二段腹 便秘 むくみ 腸内環境 アンチエイジング

すっきりお腹のくびれウエストの作り方

女性らしいスタイルの象徴として、くびれたウエストは憧れますし、あると本当に自身が持てます。
一方でお腹がぽっこりしていると着れる服が限られたり、コンプレックスのもとになってしまいませんか?

 

ぽっこりお腹が気になるシーンといえば、プールや海。

 

二段腹だと、しゃがんだときに目立ってしまったらどうしようと気にしたり、
お腹に力を入れてへこませていても、長時間キープするのはとても疲れてしまいます。
こんな状況だと、プールや海も心から楽しめませんよね。
できれば、お腹が出ていることを気にしないで心から楽しみたいです。

 

また、例えば温泉旅行に行くこともありますよね。

 

大浴場に入ると、どうしても周りの女性たちの身体って、なんとなく眼に入ってしまいます。
ということは、きっと、周りの人も自分の身体を見ていることもあるのだろうなと・・・。
自意識過剰ではなく、私、温泉街に長く暮らしていたことがあるので、女性たちのそういう目線を良く見たことがあります。
せっかくリラックスするために行く温泉なのに、身体に自身がないと、楽しめないと言うのも、損な話です。

 

お腹というのは、内臓を守るためにも脂肪がつきやすく、また、食べたものも溜まりやすいので、太りやすい部位です。

 

すっきりウエストを作るためには、ただ腹筋をすれば良いと言う訳ではなく、代謝を上げて、全身を痩せやすくする必要があります。
また、お通じを良くして、太る原因を身体に溜めこまないようにする必要もあります。

 

ここからは、すっきりウエストをつくるために役立つ情報を紹介していきます。

 

 

 

 


 

この記事を読んで欲しい方

  • 猫背でお悩みの方
  • 反り腰でお悩みの方
  • 便秘がなかなか治らない方
  • お腹がぽっこりと出ている方
  • 脚のむくみがひどい方
  • O脚でお悩みの方
  • X脚でお悩みの方
  • 二重あごでお悩みの方
  • 偏頭痛をよく引き起こす方
  • 腰痛がひどい方
  • 肩こり、首こりがひどい方
  •  

     

     

    これらのお悩み、実は全て、

     

    姿勢の乱れが原因の可能性が高いです。

     

    なぜなら、正しい姿勢とは身体にとって一番負荷がかからない楽な状態なのですが、姿勢が歪むと、身体のどこかしらに無理な力や負担がかかります。それにより肩こりや首こり、腰痛や頭痛が起きますし、歪んだ身体を支えようと、脚がO脚などのように曲がったり・・・

     

    また、血流も悪くなるので、頭に酸素や血液が届かずに頭痛になったり、リンパの流れが悪くなって身体の至る部位がむくんで、代謝が悪くなってむくんだりと、さまざまな影響が起こるのです。

     

     

    姿勢が乱れる根本の原因は、足の裏から、骨盤、背骨、首まで、要所要所の乱れがありますが、多くの方に当てはまるのが、骨盤です。

     

    このように、骨盤が前に倒れたり後ろに倒れている状態になっている人が多いのです。

     

     

    正しい姿勢は図の一番左。骨盤がまっすぐに立った状態です。

     

     

    この状態の姿勢に改善することで、冒頭に述べた身体のさまざまな悩みを引き起こしにくくすることが期待出来ます。そのため、悩んでいる方は、骨盤の位置の改善が必要です。

     

     

    骨盤を解消するために、役立つアイテムが、骨盤矯正クッションです。

     

     

     

     

    お店や通販では、数えきれないほどの種類の骨盤矯正クッションが売られているので、どれを選んだら良いか、決めるのが大変だと思います。現に、私が何日もかけて悩みました。

     

    ただ、その時にさまざまな商品をリサーチして、さまざまな角度から口コミを読み倒したので、自分に合った効果的な商品を厳選するところまで至りました。

     

    猫背や反り腰、身体の太っている部分や、身体の痛み、冒頭に述べた様々な悩みをお持ちで、骨盤クッションがどんなものか興味がある方、少しでもお役に立てる情報が入っていると思うので、ご参考になさってください。

     

     

    骨盤矯正クッションを選ぶ観点

    座っている時、このように骨盤が後ろに傾いて、背骨が曲がって、ストレートネックになっている場合が多いです。

     

    だからと言って、自分で無理に姿勢を正そうと背筋をぴんと伸ばすと、背中を反りすぎてしまう場合があります。

    骨盤が前に倒れすぎて、背中が反った状態で座っているのも間違った姿勢です。

     

    自力で正しい姿勢を保とうとするのは、意外と難しいのです・・・

     

     

    骨盤矯正クッションにどんな効果があるかというと、骨盤を正しい位置に立てることができるということです。

     

     

    後ろにも前にも傾きすぎなず、背骨も丸まりすぎなければ、反りすぎない。

     

    うまい位置で固定してくれるのが、ちゃんと効果のある骨盤クッションの役割です。

     

    また、座っている時、上半身が左右にぶれてしまう場合もありますよね。左右にぶれるのも背骨が曲がってしまう原因なので、左右にぶれずにまっすぐ固定できるというのも骨盤クッションの役割のひとつです。

     

     

    骨盤を正しい位置に立たせて、背骨も正しい曲線を描くためのキーとなる部位がこのピンクで囲んだ部分の仙骨という骨です。

    骨盤の中心にあり、骨盤と背骨を結びつける軸となる骨です。

     

    ここを正しい角度にもっていくことで、骨盤がきれいに立ち、背骨も美しい曲線を描くことができます。

     

    骨盤クッションを選ぶとき、この仙骨を正しい位置にしっかり支えられるかどうか、というのも大事な要素になります。

     

     

    骨盤クッションを選ぶ際のポイント

    骨盤が前にも後ろにも倒れすぎない、正しい位置で立つようになるか
    背骨が丸まりすぎず反りすぎない、美しい曲線を描けるか
    背骨が左右にも曲がらないように補正できるか
    骨盤と背骨をつなぐ「仙骨」がしっかり正しい角度になるか

     

     

     

    では、前置きが長くなってしまいましたが、上記の観点から、効果がありそうな商品を紹介します。

     

    骨盤矯正クッションはどれがオススメ?口コミからみる選び方

     

    では本題に入ります!

