二段腹 便秘 むくみ 腸内環境 アンチエイジング

ダイエットと便秘解消に効果的な「水溶性」食物繊維は食事では摂りにくい!?

 

便秘がなかなか治らない。
食物繊維を摂るために頑張って野菜もたくさん食べているのに、なんで・・・?
というときに、考えられる原因はこちら。

 

食物繊維は、水に溶けるタイプの水溶性食物繊維と水に溶けないタイプの不溶性食物繊維の2種類に大別されます。

食物繊維を摂っても便秘が解消されないと言う方、片方が不足してる可能性があります。

 

 

水溶性食物繊維とは?

 

水溶性という名の通り、便に溶ける食物繊維です。

食物繊維は腸内の水分を吸収する作用がありますが、
”水溶性”の場合、水分を吸収したまま便の中に溶け込んでくれます。
そのため、便の水分量が増え、便を柔らかくする効果があります。
便が程良い柔らかさになると、柔軟に腸内を動くことが出来るようになるので、
排出されやすくなります。
ただ、水溶性食物繊維が便が溶け込みすぎても柔らかくなりすぎて、
下痢になってしまうので、摂りすぎには注意が必要です。

 

腸内に溜まった老廃物や有害物質を排出してくれるデトックス効果があります。

水溶性食物繊維はベタベタと粘着性があるのが特徴です。
そのため、腸内に残っている老廃物や有害物質をピタッと吸着して、
それらを便に溶け込ませて一緒に排出してくれます。デトックス効果が高いです。

 

腸内環境を健康に保つために必要な善玉菌を増やし、害のある悪玉菌を減らす作用があります。

善玉菌は腸内を健康に保ち、便を外へ外へと運ぶ力を活発化させてくれるので、
お通じを良くしてくれる菌です。
善玉菌は水溶性食物繊維をエサにして生息しているので、
水溶性食物繊維を食べれば、善玉菌も腸内に増えていきます。

 

 

 

不溶性食物繊維とは?

腸の中の水分を吸う効果があるのは”水溶性”と同じですが、
違う点は、便に溶け込むことができないということです。
水を吸った不溶性食物繊維に便がくっつけば、便のカサが増します。
そうすることで、腸内の動きは良くなって、便は外へ外へと押し出されていきます。
そのため、不溶性食物繊維も通便のためには重要です。
ただ、この不溶性食物繊維は便に溶けることが出来ない分
便からも水分を吸収してしまう作用があります。
吸収ばかりしてしまうと、結果的に、便が固くなって滑りが悪くなります。

 

 

大事なのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることです。
そうすることで、便の中の水分量を程良い状態に調節できるのです。

 

 

 

 

1日に必要な水溶性と不溶性の食物繊維はどのくらい?

通便を良くするために必要とされる食物繊維の量は下記のとおり。

 

1日あたりの食物繊維の目標摂取量
年齢 男性の日あたりの目標量 女性の1日あたりの目標量
6〜7 11g以上 10g以上
8〜9 12g以上 12g以上
10〜11 13g以上 13g以上
12〜14 17g以上 16g以上
15〜17 19g以上 17g以上
18〜29 20g以上 18g以上
30〜49 20g以上 18g以上
50〜69 20g以上 18g以上
70以上 19g以上 17g以上

(厚生労働省が2015年度に公表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」を参照)

 

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想的な摂取比率は、1:2と言われています。
上の表をもとに換算すると、例えば20代女性が食物繊維を理想量である18g摂取するとしたら、
水溶性食物繊維6g、不溶性食物繊維12gが理想ということです。

 

 

それぞれどんな食材から摂れるでしょうか。

 

水溶性と不溶性の食物繊維はどんな食材から摂れる?

 

 

100gあたりの食材 水溶性食物繊維の含有量 不溶性食物繊維の含有量
アボカド半分 1.7g 3.6g
バナナ1本分 0.1g 1g
レタスの葉大3枚分 0.1g 1g
キャベツの葉大2枚分 0.4g 1.4g
トマト半分 0.3g 0.7g
生エシャロット14個分 9g 2.3g
生らっきょう14個分 18g 2.1g
生ほうれんそう3分の1わ分 0.7g 2.1g
生ブロッコリー大3房分 0.7g 3.7g
生オクラ14個分 1.4g 3.6g
生ゴボウ3分の2本分 2.3g 3.4g
生かぼちゃ4分の1個分 0.9g 2.6g
納豆2.5パック分 2.3g 4.4g
白米 0.1g 0.5g
玄米 0.2g 2.3g
大麦 6.0g 3.6g
茹でたしいたけ7個分 0.5g 4.2g
茹でたなめこ1パック分 1.1g 1.6g
茹でた白いきくらげ10枚分 1.2g 5.2g
さつまいも大4cm分 1g 2.8g

