美脚 白い歯 歯並び 口角UP 唇 足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

ヒールを履くと痩せる?太る?

 

ヒールを履くと、脚が長くなり、全身に対する顔の大きさも小さくなり、スタイル良くみえますよね。
そのため、お出かけのコーディネートにはヒールを合わせたくなります。

 

モデルさんや女優さんなど脚が細い方のヒール姿をテレビや雑誌で見て、
私もヒールを履いてこのようにスラっと細いスタイルを手に入れたいな〜と何度も思いました。

 

よく雑誌やテレビなどで、ヒールを履くと脚が引き締まると聞くことがありますので、一石二鳥かなとも思いましたし・・・

 

しかし、一方でヒールは履かない方が良いという声も聞いたりします。
その理由はさまざま聞きますが、気になるのは「太る」という説。
スタイル良く見せたくてヒールを履いて、結果的に太ってしまっては元も子もないですよね。

 

ヒールを履くと痩せる?太る?どちらが正しいのでしょうか。

 

 

色々調べたり自ら実験したりした結果、個人的意見ですと、
ある程度足の筋肉を鍛えるという意味では、痩せると言える。
しかし、長い目で見ると、履きすぎると太るリスクも出てくる。
という方が多いと思います。

 

どういうことか、理由を詳しく説明していきます。


ヒールで痩せる理由は筋力と基礎代謝UPのため

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

ヒールを履くと痩せると言われるのは、
ふくらはぎや、ももなどの脚の筋肉、またバランスを保つためにインナーマッスルが鍛えられるためです。筋肉量が増えると自然と基礎代謝が上がるため、痩せることが期待できるのです。

 

基礎代謝を高めるためには筋肉が必要です。
基礎代謝とは日々の生活で動いたり頭を使ったりしてエネルギーを消費(代謝)すること。
運動するとなぜ痩せるかというと筋肉がエネルギーや脂肪を燃焼してくれているためです。

 

一般的に下半身の筋肉は全身の筋肉の約7割を占めていると言われるほどで、
脚はとくに、筋肉量を増やしやすい部位なので、鍛えておくと運動ダイエットに効率が良いのです。

 

基礎代謝の高い身体は低い人に比べて同じ生活をしててもカロリー消費しやすく、
脂肪燃焼もしやすいので、特に筋肉量の多い脚を鍛えるのは痩せる近道です。

 

つま先立ちをエクササイズとしたダイエット方法もありますが、
ヒールを履くと、つま先立ちと同じように背伸びをした状態になるので、
ふくらはぎやももなど、脚の筋肉を使います。

 

そのため、ヒールを履くと脚の筋肉が鍛えられるのです。

 

さらに、ヒールを履くと姿勢がピンと伸びる人は◎
姿勢を正してバランスを取ろうとして腹筋や背筋、インナーマッスルに力が入るので、
さらに全身の筋肉が鍛えられ、さらに代謝UPが期待できます。

 

お腹を骨盤の上にバランスよく維持するために、お腹の奥に入れるため、お腹痩せも期待できます。

 

ただ、これには落とし穴がありまして、痩せるのは、ヒールを履いた状態で正しい姿勢を保てている場合に限ってです。
ヒールを履くと姿勢が崩れている人がほとんど。

 

そして問題は、ヒールを履くうえで姿勢が崩れるというのは太るリスクが高まることでもあるのです。

 

それが、ヒールを履くと痩せるという説と太るという説が両方ある理由になっています。

 

 

ヒールで太る理由は姿勢の崩れ!?