     

    私が骨盤矯正クッションを買おうと思ったとき、通販でも店頭でも、たくさんの種類が売られているので、どの商品が自分にとって一番効果的か悩みました。

     

    そこで、それぞれのどのような効果があるのか、商品を調べて、口コミなどの情報もチェックした結果、お好みに合わせて効果がありそうな商品を絞り込めました。

     

    もちろん、この絞り込み方が、私にとって良いと思う絞り方のため、求めるものが違う場合は、必ずしも正解と言う訳ではないと思いますが、

     

    あなたが私のように、座り姿勢を正しくしたいと思っているなら、商品を比較するための基準を見つけるためにも少しでも参考になると思うので、

     

    あくまで、自分にとって何が一番良いかという観点は捨てずに、ご参考までにご覧下さい。

     

     

     

    クッションなしでも正しい姿勢でいられるように筋肉を鍛えたいなら

     

    上の二つのクッションは、座っている時に正しい姿勢に導いて行くものですが、クッションから離れて立ったり、歩き続けると、歪んだ姿勢に戻ってしまわないか心配です。(私の場合ですが)その観点から、いろいろな商品も調べました。

     

    そうすると、見つけました!ちょっと変わったアイテム

     

     

    らくゆら練座と言います。座っている時に、自然と正しい姿勢を維持する筋肉が鍛えられ、立ったり歩いたりする時の姿勢も自力で美姿勢でいられるようになる!ということが期待できるアイテムです。

     

    詳しくは公式ページに動画があるのですが、土台が円形になっているので、くるくると腰を回すことができます。

     

    逆に言えば、あえて不安定な状態を作り出すクッションなので、自力で正しい姿勢を維持しようとインナーマッスルが鍛えられ、このクッションに座らないときも正しい姿勢を自らの筋肉が維持できるようになるという効果が望ます。

     

    お値段もいろいろな商品を比較するとそれほど高くないので、試してみる価値のあるアイテムだと思います。

     

     

     

     

    以上が、多くの商品を見てきた中で、悩み解決の期待度が高いアイテムです。

     

    私は個人的にスタイルアスリートで正しい姿勢を体感的に学んでから、らくゆら練座に切り替えて、インナーマッスルを鍛えるという方法がベストでした。

     

    ただ一人一人、自分に合った方法やアイテムは違うと思うので、比較するための一つの意見として、ぜひご参考になさってください。

     

    ボディメイクシートスタイルとスタイルアスリートの違いは?口コミだとどっちがオススメ?

    続きを読む≫ 2017/10/07 02:26:07

    最近、お尻やお腹がたるんできて焦っています。
    筋肉や体幹が衰えたかな?と、運動不足が原因のように感じます。

     

    しかし、運動しようにも仕事で忙しくて時間も余裕もない毎日。
    そこで、普段おうちにいる時や、テレビを見ている時に、
    無意識に出来るようなシェイプアップ方法がないかと思い、いろいろ調べていました。

     

    すると、テレビや雑誌など様々なメディアでたくさん紹介されていて、
    楽天でも1位を獲得するほど注目のアイテムを見つけました!

     

     

    楽天ランキングでも長いこと1位で大人気のようです。

    この商品のブランドはドクターエア。
    「有吉ゼミ」や、「王様のブランチ」、「ZIP!」や、「ヒルナンデス」など、他にもたくさんのテレビで紹介されている有名ブランドで、信頼できます。

     

    でも、こういうダイエット器具は、本当に効果があるのか…?
    お値段がするだけあってすぐに飛びつけるような勇気は持っていない小心者です。

     

    疑い深くかかってしまいます。
    どうせ買うなら効果の期待がちゃんとできるものにしたいですよね。
    効果は本当なのか、口コミを調べました。

     

     

    すると思いのほか、びっくりしたことが!
    腹筋やインナーマッスルが鍛えられるという口コミはもちろん多いのですが、
    それだけでなく、口コミを読み込んでいくと、多くの人から共通の満足ワードが上がっているのです。

     

    それは、『便秘が解消された』というワードです。

     

    このアイテム、便秘解消に大きく関係していました。

     

    続きを読む≫ 2017/10/07 02:23:07

    ダイエットにお悩みの方は、
    便秘を併発していることが多いのではないでしょうか?

     

    私の場合がそうでしたが、
    ずっとお腹が張っていて、便通が3〜4日に1度という苦しい思いをしていました。

     

    便秘の頃、食べないようにしてもなかなか痩せなかったり、
    少し食べただけで太りやすかったです。

     

    今は便秘も解消して、1日最低1回はお通じできるように回復しましたが、
    そうすると自然と身体も痩せていき、体重は便秘の頃に比べると13キロも落ちました。

     

    便秘と太りやすさはかなり密にリンクしていると体験しました。

     

    便秘は腸内フローラが乱れているから起きます。

     

    腸内には、デトックスを良くして痩せやすい菌がいれば、
    便秘を促し太りやすくなってしまうデブ菌もいます。
    それらがベストな均衡を摂って腸内フローラを形成しているんですが、
    バランスが乱れると、便秘になって太りやすくなってしまいます。

     

     

    つまり、あなたが、太りやすく便秘にお悩みの場合、
    腸内フローラが乱れてデブ菌が増えているということです。

     

    便秘を解消して痩せやすくなるためには、
    腸内フローラを整える必要があります。

     

    腸内フローラを整えるために、
    まずそもそもの腸内フローラとはどんなものかを理解し、
    痩せる菌を増やす方法を知って試していくことをオススメします。

     

    まずはじめに、腸内フローラとは?