 

以上のことから、分かるのは・・・

 

日常的な食材は食物繊維の含有量が低い

成人女性が1日に必要な食物繊維量は合計18gですが、
毎日意識して食べようとするサラダも、大きなボール1杯食べても、食物繊維量は理想数値より低いです。

お通じに多い印象のあるバナナやサツマイモなども、
かなり無理して多くの分量を食べないと、理想数値には届きません。

 

水溶性食物繊維の比率が圧倒的に低い

野菜類、いも類、果物類、それぞれ不溶性食物繊維に比べて
水溶性食物繊維が10〜30%と低いものばかりです。

 

それぞれ1日に必要な比率は、
水溶性食物繊維:不溶性食物繊維= 1:2 ≒ 6g:12g が理想ですが、
通常の食事では、水溶性食物繊維の割合が圧倒的に低いので、
コントロールが難しいのが分かります。

 

その中でも比較的、上記の理想比率に近いのは、
1日にアボカド1個分+納豆3パックの食べ合わせです。
ただ、これも毎日続けるとなると、カロリーが気になったり、
日々の食べ合わせによって、難しいことも多いはず。

 

日常で食べる食材からは、水溶性食物繊維を摂りにくいのです。
野菜やいもなどを毎日意識的に食べて、食物繊維を摂っていると思っていても、
実は、”水溶性”の方が、特に足りていないため、便が固くなって滞っている可能性があります。


【便秘を解消したい!】水溶性食物繊維を摂る方法

このように、便秘の原因は、
毎日摂取している食物繊維の絶対量が低いということと、
食物繊維を摂れていても、水溶性のタイプが足りていないということが、
可能性として高くあります。

 

そのため、便秘を解消しようとするなら、
上記2点を解決する必要があります。

 

 

食物繊維量が多く、かつ水溶性と不溶性のどちらも理想比率で摂れる食べ物

 

成人女性の場合、食物繊維を1日18g摂り、
かつ、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維を、1:2の比率で摂るのが
便秘解消に効果的です。

 

普段の食材から、その比率をコントロールするのは難易度がかなり高いのですが、
最初からそのベスト比率に組み立てられた製品なら、
無理なく便秘を解消を助けることが出来ます。

 



 

この食べ物のすごいところは、

 

1日に必要な食物繊維量を無理なく摂ることができる。

えん麦とは、オートミールの一種で、玄米の約9倍もの食物繊維が入っています。
1袋で1日に必要な食物繊維の3分の1が含まれているので、3袋摂れば十分になります。

 

また、えん麦の特にすごいところは、

 

水溶性食物繊維:不溶性食物繊維の比率が1:2になっている

苦労して色んな食材の組み合わせを思考錯誤せずとも円麦は一つで理想比率になっています。

 

 

その他にも、血糖値の上昇を抑えたり、満腹感を感じるβグルカンという栄養素も豊富なので、
ダイエットにも最適です。

 

公式ページにもっと詳しく書かれているので、載せます。

 


 

 

特に水溶性を多く摂れる食べ物

 

食材別の食物繊維の含有量を一覧化しましたが、
その中で、水溶性食物繊維が多かったのはこちら。

 

 

大麦には、水溶性食物繊維が多く含まれます。
水溶性食物繊維が豊富な食材は、見ての通りかなりレアですのでオススメです。
たとえば、大麦が多く含まれたパンなど。

 

 

もうひとつ、水溶性食物繊維が豊富な食材があります。
それが、寒天です。
寒天は食物繊維がかなり豊富です。
寒天100gあたり、食物繊維の量はなんと74gもあります。
寒天の1日の摂取目安は6gなので、
だいたい1日に4.5gほどの食物繊維が摂れるということになります。
そして、寒天のすごいところは、
寒天が持つ食物繊維は水溶性と不溶性、両方の性質を併せ持っているということです。
つまり、寒天に含まれる食物繊維は、同じもので水溶性の働きもするし、
同時に不溶性の働きもしてくれるということです。

 

寒天の食物繊維が効率よく摂れる食品があります。

 

 



 

