因は病気の可能性もあり?
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!
スニーカー、ブーツ、ローファー、パンプス、ずっと履いているとクサくなる臭い、どうやったら無くなるのか、色々と試しました。

くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