     

     

    まず、最初に、腸内フローラについて、簡単に説明します。

     

    腸内には数百種類の細菌が生息しています。
    その数、なんと600兆個以上と言われています。

     

    種類ごとにいろんな姿かたちの細菌が、
    腸内でふわ〜〜っと散らばっているのですが、
    その様子がまるでお花畑のようなので、”腸内フローラ”と呼ばれています。

     

    イメージで表すと、こんなかんじ。

     

     

     

    便秘に関する広告や記事、CMで、
    ”腸内フローラ”
    ”腸内フローラを整えよう!”など、
    聞いたことありますよね。

     

    ”腸内フローラ”とは、いろんな種類の細菌が相互に影響しながら共生している様子を比喩しています。

     

    では、腸内フローラとは何かお伝えしたところで、本題。

     

    この腸内フローラを形成する多くの菌は数百種類もいるわけですから、
    その中には、デトックスを良くしてダイエットに効果的な痩せ菌もいれば、
    逆に便秘になりやすく太りやすいデブ菌もいます。

     

    腸内フローラが整った状態なら良いですが、
    乱れてしまうと、このデブ菌が増えてしまうリスクがあるのも腸内フローラの繊細なところです。

     

    では、痩せやすい菌、太りやすい菌、それぞれどんな特徴があるのか、説明していきます。

     

     

    腸内フローラの細菌の種類〜特にダイエットや便秘に影響を及ぼすのは?

     

    腸内フローラの細菌は大きく、3種類に大別されます。

     

     

    1. 善玉菌
    2.  

      皆さんが良く知ってる、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌など、乳酸菌がこの善玉菌の代表です。
      簡単に言うと、お通じを良くしてくれ、ダイエットに見方の菌です。
      腸が便を運ぶための運動を促進させてくれます。

       

       

       

    3. 悪玉菌
    4.  

      黄色ブドウ球菌など、有害な性質を持つのがこの悪玉菌です。
      腸内のタンパク質などをエサにして、毒素などの有害物質を生み、代謝を下げて痩せにくい身体にしてしまいます。
      腸内環境を荒らすので、腹痛や、便秘、下痢の原因も引き起こすので、
      まさしく太りやすい菌です。

       

       

       

       

    5. 日和見菌
    6.  

      面白い名前ですよね笑
      その名のとおり、善玉菌と悪玉菌の抗争を観察しながら、
      優勢になってきた菌の方を見方します。

       


      様子を見て、強い方の見方をする。賢く、八方美人な菌ですね。

     

    この日和見菌がやっかいで、
    腸内フローラの7割を占めるのですが
    腸内フローラの状態次第で、
    善玉菌に見方しやすい傾向にある痩せ菌と、
    悪玉菌に見方しやすい傾向のデブ菌がいるということ
    です。

     

    痩せ菌とデブ菌の正常な比率は4:6と言われていますが、
    悪玉菌が増える環境下だと、デブ菌の方が増えてしまい、
    3:7まで傾くと、肥満体形になりやすくなってしまうそうです。

     

     

    腸内フローラが乱れた状態とは?

     

     

    腸内フローラを健康に保つために、3つの菌には理想的な割合があります。
    『 善玉菌2 : 悪玉菌1 : 日和見菌7 』 です。

     

     

    しかし、便秘を促す悪玉菌の数が増えると、この均衡は崩れてしまいます。
    というのも、悪玉菌の数が増えると善玉菌の数が自然と減ってしまうためです。

     

    善玉菌にとっては、弱酸性の環境が心地よいのですが、
    悪玉菌は反対に、アルカリ性の有害物質を増やしてしまいます。

     

    善玉菌はアルカリ性の環境下では住みづらいため、
    自分の住む環境を犯されないために、悪玉菌が増殖するのを必至で抑えます。

     

     

    ですが、悪玉菌が繁殖して増えてしまうとアルカリ性に傾いてしまうため、
    善玉菌は生き続けることができなくなってしまい、どんどん減ってしまいます。

     

     

    その上、先に述べたように、
    日和見菌は悪玉菌が多い環境下だと、デブ菌も増やしてしまいます。
    つまり、悪玉菌の見方をしてしまい、同じような作用を起こすので、負のスパイラル。
    善玉菌がどんどん減ってしまうのに伴い悪玉菌は邪魔されずにどんどん増えていってしまいます。

     

     

     

    悪玉菌が増えるということは、腸内環境が悪化するということ。
    さらに日和見菌の中でもデブ菌が増えてしまい、便秘になり太りやすくなってしまいます。
    そうするとさらに、便通を良くする善玉菌の減少もどんどん加速し、便秘を悪化させるリスクがさらに高まります。

     

    このように、便秘のときの腸内には、悪玉菌と日和見菌の中のデブ菌がうじゃうじゃと増殖して腸内を占有しているような状態なのです。
    どうにか悪玉菌とデブ菌を減らして、善玉菌が増えてくれなくては便通が良くなりません。

     

     

     

    悪玉菌とデブ菌を減らし、善玉菌を増やす!腸内フローラを整える方法は?

