ベトベト汗の原因は?エクリン汗腺とアポクリン汗腺の役割が影響してる?

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の役割は?

 

ベトベト汗をかくと、臭いが気になったり、服にシミができたり、また気分的にも悪かったりしますよね。
一方で、さらさらときれいな汗をかく人もいる。
ベトベト汗をかいてしまうのはなぜでしょうか。
原因を探るとエクリン汗腺とアポクリン汗腺の役割が影響していることがわかりました。

 

人間の汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の二種類があることをご存知ですか?
それぞれ、張り巡っている位置が違えば、汗腺からでる成分も違います。

 

 

エクリン汗腺
  • 全身の皮膚表面に張り巡らされており、その数200〜500万個あります。
  • 特に多いのは額、脇、背中、手、足
  • 主に皮膚のシワの隙間や、シワの交差点から出やすくなっています。
  • ニオイは特に無し
  • 色も無色でさらさらとしています。

 

アポクリン汗腺
  • 脇の下、下腹部、乳首、耳の後ろや肛門周辺などの毛穴にあります。
  • ニオイは場合によってあります。
  • 色は乳白色でベトベトしていることがありあす。

 

上記を読むと、ベトベト汗はアポクリン汗腺から出る汗のように感じますね。
なぜアポクリン汗腺はベトベト、エクリン汗腺はさらさら、といったように差があるのでしょうか。
エクリン汗腺、アポクリン汗腺、それぞれの役割は何でしょうか。
下記にまとめました!

エクリン汗腺の基本的な役割は体温調節。

人間はミネラルや塩分を含んだ水分を摂った時に血液が必要なミネラルと塩分だけを吸収し、多すぎて不要な水分を汗として身体の外に出しています。
その時に出るのがエクリン汗腺。そのため、さらさらとしていて、健康的に良い汗です。

 

エクリン汗腺から出る汗は体温調節のためと言われています。
程よい塩分が含まれていて、乾きやすいので基本的には無臭です。

 

激しい運動

激しい運動などをしたときには体温が上がりますよね。体温が上がりすぎてしまうのを防ぐために人間はエクリン汗腺から汗をかき、体温を下げようとします。
体温を下げようとするときに汗が出る部位は、手のひらや足の裏を除く全身からです。
主に額や首、背中、ワキなどです。

 

辛い物

また、香辛料が効いたものや、特に辛いものを食べると汗をかきますよね?
こちらもエクリン汗腺からかく汗の一つです。
主に額や鼻から汗をかきます。

 

精神的発汗

さらにエクリン汗腺は精神的な汗も出します。
よく「冷や汗かいたー!」、「緊張して脇汗かいちゃったよ」と言うのを聞いたことありませんか?
このような汗を精神的発汗と言い、緊張したり、追い詰められたりして焦ると、瞬間的に汗をどっとかきます。
主に足の裏や手の平、脇の下、額から汗をかきます。
デートで緊張して手汗をかいたり、疲れた日ほど足がクサかったりするのも、精神的なものかもしれませんね。
また、仕事のプレゼンなどで詰問されて、額から汗をかいたり・・・
これらはエクリン汗腺から出る汗でもあります。

 

しかし、このような精神的発汗はエクリン汗腺から出る汗だけはありません。
精神的発汗はアポクリン汗腺からも出ます。

 

アポクリン汗腺の基本的な役割はフェロモン!?

上記に述べた通り、精神的発汗はアポクリン汗腺が発する汗の一つ。
エクリン汗腺と違いアポクリン汗腺は、フェロモン汗と呼ばれるほど、相手に臭いを印象付ける汗を出します。
これが動物的な話なら、フェロモンで片付きますが、人間にとってはむしろ臭いがきついと感じますよね。

 

エクリン汗腺はほとんど99%が水分で、残りはミネラルなど。
しかしアポクリン汗腺は汗そのものに、細胞片が混ざっていて、それが臭いの原因になります。
アポクリン汗腺の汗は根元の分泌腺で、細胞の一部が突起してくびれて離脱します。そして、切り離された細胞の破片が汗と混ざって一緒に毛穴から出るのです。
そのため、アポクリン汗腺から出る汗にはたんぱく質(細胞)や脂質を含んでおり、ベトベトと粘り気があります。
この汗を表皮の皮膚常在菌が食べたときに発生するのがワキガなどのきつい臭いです。

 

しかし、最近ではアポクリン汗腺からドロドロ汗が出るということは、体内の毒素が出ている証拠として、デトックス効果に良いと考えられるようにもなっていますし、
動物学的には、本体はフェロモンの一種なので、特に健康に問題があるというわけではないようなのですよね。
ただ、ワキガなどの通称もあるため、やはり良い印象がされていない、というのが現状なのです。

 

そもそも汗はどのようにして作られる!?

汗は基本的に血液が原料になっていて、身体が「汗が必要!」と感じたら、汗腺の分泌部に血液を取り込み、
赤血球など体内に残しておくべきものを取り除いた「血しょう」を汗にしています。
しかし血しょうをそのまま汗として出すにはまだ惜しい。
なぜなら血しょうには身体にとって必要なミネラル類が含まれているため。そのため、分泌部で取り込んだ血しょうは、汗腺を通って皮膚表面に上るまでに、ミネラルを体内に再吸収させていきます。
つまり、エクリン汗腺にはミネラルのろ過機能があるというわけです。

 

 

要注意!エクリン汗腺からベトベト汗がでることもある!?

エクリン汗腺は基本的には塩分を少ししか含まないさらさら汗です。
しかし一方でエクリン汗腺もベトベト汗を出し臭いことがあります。
脇にはアポクリン汗腺以外にエクリン汗腺もありますが、もしエクリン汗腺からべとべと汗が出ていたら要注意!

 

もしエクリン汗腺のある位置からべとべと汗が出ていたら、それは異常な汗です。
本来なら血液に吸収されるべきだったミネラルが、汗に混ざって流れ出てしまっているということ。
つまり、エクリン汗腺のろ過機能が弱まっているということ。
そうなる原因は運動不足にあります。
運動をあまりにもしないと、汗をかく機会が減って、ろ過する機能がだんだん弱まってしまうのです。
すると汗がしっかり出にくくなり、たまに出てもミネラル類など成分が含まれた濃いベトベト汗になることがあります。そうすると臭いも発生してしまいます。

 

するとさらに体温調節がしづらい身体になり、また代謝も下がって太りやすい体質にもなってしまう恐れがあります。

 

エクリン汗腺から出る汗も臭うことがある!?

エクリン汗腺から汗をかいても臭いを発することがあります。
一つ目は、上記に書いたように、ろ過機能がうまくいかなく濃度の高い汗を出してしまったとき。
そして二つ目は、皮膚が汚れているときです。
こちらは正しくは汗がにおうというより、汚れている皮膚に汗が混ざった時に皮膚が臭うと言った方が正しいです。

 

身体をよく合わらずに、皮膚上に角質や角栓、皮脂がたくさん残っていると、汗が出て混ざり合ったときに臭いやすくなってしまいます。
なぜなら、それらの汚れが汗に混ざると、皮膚常在菌(皮膚に住む菌)が分解して副産物に臭いを発してしまうためです。

 

そのため、身体を綺麗に洗って清潔を保っておくことも、汗を臭わせ無くするために重要。必要不可欠なのです。