お肉は食べあわせによっては太る?ダイエットに効果的な食べ方

一つ前の記事で、お肉はダイエットに効果的な一面があることを説明しました。
なぜならお肉に含まれるたんぱく質は筋肉の素となり、代謝を上げて痩せやすい体質にしてくれるためです。
⇒詳しくはこちらをご覧ください。

 

しかし一方で、お肉は食べあわせを間違えると、太りやすくもなります。
食べ方によってダイエットに効果的に働くこともあれば、逆に太やすい原因にもなってしまうということです。

 

そのため、ダイエットの効果を上げるには、正しいお肉の食べ方を知っておくのが必要です。
ここでは、ダイエットに効果的なお肉の食べ方についてまとめていきます。

 


お肉の太りやすい食べ方

 

お肉がダイエットに良いからといって、
下記のような食べ方をすると、太りやすい原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

 

ご飯やパンとお肉を一緒に食べる


前の記事でも述べましたが、
糖質、たんぱく質、脂質が1日動くためのエネルギー源になりますが、同時に代謝し切れないと中性脂肪のもとなります。
⇒詳しくはこちらの記事をお読みください。

 

よく焼肉を食べるとき、白米を一緒に食べるとものすごく美味しさが倍増しますよね。あと、定食屋さんで生姜焼き定食を食べるとも、白米が最高!!

 

でも、これが太る元になってしまいます。
なぜなら、お肉のたんぱく質、白米の糖質、どちらもエネルギー代謝されないと中性脂肪のもとになるためです。

 

エネルギー過多になり、消費しきれなかったものが中性脂肪になってしまいます。

 

 

そのため、お肉を食べるときは、
ご飯を一粒も食べるなとは言いませんが、
いつもより、ご飯の量を減らした方が良いです。

 

 

玄米やもち麦といった穀物は、白米に比べて、
糖質の量もある程度は低く、
またそれだけでなく、GI値が低いので、糖質が吸収されづらいです。

 

GI値が低いと、血糖値が上がりづらいため、同じ量の糖質を食べてもGI値によって、体への吸収度が違います。

 

 

そのため、お肉を食べるとき、ご飯を食べたいなら玄米やもち麦といった、糖質やGI値が低いものがオススメです。

 

お肉だけしか食べないのも太りやすい原因

 

 

だからと言って、お肉だけを食べればよいというわけではありません。
お肉のたんぱく質はアミノ酸に分解されることでエネルギー代謝に使われます。
たんぱく質がアミノ酸に変わるためにはビタミンB6が必要です。
また、お肉には脂肪があるため、脂質もふくまれますがそれがエネルギー代謝するためにもビタミンB群や葉酸という栄養素が必要です。

 

つまり、ダイエットしたいからといってただお肉だけしか食べないと、そもそもエネルギー代謝してくれません。

 

一緒にビタミンB群や葉酸を摂る必要があります。

 

それらが多く含まれているのが緑の野菜や、
納豆、玄米、全粒粉など。

 

 

そのため!お肉を食べるなら、お野菜も一緒に摂ったほうがよいです。

 

 

また、白米を食べるなら、玄米や全粒粉のパンを食べあわせたほうが、ダイエットには効果的です。

 

 

お肉と一緒に食物繊維を摂らないのも太る原因

お肉を食べるとき食物繊維を一緒に取らないと太りやすくなってしまいます。
お肉は筋肉の元になるので、代謝を上げダイエットを成功させるためには効果的な食べ物ですが、危険も潜んでいます。

 

それは、代謝するときに老廃物も体内に溜まってしまうということ。
腸内の悪玉菌はアミノ酸やたんぱく質をエサにして代わりに老廃物を出してしまいます。
老廃物は便通を悪くするので、
便秘になるケースがあります。

 

つまり、お肉も食べすぎると、老廃物が溜まり便秘になりやすくなります。

 

このとき、食物繊維があると、
老廃物も一緒に排泄しやすくなるのですが、
食物繊維不足の場合が最悪です。

 

 

食物繊維が足りないと、老廃物を体外に出せず、便秘になるとエネルギー代謝の量も落ちるため、
食べた分だけ太るという、ダイエットに不利な体質になってしまうのです。

 

 

食物繊維豊富な食べ物としては、緑の野菜、玄米や全粒粉などの穀物、納豆なと。

 

つまり、さっきも言いましたが、
お肉を食べるなら主食は玄米や全粒粉のパンに。またそれだけでなくお野菜も一緒に食べたほうがよいです。

 

 

 

お肉の痩せる食べ方


以上、太りやすい食べあわせを説明しましたが、その反対が痩せやすい食べあわせということです。

 

お肉と一緒に野菜を食べる

お肉がエネルギー代謝してくれるためにビタミンB群や葉酸が必要なので、
お肉を食べるなら、緑野菜も一緒にとりましょう。
わたしは、お肉と一緒にサンチュをよく食べました。

 

糖分を抑えめにする

白米を食べるなら、量を少なく減らすこと。
もしくは、玄米やもち麦といった、低GI食品に変えれば、糖質の吸収を抑えられます。

 

食物繊維を一緒に摂る

たんぱく質を食べることで便秘になるリスクを減らすために、食物繊維が必要です。
玄米やもち麦、野菜、納豆など、多く含まれる食材を一緒に食べましょう。

 

 

 

しかし糖質制限はやりすぎも要注意

 

糖質制限はやりすぎても痩せなくなってしまう可能性があります。

 

脳が働くためのエネルギーはブドウ糖ですが、これが取れるのは、唯一糖質のみ。
たんぱく質や脂質にはブドウ糖は含まれません。

 

また、糖質が多く含まれるのは炭水化物ですが、あまりにも不足すると脳が空腹状態と勘違いしてしまい、
食事をした時、体への吸収率を高めてしまい、太りやすくなってしまいます。

 

そのため糖質を減らすのは良いとしても、絶ってしまうのはダイエットで痩せる上で危険です。

 

 

お肉を摂るならおすすめは、夜食

 

余ったら中性脂肪になりやすい糖質は、
あまり動かない夜は少なめに控えたほうが良いです。
食後はのんびりテレビを観たりしてあとは寝るだけという状態が多いと思うので、糖質を摂りすぎてしまうと太りやすくなってしまいます。

 

また、日中はたくさん頭を使うため、脳が働くために必要な糖質は摂ったほうが良いですが、夜なら控えてもあとは寝るだけ。

 

ならば夜は、ご飯をなるべく控えて、
エネルギー源にもなるけど中性脂肪になりにくいたんぱく質を摂るのがオススメです。

 

お肉を食べるとき、白米の代わりに、玄米やもち麦、全粒粉のパンなど、糖質が吸収されにくく、食物繊維も豊富なものを食べあわせ、

 

また、お肉がエネルギー代謝してくれるようにビタミンB群や葉酸の豊富な野菜を一緒に食べるのが、
ダイエットに効果的な食べ方です。

 

 

わたしはよく、お肉とサンチュを食べあわせてました。
お肉は食べあわせによっては太る? ダイエットに効果的な食べ方

 

また、たまにサンチュにピーナッツバター塗って食べたり。

 

ピーナッツバターにはビダミンBが豊富でていGIなので、エネルギー代謝の効率を上げながら、糖の吸収も抑えてくれて、
ダイエットの効果を実感しました。

 

この食生活でダイエットを続け、結果的に13キロほど痩せたので、このお肉の食べ方も大きかったのかなと思ってます。