     

     

    今までの内容をまとめるとこうです。

     

    腸内フローラの善玉菌、悪玉菌はどちらか一方が増えるともう片方が減る。
    日和見菌は増えた方の見方をして同じような影響を及ぼす。

     

    便秘で太りやすいとき、悪玉菌とデブ菌が増えてしまっています。

     

    悪玉菌は、腸内に毒素を生みだすので、代謝を下げて痩せにくい身体にし、
    それだけでなく、便通を悪くして便秘を促してしまいます。

     

    デブ菌も、増えるとさらに悪玉菌の活動を助けてしまうので、
    代謝の低下と便秘がどんどん悪化してしまいます。

     

    もう一度言いますが、善玉菌と悪玉菌はどちらかが増えるともう片方が減ります。
    そのため、悪玉菌とデブ菌を減らして痩せやすい身体にするためには、
    善玉菌をたくさん増やす必要があります。

     

     

    善玉菌を増やす食べ物は?

     

     

    便秘を解消して痩せやすい身体にするために大事なのは、
    善玉菌を増やすことです。

     

    善玉菌を増やすために必要なことを細かく丁寧に書いた記事は
    別にありますので、よかったらあわせてそちらもご覧下さい。

     

    便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす方法

     

     

    ここでは簡単に善玉菌を増やす食べ物を紹介します。

     

    ヨーグルト

     


    ヨーグルトには善玉菌の一種であるビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれるため、
    生きたまま腸に届けられると、腸内の善玉菌が増えてくれます。

     

    納豆

     

    発酵食品も腸内の善玉菌を増やしてくれる食べ物です。

     

    他にも、お味噌や麹など、同じくおすすめです。

     

    水溶性食物繊維の多い食材


    食物繊維も善玉菌が住みやすい環境を作ってくれます。
    食物繊維は水溶性と不溶性に種類分けされるのですが、
    その内の水溶性食物繊維が善玉菌を増やすのに効果的です。

     

    代表的な食べ物は

    • アボカド
    • らっきょう

     

    ただ、その含有量は微々たるもので、
    実は普段の食事から摂取するのは結構難しいのです。
    効果的に摂取できる方法は別の記事に書いてますので、
    良かったらあわせてお読みください。

     

    水溶性食物繊維の簡単な摂り方

     

     

    以上が、善玉菌を増やす食べ物です。

     

    あなたが太りやすいとお悩みだったり、便秘がなかなか治らないとお思いの場合、
    善玉菌を増やしてあげることが大切だと思います。
    長い目で見たとき、腸内フローラを整えると、自然と痩せやすい体質になると思いますので、
    ぜひ試してみてください。

    続きを読む≫ 2017/10/07 02:12:07

    ダイエットのために、炭水化物を抜いて痩せようと頑張っているのに、

     

    毎日四六時中、ずーっと抜き続けるのは辛いですよね・・・

     

    一週間に1回は、1カ月に1回は、たまには食べても良いかな?
    と思い、食べることもあると思いますが、

     

    普段の炭水化物抜きの方法を少し間違えていると、

     

    たまに食べた時に、通常以上に身体に吸収されてしまい、
    太りやすくなってしまう危険性もはらんでいるのです。

     

    そんなギャンブルなこと、ありえますか?
    と思うのですが、確かに吸収力が高まるというのは、
    そのメカニズムを調べてみると、
    身体の本能的な反応としては納得いきました。

     

    その原因とはどのようなものでしょうか。
    また、たまに炭水化物を食べても極力太らないようにする方法は無いのでしょうか。

     

    炭水化物抜きダイエットで痩せようと思っているあなた、
    読んで損はないと思うので、ご参考になさってください。

    続きを読む≫ 2017/09/13 22:10:13

     

    炭水化物抜きダイエットは痩せるというイメージが強いですが、
    極度に抜きすぎたり、食べあわせを誤ると、

     

    逆に代謝が下がって、痩せにくい体質になる危険性も潜んでいます。

     

    せっかく食べたいものを我慢してダイエットを頑張っているのに、
    効率の悪い身体になったら、たまったもんじゃないですよね!

     

     

    炭水化物を抜くなら、それだけ失敗しないための知識が必要です。
    代謝が下がって痩せにくい体質にならないために、
    そもそもの原因と解決策を書きます。

    続きを読む≫ 2017/09/13 21:42:13

    炭水化物抜きダイエットは痩せるとうイメージが強いですし、
    実際に私も10kg以上痩せるダイエットに成功した経験がありますが、
    その仮定で炭水化物を抜くときがありました。

     

    しかし、炭水化物を抜くと、
    便秘になってしまうことがあり、
    運動してもなかなか痩せずらい代謝の悪い身体になって悩んだ時期もあります。

     

    あなたも同じ経験ありませんか?

     

    少しでも思い当たる場合、
    その原因を書きますので、ご参考になさってください。

     

    炭水化物抜きダイエットは、便秘になって太る危険ととなりあわせなのか

     

    ダイエットを成功させるために知識としてあって損ない情報です。

    続きを読む≫ 2017/09/13 21:28:13

    ピザやラーメン、ケーキなど、糖質が大好きな私、27歳OLのため、
    そろそろ暴飲暴食が体型にストレートに出やすくなります。

     

     

    糖質 = 太りやすい食べ物

    だとしたら、

     

    ピザ、ラーメン、ケーキ = 太りやすい食べ物

     

    というのは周知の事実のため、体型維持&ダイエットのためには控えた方が良いですよね。

     

    うーん、認めたくない事実。

     

     

    そもそも、どうしてケーキなど糖質を摂ると太りやすいのでしょうか。
    なんとなく、常識的に太るというのは分かっていますが、
    その根拠やメカニズムをちゃんと分かっていないのに、
    イメージだけでそういうものだと決めつけていることに気がつきました。

     

    本当に糖質制限をしようと考えた時、
    その正しいメカニズムを理解していないと、
    やり方を間違え、健康に害を及ぼしダイエットに逆効果になることだってあり得ます。

     

     

    糖質制限を行うなら、まずは、なぜ糖質が太るのか、メカニズムを理解することが大事です。

     

    糖質を摂取したときに、体内でどういう反応が起こっているのか、調査してみました。

    続きを読む≫ 2017/09/13 20:11:13

    お肉は筋肉の原料で、
    代謝を上げて痩せやすい身体づくりに必要な栄養素ですが、
    食べあわせを間違えると、太りやすくもなります。

     

    そのため、ダイエットの効果を上げるには、
    正しいお肉の食べ方を知っておくのが必要です。

     

    少しでも参考になると幸いです。

    続きを読む≫ 2017/09/10 16:34:10

    お肉を食べると痩せる 本当?