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

最大の理由は、ヒールを履くと姿勢が崩れるためです。

 

上に載せた画像はヒールを履いたときになりがちな姿勢の例です。

 

反り腰です。
アヒルのように、背中が反り、お尻を突き出し、膝が曲がりながらペタペタ歩いている女性は街中を観察しても本当に多いことが分かりました。
その状態だと、脚がむくみ、さらには全身太りやすくなります。

 

反り腰になるとなにがいけないかというと・・・
本来、骨盤の上にお腹の内臓が乗っているのが正常ですが、
反り腰になると、骨盤がお腹を支えることが難しくなり、お腹の内臓が前に垂れ下がり、お腹を圧迫してぽっこりと出てしまいます。

 

そうすると上半身と下半身を繋ぐリンパの流れが悪くなるので、脚がむくみやすくなり、下半身太りもしやすくなってしまいます。

 

反り腰の方の中にはあごが前に出て首猫背の状態になってしまっている方もいます。
そうなるとさらに深刻です。
猫背になると、次は身体が顔までうまく支えることができなくなり、顔まわりやデコルテラインがむくみやすくなるのです。
そしてそれも全身太りにも影響を与えやすくなります。

 

 

ヒールで太る原因は他にもたくさん!?

 

ヒールを履くと身体に負担がかかりやすいのは、女性なら誰もが体感してるはず。
さまざまな影響があります。

 

脚のポンプ機能低下のため

 

脚は筋肉の伸縮によって血流を良くするポンプの働きがあります。
そのため脚は第二の心臓と呼ばれることも。

 

普段歩く時のふくらはぎの筋肉の収縮を思い出してみてください。
ペタンコの靴を履いて歩くと、かかとから着地するときにふくらはぎが伸びて、蹴り出すときには縮んでいますよね。
この伸び縮みの繰り返しの中でリンパや血液を送り出しています。

 

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

 

一方、ヒールを履いているときの筋肉の動きはというと、、、
【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

かかとからの着地も蹴り出しも、ずっとつま先立ちの状態なので、
ふくらはぎが張ったままになってしまいます。

 

ずっとふくらはぎが張ったままの状態で伸縮しづらくなるので、
ポンプの働きが鈍り血流が悪くなってしまいます。
そうすると、脚も含めて全身に老廃物がたまりやすくなり、むくみやすくなってしまいます。

 

例えばヒールを履いていても、時折座ったりして脚を休ませて、血流を回復してあげれば、むくみは軽減されるかもしれません。
しかし、1日中経ち続けたり歩き回るような仕事をしている場合、脚に負荷がかかりすぎてしまい、太りやすくなってしまいます。

 

 

指先の筋肉が衰えるため

 

通常の健康な足はかかと、指の付け根、指の腹の3点で地面を掴んで足裏を支えています。

 

こんなかんじ。
【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?
素足や、ぺたんこの靴を履いている方に多いです。
足の指が自由に動かせ、5本で地面をぐっとつかめるので、このように健康的な足裏をキープしやすくなります。

 

この理想の形の時、脚の裏にはこの三角形の線を沿ってアーチを描くように浮いていて、さらに土踏まず部分も浮いています。

 

 

このような健康的な足の場合、
自然と骨盤が閉まり、お腹がきゅっと上がり、あごも引いて正しい姿勢を取りやすいです。
そのため、全身の筋肉が正常に働き痩せやすくなります。

 

 

問題はヒールを履くと、この理想的な足裏の状態が阻害されてしまうこと。

 

ずっとヒールを履いていると、つま先立ちの状態になるため、このように指が反った形になります。

 

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

そのときに力が入っているのは、この指の付け根のオレンジの部分。
そして、ヒールの細い靴で足の指がぎゅっと締め付けられているとき、指先には力が入りにくくなり、
指で地面を掴みづらくなってしまいます。
足指がうまく使われなくなると、先ほどあげた3つのアーチを維持するための筋肉が衰え、アーチが崩れる恐れがあります。
そうすると姿勢が乱れて太りやすく、ましては健康被害を受けるリスクも生まれてしまいます。

 

その目印がこちら。
【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?
ヒールを履き続けて足指の力が衰え、次第にアーチを維持する筋肉が衰えていくと、
ペタンと足裏全体が地面に着くような形になります。
これを、扁平足といいます。

