足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

足を臭わせる皮膚常在菌とは?臭いの原因を徹底解明!

人間の皮膚にはもともと数種類の菌が住み着いていて、
生きていく上で取り除くことが出来ません。
これらの菌のことを皮膚常在菌と言います。

 

皮膚常在菌には、肌に良い影響を与えてくれるもの、
間違えば悪影響を及ぼしてしまうものなど、様々な種類があります。

 

基本的に、良い影響を与える菌を善玉菌、悪い影響を与えるものを悪玉菌と呼んでいます。
足の表皮に関してもも同じで、善玉菌・悪玉菌と大別できる皮膚常在菌が住んでいます。

 

善玉菌とは?

 


表皮ブドウ球菌
病原性が無い菌で、足の汗と角質を分解することで、弱酸性の脂肪酸を作り出して肌表面に膜をはります。
この膜が、肌を外部のバイ菌や病原菌をバリアし、肌荒れを防いでくれています。

 

 

悪玉菌とは?


黄色ブドウ球菌
アルカリ性の環境で増殖する菌で、毒性を持っています。
食中毒や感染症の原因となるので、例えば、黄色ブドウ球菌が増殖した足を触った手で、
食べ物に触れると危ないです。食べ物の中でさらに増殖してエンテロトキシンという毒素を
作り出し、食べてしまったものなら、食中毒になる可能性があります。

 

血液中の白血球には菌をやっつける役割がありますが、
この黄色ブドウ球菌は、コアグラーゼという血しょうを凝固させる酵素を作り出し、
自らをコーティングすることで、白血球(バイ菌をやっつける働きを持つ菌)の攻撃を回避するため、
体内に入るとなかなかやっつけることが出来ないため、感染症の原因となってしまいます。
足に傷があるときに黄色ブドウ球菌が増えると、感染症の危険性が高まります。

 

 

白癬菌とは?

カビの一種で、水虫の原因になります。
ただ、この白癬菌は臭いを発しないので、クサイ菌ではありません。

 

他にも、悪玉菌にはレンサ球菌、コリネバクテリウムなど様々な種類があり、足に生息しています。

 

 

善玉菌と悪玉菌は足を臭わせる?

 

善玉菌の表皮ブドウ球菌と、悪玉菌の黄色ブドウ球菌は、
どちらも足の角質と汗を分解して、イソ吉草酸という臭い物質を発生させています。
このイソ吉草酸が足の臭いの正体です。

 

 

 

でも、善玉菌は良い香りがするって、聞いたことがある・・・

 

善玉菌である表皮ブドウ球菌が脂肪酸を作って弱酸性に保たれた肌は、良い香りがすると言われています。
ただ、表皮ブドウ球菌も、足を臭くするイソ吉草酸を発生させる性質もあります。
表皮ブドウ球菌は、角質や皮脂を食べるのですが、
その時に、古い角質に含まれえるロイシンというたんぱく質や、皮脂から分解されるオレイン酸に反応すると、
イソ吉草酸を発生させます。
特に足裏は、この古い角質が多く、また、指の間に皮脂腺があるので、ロイシンやオレイン酸が豊富で、
足裏に住む表皮ブドウ球菌は身体の他の部位に比べて特にたくさん角質や皮脂をぱくぱくと分解しするので、
イソ吉草酸が発生しやすいのです。

 

 

要するに、顔や腕などの他の部位の皮膚だったら、
善玉菌はそれほどイソ吉相酸を発生させないので、良い香りがするのだけれど、
足に関しては、良い香り以上に、イソ吉草酸を多く発生させてしまうので、くさいと言う訳です。
善玉菌も悪玉菌もどちらも臭いに注意すべきなのです。

 

⇒では、足が臭う人と臭わない人で実際何が違う?


足の臭いの正体は?まず原因を知るところから始めましょう。

靴を脱いだ時に感じるあの足の独特な臭い、あの正体は何なのでしょうか。そもそも、人間の皮膚は雑菌を飼っています。菌と聞くと悪いイメージがあると思いますが、菌の中にはお肌に良い菌もいるので、良い菌を”善玉菌”・問題のある”悪玉菌”と種類分けされています。私たちの肌に住む皮膚常在菌の種類善玉菌・・・足を良...