     

    「ダイエットしてるからお肉は我慢」
    「お肉なんて食べたら太る」

     

    という声も聞けば、

     

    はたまた、

     

    「ダイエットにはお肉を食べる良い」
    「お肉は痩せる食べ物」

     

    このようなワードもテレビや雑誌、ネット上で見かけます。

     

    きっとダイエットをしようと思うほど太ってしまった人は、もともと食べるのが好きなことが多いはず。

     

    私なんか、今より10キロ以上太ってしまっていたのですが、
    その原因は3度の飯以外に、おやつに菓子パンなど食べすぎるほど、食べることが好きだったから。

     

     

    ダイエットをしなきゃならなくても、
    お肉を食べたいと思うのではないでしょうか。

     

     

    同じように、お肉が好きだけど、ダイエットもしたいと思う方に向けてこと記事を書いています。
    少しでも参考になる情報をお伝えします。

     

    続きを読む≫ 2017/09/10 16:26:10

    ダイエット中、便秘になるととてもショックですよね。
    なぜなら、太らないようにするためには、
    食べたものを体外に出す必要があるためです。

     

    なるべく食べないようにしている中で、
    必要最小限にとどめた食事が身体の中に留まりっぱなしだったら、
    我慢ならなくなります。

     

    便秘になると、太りやすいと言われますが、なぜなのでしょうか。
    メカニズムを解説します。

    続きを読む≫ 2017/05/28 20:36:28

    食物繊維を正しく摂ったり、乳酸菌やビフィズス菌も毎日怠らずに摂っていても、
    なぜか便秘が解消されないということはありませんか?

     

    人よりもこんなに健康的な食生活を送っているのに、なんで!!??

     

    と悩んでいる方も少なくないと思います。
    とはいえ、便秘が治らないことには何か別の原因があるはずです。

     

    便秘の原因として考えられること

    よくよく当てはまるのはこちら。

    食物繊維の摂り方が間違っている

    腸内の善玉菌不足

     

    これらは、特に問題なし、もしくは対策済みという場合、
    次に疑うべきはこちらです。

     

    骨盤が歪んでいる

     

    こちらは見落とされやすいポイントです。
    骨盤が歪んでいるのと、お通じの悪さはリンクするイメージがあまりないですもんね。
    ただ、骨盤には腸を支える役割があります。
    骨盤が変な方向に傾いたりして歪むと、腸の支えも悪くなり正常に働かなくなる可能性があります。
    つまり、骨盤の歪みによって、腸の排便活動にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

     

     

    続きを読む≫ 2017/05/27 16:47:27

    腸内にはたくさんの種類の菌が生息していて、
    便通を良くする「善玉菌」や、便秘を引き起こす「悪玉菌」など、
    さまざまあります。

     

    便秘のとき、考えられることとして、
    この悪玉菌が増えてしまっている可能性があります。

     

     

    なぜなら、善玉菌と悪玉菌の量は相互作用し合っていて、
    善玉菌が減ると、悪玉菌が増り、逆に悪玉菌が増えると、善玉菌が減るようになっているからです。

     

     

    詳しくはこちらの記事をお読みください。
    腸内フローラはダイエットに影響大!?便秘や痩せたいを解消する腸内フローラの整え方!

     

    便秘のときの腸内は、善玉菌が減ってしまい、
    逆に悪玉菌がうじゃうじゃと増えてしまっています。

     

     

    便秘の解消を本気で考えるなら、善玉菌、悪玉菌それぞれの関係性について知って、善玉菌を増やす方法を掴むのが効果的です。

     


    悪玉菌が便秘を引き起こす原因は?

     

     

     

    悪玉菌が生存するためにエサにしているのは、お肉のタンパク質やアミノ酸。
    悪玉菌はたんぱく質やアミノ酸を分解する性質があるのですが、
    そのときにアンモニア、フェノールアミン、硫化水素といった有毒ガスや有毒物質も一緒に放出します。

     

     

    それら悪玉菌の副産物が溜まると、お腹が張ってしまい、たまにおならとして出たときに悪臭を放つのですが、
    このように、腸内に有毒ガスや有毒物質が溜まった状態だと、スムーズに便が動かなくなり、
    便が腸内に溜まってしまいます。

     

    有毒なガスや物質も溜まり、腸が張ると、
    便の動きもさらに悪くなり、便もどんどん溜まってしまうので、お腹も痛くなってしまうという悪循環になります。
    そうなると腸内はアルカリ性に傾いているので、
    さらに善玉菌も減る一方で、さらに便の動きも鈍くなるのです。

     

     

    これが、悪玉菌が引き起こす便秘のメカニズムです。

     

     

    以下にあてはまる方、悪玉菌が増えやすくなっています。

     

     

    便秘でお悩みの方、下記にあてはまりませんか?
    あてはまる方、悪玉菌が優勢になり、腸内フローラが乱れている可能性があります。
    便を外に運ぶ役割の善玉菌が不足してしまっているということです。

     

     

