ダイエット 二段腹 便秘 むくみ 腸内環境 アンチエイジング

【どっち?】お肉は痩せる?太る?ダイエットに効果的な食べ方

お肉を食べると痩せる 本当?

 

「ダイエットしてるからお肉は我慢」
「お肉なんて食べたら太る」

 

という声も聞けば、

 

はたまた、

 

「ダイエットにはお肉を食べる良い」
「お肉は痩せる食べ物」

 

このようなワードもテレビや雑誌、ネット上で見かけます。

 

きっとダイエットをしようと思うほど太ってしまった人は、もともと食べるのが好きなことが多いはず。

 

私なんか、今より10キロ以上太ってしまっていたのですが、
その原因は3度の飯以外に、おやつに菓子パンなど食べすぎるほど、食べることが好きだったから。

 

 

ダイエットをしなきゃならなくても、
お肉を食べたいと思うのではないでしょうか。

 

 

同じように、お肉が好きだけど、ダイエットもしたいと思う方に向けてこと記事を書いています。
少しでも参考になる情報をお伝えします。

 


 

 

 

お肉は太る?痩せる?どっちが正しい?

 

 

先に正解を申し上げると、
お肉は、食べあわせ次第で太るも痩せるもどちらにも化ける食べ物です。

 

 

大事なのは、 食べあわせ。

 

 

そのため、普段の食事にプラスオンしてお肉を食べれば良いというわけでもないですし、
逆に、普段食べている食事を制限してお肉だけを食べる食べれば良いというわけでもありません。

 

 

お肉が痩せる食べ物に変わるためには、

 

食物繊維とビタミンB6を一緒に摂る必要があります。

 

 

これらを一緒に食べると、お肉は痩せる食材になります。
なぜお肉を食べるとダイエットに良いのでしょうか。

 

 

ダイエットにお肉が効果的な理由

 

まず痩せるメカニズムについて説明します。

 

三大栄養素である、糖質、たんぱく質、脂質は、人間が1日動いて生活するためのエネルギーになります。

 

つまり、食事をすることによって、1日生活するためのエネルギーとなる炭水化物、たんぱく質、脂質を体内に補給しています。

 

 

もし、動く量が食べた量よりも多いと、エネルギー源がなくなってしまうので、動けなくなってしまいますよね?
そのときに、エネルギー源の代わりになってくれるのが、中性脂肪や筋肉。

 

中性脂肪や筋肉の一部をエネルギー源に変えることで、人間は食べ物によるエネルギーが切れても、動けるようになっています。

 

うまくできていますよね。

 

 

つまり、たくさん動いたりして、食べた量よりもエネルギー源が必要になる場合、
中性脂肪や筋肉を燃やすので痩せていくということ。

 

 

逆に、食べた量よりも、エネルギー代謝が少ないと、
エネルギー源が余ってしまいます。
エネルギー代謝されずに余ってしまった栄養素は中性脂肪になって太ってしまいます。

 

このとき、中性脂肪として蓄えられやすいのが、
糖質と、脂質。

 

ここ、重要で、
お肉が痩せると言われる一つの理由なのですが、

 

 

たんぱく質は余ってしまっても中性脂肪になるまでに他の使い道がたくさんあります。
ダイエットに良いと言われる一つの理由です。

 

 

たんぱく質は簡単には中性脂肪になりにくい

 

たんぱく質はアミノ酸に分解され、エネルギー代謝使われます。
しかし、余ったとしても、
肝臓や筋肉、髪の毛、臓器など、他の部位を作ったら維持するための栄養源にもなります。

 

そのため、糖質や脂質はエネルギー代謝に使われずに余ると中性脂肪になってしまいますが、
たんぱく質は、エネルギー代謝に使われずに余っても、すぐには中性脂肪にはならずに他に役立ちます。そこで全て使われてくれれば、太らずに済みます。

 

これが痩せる理由の一つです。

 

 

 

たんぱく質を摂ると代謝が上がって痩せやすい体質になるため

 

食べたものをエネルギー代謝するためには、筋肉が必要です。
動いたり、座ったり立ったりしているだけでも筋肉を使いますが、
筋肉を使うときにエネルギーが必要になります。
つまり、筋肉があることで、食べたものをエネルギー代謝しやすくなるため、中性脂肪を燃やしやすくなります。

 

その筋肉を作るための素材(原料)が、たんぱく質です。
つまり、お肉やお魚、大豆。

 