寒天の水溶性食物繊維だけでなく、
なんと、サツマイモの29倍もの食物繊維が含まれていると言われる、
クマイザサと呼ばれる植物も使われています。
また、お通じを良くしてくれるオリゴ糖や乳酸菌も豊富。

 

糖質制限中の太りにくいおやつとしても便利で、
ストレスを溜めずにダイエットができ、デトックス効果もあります。

 

糖質制限によって不足しがちな食物繊維をしっかり補うことができるので、
ダイエットにはとても効果的な食べ物だと思います。

 

より詳しい商品や、口コミが気になる方は、こちらをご覧ください。

 



 

⇒それでも便秘が治らない場合、腸内の善玉菌不足の可能性もあります。

大事なことは2つだけ!ダイエットでケーキを食べても太らない方法

糖質 = 太りやすい食べ物という情報が様々なメディアで取り上げられているため、”太る”と脅され半分で、ダイエット中は糖質を食べないようにしていました。もちろん、ケーキなんて論外。糖分の塊なので、一口食べただけで何キロ太るだろうかと心配してしまう日々・・・でも、本当は私、超!!!!!!がつくほど、スイ...

≫続きを読む

糖質はいかに太る食べ物なのか。糖質制限がダイエットに効果的な理由

ピザやラーメン、ケーキなど、糖質が大好きな私、27歳OLのため、そろそろ暴飲暴食が体型にストレートに出やすくなります。糖質 = 太りやすい食べ物だとしたら、ピザ、ラーメン、ケーキ = 太りやすい食べ物というのは周知の事実のため、体型維持&ダイエットのためには控えた方が良いですよね。うーん、認めたくな...

≫続きを読む

炭水化物抜きダイエットは方法を誤ると逆効果!?痩せない人が陥る大きな勘違い

一生懸命、糖質制限をしているのに、体重計に乗っても、減量されなくなった・・・食べたいところを、こんなにも我慢しているのに、辛いダイエットなのに報われない・・・なんで!!??本当は糖質制限ってダイエットに良くない!!??という状況に陥る方がいると思います。せっかく辛い思いをして糖質を抜いているのだから...

≫続きを読む

【太る】炭水化物抜きダイエットは便秘ととなりあわせ!?

炭水化物抜きダイエットは痩せるとうイメージが強いですし、実際に私も10kg以上痩せるダイエットに成功した経験がありますが、その仮定で炭水化物を抜くときがありました。しかし、炭水化物を抜くと、便秘になってしまうことがあり、運動してもなかなか痩せずらい代謝の悪い身体になって悩んだ時期もあります。あなたも...

≫続きを読む

【太る】炭水化物抜きダイエットは代謝が落ちて痩せにくい体質になる!?

炭水化物抜きダイエットは痩せるというイメージが強いですが、極度に抜きすぎたり、食べあわせを誤ると、逆に代謝が下がって、痩せにくい体質になる危険性も潜んでいます。せっかく食べたいものを我慢してダイエットを頑張っているのに、効率の悪い身体になったら、たまったもんじゃないですよね!炭水化物を抜くなら、それ...

≫続きを読む

【太る】炭水化物抜きダイエットはリバウンドの危険性大!?

ダイエットのために、炭水化物を抜いて痩せようと頑張っているのに、毎日四六時中、ずーっと抜き続けるのは辛いですよね・・・一週間に1回は、1カ月に1回は、たまには食べても良いかな?と思い、食べることもあると思いますが、普段の炭水化物抜きの方法を少し間違えていると、たまに食べた時に、通常以上に身体に吸収さ...

≫続きを読む

便秘が治らないというときに陥りがちな原因は?

便秘を治すために、便秘薬を飲んだり、野菜やヨーグルトをたくさん食べたりしているのに、なぜかいつまでたっても、改善されない・・・こんなに健康的な食事を摂っているのに、なんで治らないの?という方は結構いらっしゃると思います。”便秘が解消されない”というのには、何かしら原因があるので、見直すべきポイントを...

≫続きを読む

便秘になると太る原因と、快便の人が痩せている理由

ダイエット中、便秘になるととてもショックですよね。なぜなら、太らないようにするためには、食べたものを体外に出す必要があるためです。なるべく食べないようにしている中で、必要最小限にとどめた食事が身体の中に留まりっぱなしだったら、我慢ならなくなります。便秘になると、太りやすいと言われますが、なぜなのでし...

≫続きを読む

ダイエットと便秘解消に効果的な「水溶性」食物繊維は食事では摂りにくい!?