    お肉中心の生活を送っている

      悪玉菌はお肉に含まれるアミノ酸やタンパク質をエサにしています。
      そのため、お肉をたくさん食べると、悪玉菌も増えてしまいます。
      一方で、善玉菌は水溶性の食物繊維をエサにしています。
      ですので、お肉を食べるとしても、水溶性食物繊維を含んだ食材を
      一緒に摂っていれば、悪玉菌だけ増えてしまうことはありません。
      ここで言っているのは、お肉中心の食事を摂っている方。
      お肉ばかりを食べてしまっているとしてら、注意が必要です。

     

    物繊維不足

      食物繊維は腐敗物を吸収させて、善玉菌が住みやすい環境を作ってくれます。
      また、水溶性食物繊維は善玉菌のエサであるため、
      食物繊維を摂ると、自然と善玉菌が増えやすくなります。
      一方で、食物繊維を摂らないでいると、善玉菌が住みづらい環境となり、
      代わりに悪玉菌が増えてしまいます。

     

    お腹が張る、おならが臭い

      悪玉菌は有害なガスや物質を生成してしまう作用があります。
      そのため、善玉菌が増えている状態だと、有害なガスや物質が溜まってしまい、
      お腹が張ってきます。同時に臭いおならが増えます。

     

    最近、肌荒れしている

      悪玉菌が生成した有毒な物質は、腸内で溜まってなかなか排出されないので、
      血液中に吸収してしまいます。そうすると新陳代謝が弱まり、
      細胞が生まれ変わるのが遅くなるので、メラニンが残ってしまいお肌がくすんでしまったり、
      また、有毒ガスや物質が最終、お肌の毛穴や汗腺から出ていく時に、
      肌を傷つけたり荒れやすくしてしまいます。

     

    口臭、体臭が気になる

      上に書いたとおり、血液内に入った有毒ガスや物質がお肌から出ていく時、
      または口から出ていく時に臭いを発してしまいます。
      便として出せない分、身体に残ってしまった有毒なものをどうにかして
      出そうとして、体臭や口臭を悪化させてしまいます。

     

    口内炎になったり、風邪をひきやすい

      上に書いたとおり、個血内に入った有毒ガスや有毒物質が口から出ていく時に、
      口内を汚したり傷つけますので、炎症してしまうことがあります。

     

    日々ストレスを感じている

      ストレスを感じると、善玉菌が減少する可能性があります。
      そうすると、善玉菌が腸を運動させる”ぜん動運動”の働きが弱まるので、便通が悪くなります。
      また、善玉菌だけが原因ではなく、ストレスによって、自律神経が乱れるのも、
      腸のぜん動運動を妨げる要因です。というのも、ぜん動運動が活発化するのは、
      リラックスして副交感神経が働いている状態のときなのですが、ストレスを感じると、交感神経が活発化するので、
      ぜん動運動が起きにくくなってしまうのです。
      その結果、便の動きが悪くなり、腸内に留まってしまいます。

     

     

    以上のケースがあてはまるとき、便秘のリスクが高まります。
    いずれも、悪玉菌が増えている状態なのですが、そうなる原因は上のケースのように様々なので、
    どのケースがあてはまるか確認し、そこを重点的に見直していくことが大切です。

     

     

    一方で、善玉菌が増えるとお通じが良くなる理由は?

     

    腸内の善玉菌の代表例が、ビフィズス菌や乳酸菌。

     

    【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?

     

     

     

    ビフィズス菌や乳酸などの善玉菌は、腸内にある水溶性食物繊維やオリゴ糖を分解して
    ”発酵”するのですが、その時に、”短鎖脂肪酸”という酸性の物質を作り出しています。

     

    この短鎖脂肪酸こそが、お通じを良くする正体です。
    善玉菌がお通じに良いと言われるのは、善玉菌がこの”短鎖脂肪酸”を生みだすチカラを持っているからです。

     

     

    短鎖脂肪酸の役割1

    大腸内の粘膜には便を押し出す力があるのですが、その”ぜん動運動”を
    促すのは、短鎖脂肪酸です。短鎖脂肪酸が分泌されると、
    腸の粘膜に働きかけて、ぜん動運動を促します。
    そのため、腸の動きが活発になって、お通じが良くなるのです。

     

    短鎖脂肪酸の役割2

    短鎖脂肪酸は酸性なので、腸内を弱酸性にしてくれます。
    酸性の状態は、善玉菌にとって住みやすく、悪玉菌にとって住みにくい状態です。
    ビフィズス菌や乳酸菌が短鎖脂肪酸を分泌して弱酸性状態を作り出すと、
    自動的に悪玉菌が減って、排便を妨げる腸内の腐敗物は増えません。

     

     

    善玉菌を増やし活躍させる方法は?

     

     

    便秘を解消するのに必要な条件はこうです。

     

    善玉菌 + 善玉菌が発酵するためのエサ = 短鎖脂肪酸の生成

     

     ⇒ 短鎖脂肪酸が悪玉菌を減らす&ぜん動運動を活発化

     

     ⇒ お通じが良くなる ≒ 便秘が解消される!

     

    つまり、便秘を解消するためには、
     1、善玉菌を増やす
     2、善玉菌が発酵するためのエサをしっかりを摂る

     

    この2つが必要です。
    どちらか一方だけだと上手く働きません。

     

    善玉菌を増やす方法

    善玉菌の代表例として有名なのは、乳酸菌、ビフィズス菌です。
    それらの菌といえば、ヨーグルト。

     

    【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?