≫続きを読む

足を臭わせる皮膚常在菌とは?臭いの原因を徹底分析

人間の皮膚にはもともと数種類の菌が住み着いていて、生きていく上で取り除くことが出来ません。これらの菌のことを皮膚常在菌と言います。皮膚常在菌には、肌に良い影響を与えてくれるもの、間違えば悪影響を及ぼしてしまうものなど、様々な種類があります。基本的に、良い影響を与える菌を善玉菌、悪い影響を与えるものを...

≫続きを読む

足が臭う人と臭わない人の違いは?原因を知りましょう。

前回までのおさらい足に生息する皮膚常在菌(悪玉菌・善玉菌)が足の汗や角質を分解して”イソ吉草酸”というくさい臭いを生成している。イソ吉草酸は、一定の量を超えると臭くなってしまう。イソ吉草酸が一定量以上増える原因は、それを作り出す皮膚常在菌が大量発生してしまっているため。よって、足を臭わなくするために...

≫続きを読む

垢と角質だらけの足は要注意!クサイ異臭を放ちます。

足の表皮には皮膚常在菌という、足を病原菌やカビから守ってくれる雑菌が住んでいるのですが特に、温度と湿度が上がった高温多湿の状態の足で増えていきます。つまり、汗をかいて蒸れた状態の足です。皮膚常在菌のエサは足の角質や皮脂です。角質や皮脂が、靴に閉じ込められた汗と体温で蒸れて混ざりあった状態は、特に皮膚...

≫続きを読む

臭い足には足汗が多い!?多汗症の5つの原因

前回までのまとめ足が臭う原因は、足に生息している皮膚常在菌が増殖しているためです。なぜなら、臭いの正体であるイソ吉草酸を生み出す犯人が皮膚常在菌のため、増えた分だけ、イソ吉草酸も増えるのです。皮膚常在菌が増えるのには要因があります。■足の角質や皮脂が人よりも多い。 なぜなら、これらがイソ吉草酸を作り...

≫続きを読む

足汗を予防する方法

今までに書いてきた記事の内容のとおり、足が臭う原因は何パターンがありますので、自分に該当する原因がいくつかある場合、どこを解決したら臭いが無くなるか、それぞれ試してみると良いと思います。足が臭う条件>角質・皮脂が多い >汗が多い>高温多湿の靴(足の熱と汗がこもる靴) これらの条件が揃うと、臭いを生成...

≫続きを読む

足の臭いは消臭スプレーでは効果がない?!失敗しないための知識

日中働いている間、ずっと靴を脱ぐことが出来ないので、どんどん汗が蒸れて足が臭くなってきます。夕方になると特に激臭を漂わせる私の足・・・デスクに座っていると、靴を履いている状態なのに臭って来るのが分かります。隣の先輩にもバレているのではないかと、ひやひやする日々。どうにかして臭いを消せないかと色々調べ...

≫続きを読む

予防とか言っている場合じゃない!足の臭いをすぐに消したい時の応急処置。

日中ずっと靴を履いた状態でいると、徐々に汗の量が靴の中で溜まり、皮膚常在菌が増殖してくるので足の臭いが強くなってきます。ひどい時はデスクワークをしていると、靴を履いた状態でもぷ〜〜んと臭ってくることもあります。隣の人に気付かれていないか、とても気が気でなく、仕事に集中できなくなってしまいます。その後...

≫続きを読む

足が臭う原因は病気の可能性もあり?

足の臭いの正体は皮膚常在気が分泌するイソ吉草酸という臭い物質であり、足から出る汗はほぼ99%が無臭の水で、残りの1%も塩分なので、臭いはしません。ただ、稀に汗自体が臭い場合があります。まれに、肝機能の低下や疲労により、アンモニアが体内でしっかり分解されないと、汗と一緒に出てしまいます。アルカリ性の重...

≫続きを読む

【実践記】これをしたら足が臭わなくなった!

暑い夏のスニーカーや、梅雨時のレインシューズ、冬のブーツやブーティは、蒸れやすくて臭いやすいですよね。誰でも靴を履いていると足の菌が増えていくものですが、女性の足は男性の足の5倍も汚いと言われるほどです。例えば、朝から夕方にかけての菌の増殖率、革靴と靴下を履いた男性は4倍くらいだとすると、ブーツとス...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