 

そのため、お肉を食べるとエネルギー代謝の効率が上がるため、痩せやすくなると
言えるのです。

 

 

.たんぱく質は美しく痩せれる

お肌や髪の毛は一定の周期に沿って新しく生まれ変わっていますが、
この新陳代謝の栄養素がアミノ酸。
アミノ酸の元はたんぱく質です。

 

また、変な痩せ方をすると、女性らしい曲線美を失ってガリガリになる場合もありますが、それは女性ホルモンが減ったり、
筋肉が落ちることによるもの。

 

女性ホルモンや筋肉を維持する栄養素がたんぱく質。

 

 

ダイエットで痩せると、ガリガリになったりお肌や髪質がパサパサになる懸念がありますが、
それは食事制限によって、栄養不足になるため。

 

 

たんぱく質をしっかり摂れば、
女性らしさを維持しながら痩せれます。

 

つまり、綺麗に痩せるためには、お肉も一定量、食べる必要があるというわけです。

 

 

 

以上がお肉がダイエットに効果的な理由です。
次にダイエットに効果的な食べ合わせ方法をお伝えしますので、
一緒にお読みください。

 

⇒ダイエットに効果的なお肉の食べあわせ方

関連ページ

大事なことは2つだけ!ダイエットでケーキを食べても太らない方法
炭水化物抜きダイエットをしていても、ケーキは食べたい!!!あなたも同じではないですか?炭水化物抜きダイエットの要点をおさえていれば、ダイエットをしながらケーキを食べることも可能です。
糖質はいかに太る食べ物なのか。糖質制限がダイエットに効果的な理由
”糖質は太る”と言われますが、そのメカニズム、 あなたは理解していますか?糖質制限を考えるなら、なぜ効果的なのか、正しい方法を理解しましょう。
炭水化物抜きダイエットは方法を誤ると逆効果!?痩せない人が陥る大きな勘違い
炭水化物抜きダイエットは痩せやすいと評判ですが、方法を間違えると逆に太りやすくもある危険が隣合わせになっています。
【太る】炭水化物抜きダイエットは便秘ととなりあわせ!?
炭水化物抜きダイエットは方法を間違えると便秘になって太りやすくなるケースがあります。どのような状態だとそうなるのでしょうか。
【太る】炭水化物抜きダイエットは代謝が落ちて痩せにくい体質になる!?
炭水化物抜きダイエットはしすぎると代謝が落ちて脂肪を燃焼しにくくなり、痩せにくい体質になる可能性があります。その原因と解決方法をご覧ください。
【太る】炭水化物抜きダイエットはリバウンドの危険性大!?
炭水化物抜きダイエットは効果が大きい分、リバウンドのリスクも高まります。なぜなのか、理由と解決策をご覧ください。
便秘が治らないというときに陥りがちな原因は?
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
便秘になると太る原因と、快便の人が痩せている理由
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
ダイエットと便秘解消に効果的な「水溶性」食物繊維は食事では摂りにくい!?
実は食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類あります。ダイエットしたい!便秘を解消したい!という場合、水溶性食物繊維は足りていますか?
【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?
便秘で悩むあなた、腸内フローラが乱れていませんか?乱れていると悪玉菌だらけになって、便秘を引き起こす原因に。便秘を解消する善玉菌を増やす方法をお伝えします。
腸内フローラはダイエットに影響大!?便秘や痩せたいとお悩みの方必見!
痩せやすい身体づくりや、便秘の解消には、腸内フローラが大きな影響を及ぼしていることをご存知ですか?腸内フローラとは何かを知って、ダイエットに効果的な整え方を実践しましょう!
便秘の原因は食生活だけではない!姿勢のゆがみも便秘の原因です。
お化粧やおしゃれによるプラスの美も大事だけど、 本当は素の状態で美人と言われたいのが女性心。 ナチュラルビューティを応援していきます。
お肉は食べあわせによっては太る? ダイエットに効果的な食べ方
ダイエットに効果的な食べ方をお伝えします。
ドクターエア3Dブレードは便秘解消になる!?効果口コミ
ドクターエア3Dブレードは便秘解消になる!?効果口コミ
【悩み解決】食欲を抑えられない!チラコイドで楽して痩せられる方法
何を食べてもお腹がいっぱいにならないあなた。朗報です。スーパーフードのチラコイドで楽して痩せられます。

くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