     

     

    雑誌やテレビ、インターネット上で、
    ”ヨーグルトが便秘解消になる!”と
    良く言われていますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌の一種だから。
    実際にお通じに良いです。
    ヨーグルトにはこの乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているので、
    善玉菌を摂取するのにとても効果的な食べ物です。

     

     

     

    善玉菌が発酵するためのエサを摂る方法

    • オリゴ糖

     オリゴ糖は胃や小腸で消化されずに大腸まで届きます。
     そして、善玉菌のエサとなるので、善玉菌がお通じを良くしようと働くためのエネルギー源になり、
     また、善玉菌自体を増やすことが出来ます。
     


    糖というと、太るイメージがある・・・

     

    と思う方が多いと思いますが、
    普通の砂糖が1gで4カロリーに比べて、オリゴ糖は1gに2カロリーと低く、
    また、腸内で分解されづらく、吸収されにくい性質があります。
    そのため、オリゴ糖を摂っても、脂肪として吸収されずにそのまま便と一緒に排出されやすいので、
    糖分といってもダイエットの見方です。

     

     

    • 水溶性食物繊維

     食物繊維は水に溶けるタイプ(水溶性)と、溶けないタイプ(不溶性)の2タイプに
     大別されますが、水溶性の食物繊維は善玉菌のエネルギー源になります。
     水溶性の食物繊維は大麦やアボカド、納豆など、特定の食品に多く含まれているので、
     それを摂ることで、善玉菌を増やすことが出来ます。
    【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?

     

     

    以上が、善玉菌を増やして働かせる方法です。

     

    善玉菌 + 善玉菌のエサ = 短鎖脂肪酸の生成

     

    つまり、

     

    乳酸菌、ビフィズス菌 + オリゴ糖、水溶性食物背に = 短鎖脂肪酸の生成

     

     ⇒ 悪玉菌を減らす&ぜん動運動を活発化

     

     ⇒ お通じが良くなる ≒ 便秘が解消される!

     

     


    今までに説明した、善玉菌(乳酸菌)、オリゴ糖、食物繊維が3つ一気に摂れる
    食材を発見しました。

     



     

    オリゴ糖は善玉菌が排便活動をしっかり行うためのエネルギー源となるので、
    それだけでも十分必要なのですが、そもそも、腸内に善玉菌が少なかったら、
    エネルギーだけあっても仕方がありませんよね。

     

    こちらの”どっさんこオリゴ便”のすごいところは、
    善玉菌(乳酸菌)も一緒に入っているところです。
    また、さらに、健康的な大きさと固さの便を作るために必要な食物繊維も一緒に含まれています。

     

    これ一つで、腸内を健康に保つための3つの要素を一瞬で摂れてしまうのです。

     

     

    【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?
    (公式ページより引用)

     

    私は毎朝、紅茶を飲んでいますが、
    その中にこのオリゴ糖を入れています。
    【解消法】便秘の腸内は悪玉菌だらけ!?善玉菌を増やす食べ物は?

     

    そうすると、30分〜1間後くらいに便意を催してくるようになりました。
    ビックリするほど、毎日です。
    おそらく、私の身体にはこの方法が合っているのだと思います。

     

    人によって、効果は様々だと思いますが、
    お通じに必要な3大要素が、これ1つで揃うので、
    それぞれ個別に用意しなきゃと気をもむ苦労もなく、楽です。

     

    詳細は公式ページに載っています。
    その他にも便秘の解消方法など、お役立ち知識が載っているので、
    こちらも役に立ちました。

     


     

     

    ⇒便秘の原因は食生活だけでなく、姿勢のゆがみもあります。

    続きを読む≫ 2017/05/24 23:24:24

     

    便秘がなかなか治らない。
    食物繊維を摂るために頑張って野菜もたくさん食べているのに、なんで・・・?
    というときに、考えられる原因はこちら。

     

    食物繊維は、水に溶けるタイプの水溶性食物繊維と水に溶けないタイプの不溶性食物繊維の2種類に大別されます。

    食物繊維を摂っても便秘が解消されないと言う方、片方が不足してる可能性があります。

     

     

    水溶性食物繊維とは?

     

    水溶性という名の通り、便に溶ける食物繊維です。

    食物繊維は腸内の水分を吸収する作用がありますが、
    ”水溶性”の場合、水分を吸収したまま便の中に溶け込んでくれます。
    そのため、便の水分量が増え、便を柔らかくする効果があります。
    便が程良い柔らかさになると、柔軟に腸内を動くことが出来るようになるので、
    排出されやすくなります。
    ただ、水溶性食物繊維が便が溶け込みすぎても柔らかくなりすぎて、
    下痢になってしまうので、摂りすぎには注意が必要です。

     

    腸内に溜まった老廃物や有害物質を排出してくれるデトックス効果があります。

    水溶性食物繊維はベタベタと粘着性があるのが特徴です。
    そのため、腸内に残っている老廃物や有害物質をピタッと吸着して、
    それらを便に溶け込ませて一緒に排出してくれます。デトックス効果が高いです。

     

    腸内環境を健康に保つために必要な善玉菌を増やし、害のある悪玉菌を減らす作用があります。

    善玉菌は腸内を健康に保ち、便を外へ外へと運ぶ力を活発化させてくれるので、
    お通じを良くしてくれる菌です。
    善玉菌は水溶性食物繊維をエサにして生息しているので、
    水溶性食物繊維を食べれば、善玉菌も腸内に増えていきます。

     

     

     

    不溶性食物繊維とは?

    腸の中の水分を吸う効果があるのは”水溶性”と同じですが、
    違う点は、便に溶け込むことができないということです。
    水を吸った不溶性食物繊維に便がくっつけば、便のカサが増します。
    そうすることで、腸内の動きは良くなって、便は外へ外へと押し出されていきます。
    そのため、不溶性食物繊維も通便のためには重要です。
    ただ、この不溶性食物繊維は便に溶けることが出来ない分
    便からも水分を吸収してしまう作用があります。
    吸収ばかりしてしまうと、結果的に、便が固くなって滑りが悪くなります。

     

     

    大事なのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることです。
    そうすることで、便の中の水分量を程良い状態に調節できるのです。

     

     

     

     

    1日に必要な水溶性と不溶性の食物繊維はどのくらい?