便秘がなかなか治らない。食物繊維を摂るために頑張って野菜もたくさん食べているのに、なんで・・・?というときに、考えられる原因はこちら。食物繊維は、水に溶けるタイプの水溶性食物繊維と水に溶けないタイプの不溶性食物繊維の2種類に大別されます。食物繊維を摂っても便秘が解消されないと言う方、片方が不足してる...

≫続きを読む

【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?

腸内にはたくさんの種類の菌が生息していて、便通を良くする「善玉菌」や、便秘を引き起こす「悪玉菌」など、さまざまあります。便秘のとき、考えられることとして、この悪玉菌が増えてしまっている可能性があります。なぜなら、善玉菌と悪玉菌の量は相互作用し合っていて、善玉菌が減ると、悪玉菌が増り、逆に悪玉菌が増え...

≫続きを読む

腸内フローラはダイエットに影響大!?便秘や痩せたいとお悩みの方必見!

ダイエットにお悩みの方は、便秘を併発していることが多いのではないでしょうか?私の場合がそうでしたが、ずっとお腹が張っていて、便通が3〜4日に1度という苦しい思いをしていました。便秘の頃、食べないようにしてもなかなか痩せなかったり、少し食べただけで太りやすかったです。今は便秘も解消して、1日最低1回は...

≫続きを読む

便秘の原因は食生活だけではない!姿勢のゆがみも便秘の原因です。

食物繊維を正しく摂ったり、乳酸菌やビフィズス菌も毎日怠らずに摂っていても、なぜか便秘が解消されないということはありませんか?人よりもこんなに健康的な食生活を送っているのに、なんで!!??と悩んでいる方も少なくないと思います。とはいえ、便秘が治らないことには何か別の原因があるはずです。便秘の原因として...

≫続きを読む

【どっち?】お肉は痩せる?太る?ダイエットの本当の効果

お肉を食べると痩せる 本当?「ダイエットしてるからお肉は我慢」「お肉なんて食べたら太る」という声も聞けば、はたまた、「ダイエットにはお肉を食べる良い」「お肉は痩せる食べ物」このようなワードもテレビや雑誌、ネット上で見かけます。きっとダイエットをしようと思うほど太ってしまった人は、もともと食べるのが好...

≫続きを読む

お肉は食べあわせによっては太る? ダイエットに効果的な食べ方

お肉は筋肉の原料で、代謝を上げて痩せやすい身体づくりに必要な栄養素ですが、食べあわせを間違えると、太りやすくもなります。そのため、ダイエットの効果を上げるには、正しいお肉の食べ方を知っておくのが必要です。少しでも参考になると幸いです。

≫続きを読む

ドクターエア3Dブレードは便秘解消になる!?効果口コミ

最近、お尻やお腹がたるんできたので、体幹が緩んできたかな〜?と思っていました。そこで、普段おうちにいる時や、テレビを見ている時に、無意識に出来るようなシェイプアップ方法がないかと思い、いろいろ調べていました。そうしたら、テレビなどでたくさん紹介されていて、楽天でも1位のアイテムを見つけました。楽天で...

≫続きを読む

骨盤矯正クッションはどれがオススメ?口コミからみる選び方

この記事を読んで欲しい方猫背でお悩みの方反り腰でお悩みの方便秘がなかなか治らない方お腹がぽっこりと出ている方脚のむくみがひどい方O脚でお悩みの方X脚でお悩みの方二重あごでお悩みの方偏頭痛をよく引き起こす方腰痛がひどい方肩こり、首こりがひどい方これらのお悩み、実は全て、姿勢の乱れが原因の可能性が高いで...

≫続きを読む

ボディメイクシートスタイルとスタイルアスリートの違いは?口コミだとどっちがオスス...

きっと、この記事をご覧のあなたは、もうすでにご存じでしょうが、骨盤矯正クッションとして、通販で人気が高いのが、こちらの二つのアイテムです。「ボディメイクシートスタイル」「スタイルアスリート」店頭でも見る所がおおいことや口コミの満足度の多さから、信頼度も高いです。ただ、ふたつともシルエットが似ているし...

≫続きを読む

【悩み解決】食欲を抑えられない!チラコイドで楽して痩せられる方法

ピザやパン、パスタやラーメン、ケーキなど、炭水化物の食べ物はとても美味しいですよね。美味しい分、お腹が空いた時に食べたくなります。食べても食べてもお腹が満たされずに、食べ続けたい・・・でもダイエットもしているから、食べるのは我慢しなければならない。その葛藤でストレスを溜めているとしたら、朗報がありま...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