    通便を良くするために必要とされる食物繊維の量は下記のとおり。

     

    1日あたりの食物繊維の目標摂取量
    年齢 男性の日あたりの目標量 女性の1日あたりの目標量
    6〜7 11g以上 10g以上
    8〜9 12g以上 12g以上
    10〜11 13g以上 13g以上
    12〜14 17g以上 16g以上
    15〜17 19g以上 17g以上
    18〜29 20g以上 18g以上
    30〜49 20g以上 18g以上
    50〜69 20g以上 18g以上
    70以上 19g以上 17g以上

    (厚生労働省が2015年度に公表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」を参照)

     

     

    水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想的な摂取比率は、1:2と言われています。
    上の表をもとに換算すると、例えば20代女性が食物繊維を理想量である18g摂取するとしたら、
    水溶性食物繊維6g、不溶性食物繊維12gが理想ということです。

     

     

    それぞれどんな食材から摂れるでしょうか。

     

    水溶性と不溶性の食物繊維はどんな食材から摂れる?

     

     

    100gあたりの食材 水溶性食物繊維の含有量 不溶性食物繊維の含有量
    アボカド半分 1.7g 3.6g
    バナナ1本分 0.1g 1g
    レタスの葉大3枚分 0.1g 1g
    キャベツの葉大2枚分 0.4g 1.4g
    トマト半分 0.3g 0.7g
    生エシャロット14個分 9g 2.3g
    生らっきょう14個分 18g 2.1g
    生ほうれんそう3分の1わ分 0.7g 2.1g
    生ブロッコリー大3房分 0.7g 3.7g
    生オクラ14個分 1.4g 3.6g
    生ゴボウ3分の2本分 2.3g 3.4g
    生かぼちゃ4分の1個分 0.9g 2.6g
    納豆2.5パック分 2.3g 4.4g
    白米 0.1g 0.5g
    玄米 0.2g 2.3g
    大麦 6.0g 3.6g
    茹でたしいたけ7個分 0.5g 4.2g
    茹でたなめこ1パック分 1.1g 1.6g
    茹でた白いきくらげ10枚分 1.2g 5.2g
    さつまいも大4cm分 1g 2.8g

     

    以上のことから、分かるのは・・・

     

    日常的な食材は食物繊維の含有量が低い

    成人女性が1日に必要な食物繊維量は合計18gですが、
    毎日意識して食べようとするサラダも、大きなボール1杯食べても、食物繊維量は理想数値より低いです。

    お通じに多い印象のあるバナナやサツマイモなども、
    かなり無理して多くの分量を食べないと、理想数値には届きません。

     

    水溶性食物繊維の比率が圧倒的に低い

    野菜類、いも類、果物類、それぞれ不溶性食物繊維に比べて
    水溶性食物繊維が10〜30%と低いものばかりです。

     

    それぞれ1日に必要な比率は、
    水溶性食物繊維:不溶性食物繊維= 1:2 ≒ 6g:12g が理想ですが、
    通常の食事では、水溶性食物繊維の割合が圧倒的に低いので、
    コントロールが難しいのが分かります。

     

    その中でも比較的、上記の理想比率に近いのは、
    1日にアボカド1個分+納豆3パックの食べ合わせです。
    ただ、これも毎日続けるとなると、カロリーが気になったり、
    日々の食べ合わせによって、難しいことも多いはず。

     

    日常で食べる食材からは、水溶性食物繊維を摂りにくいのです。
    野菜やいもなどを毎日意識的に食べて、食物繊維を摂っていると思っていても、
    実は、”水溶性”の方が、特に足りていないため、便が固くなって滞っている可能性があります。

    続きを読む≫ 2017/05/24 23:22:24

    一生懸命、糖質制限をしているのに、
    体重計に乗っても、減量されなくなった・・・

     

    食べたいところを、こんなにも我慢しているのに、
    辛いダイエットなのに報われない・・・

     

    なんで!!??
    本当は糖質制限ってダイエットに良くない!!??

     

    という状況に陥る方がいると思います。

     

    せっかく辛い思いをして糖質を抜いているのだから、
    効果が出ないなんて、あり得ないですよね。

     

    だけど、むしろ糖質制限をすることで太っていくという言葉も耳にします。
    成功している人がいる反面、逆効果の人もいると言うことでしょうか。
    とてもリスキーな方法なのでしょうか?

     

    炭水化物を抜く糖質制限ダイエットが
    場合によっては太ると言われるのにも、理由があります。
    その理由とはこちら。

    続きを読む≫ 2017/05/24 23:18:24

    糖質 = 太りやすい食べ物

    という情報が様々なメディアで取り上げられているため、
    ”太る”と脅され半分で、ダイエット中は糖質を食べないようにしていました。

     

    もちろん、ケーキなんて論外。糖分の塊なので、
    一口食べただけで何キロ太るだろうかと心配してしまう日々・・・

     

     

    でも、本当は私、超!!!!!!がつくほど、スイーツが好き。

     

    できれば、ケーキを諦めずに、ダイエットに成功したい・・・
    糖分の塊だと分かっていても・・・

     

     

    糖質を我慢しなくても痩せる方法はないのか!?

     

    あなたも同じ状況に陥っていませんか?

     

    共感される方、これから書く記事は少しでも役に立つことあると思いますので、
    よかったらお読みください。

     

     

    続きを読む≫ 2017/05/24 23:15:24

    くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