 

足は本来、身体の全体重体重が伸しかかっているため、とても負荷がかかっています。
足裏のアーチは、その全体重を支えるためのバネの役割があります。

 

しかし足裏がペタンコでアーチがなくなると、歩くとき体重移動がうまくできなくなったり、
カバーしようと姿勢が変に崩れて、局部的に筋肉に負荷をかけたりしてしまいます。

 

そして、むくみや代謝低下など太りやすい原因が高まってしまいます。

 

 

歩いた分だけ加重がかかるため

 

先ほども述べた通り、人間の足は体重を支えていますが、歩いたり走ったり動くと加重も増します。
歩くときは1.2倍、走るときは3倍、ジャンプなんてすると6倍も負荷がかかるのです。

 

つまり、歩くというのは体に与えるストレスも大きいため、正しい姿勢なら筋力アップやダイエットなど、プラスに働きますが、
間違った姿勢で歩くと、悪影響も大きいという訳です。

 

一歩一歩、足を踏み込むたびに、良くも悪くも身体に影響を与えます。

 

しかも、厚生労働省の「健康日本21」というプロジェクト調べによると、1日の女性の平均歩数は6431歩、男性が7243歩

 

間違った歩き方をしていると6432回も足に負荷がかかるり悪影響を与えることになります。

 

 

つまり、6432回分だけ徐々に太っていくようなもの!?
と思ってしまいました・・・

 

 

ヒールを履くと太るか痩せるか、その答えは・・・

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

この記事のテーマである、「ヒールを履くと太る?痩せる?」について、

 

その答えは、
代謝を上げるために必要な筋肉をつけるという観点では、「痩せる」に効果的と言えます。
ただし、正しい姿勢を保てている場合に限ります。

 

たいていの場合は、
ヒールを履くと姿勢が崩れやすく、姿勢が崩れると筋肉が変なつき方をしたりと太りやすくなってしまいます。
つま先立ちが続くとふくらはぎが硬直して、血流とリンパの流れが悪くなり、足と身体がむくむ原因にもなります。
また、つま先立ちが続くと脚の指先に力が入りにくく、足裏のアーチがなくなってしまうため、全身の筋肉に負荷がかかりやすくなるというのも太る原因のひとつ。

 

 

個人的には、
たくさん歩く日、1日中立っていることが多い日は、ヒールを履くと危険と太る危険性が高まると思って控えるのをオススメしたいです。
ただ、筋トレのために、たまに履く分には悪くないと思うので、ここ!という日にはヒールを選んでも良いのではないでしょうか。
ただし、極力長時間歩くのは避けたり、座る時間をこまめに確保するのが条件です。

 

おしゃれのためにはヒールを履きたい日もあると思うので、
1日の過ごし方に合わせて履いてみても良いのではないでしょうか。

 

 

とはいえ、ヒールを履いても痩せている美女はいる!?その秘訣とは

ヒールは長時間履いていると太るリスクが高いと書きましたが、
とはいえ、ヒールを履く職業の方で美しい体型をキープされている方もいますよね。

 

例えば、女性誌に載っているようなモデルや女優など。
さらにミスユニバースジャパンでは、美を極めるアイテムのひとつとしてヒールが推奨されていますよね。

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

みんな、ヒールを履いてランウェイを美しく歩いています。
ヒールを履きこなす女性だからこそ、美しいといったような印象さえありませんでしょうか。

 

このような美女たちがヒールを履いても美体型をキープできているのは、
やはり、正しい姿勢を体得しているから、ということが大きいと思います。

 

先ほども書きましたが、ヒールを履いて痩せることがあるとすれば、
ヒールで正しい姿勢をキープしようとインナーマッスルが鍛えられるためです。

 

モデルや女優、ミスユニバースジャパン候補者など美の第一線で働く人たちが美脚なのは、
皆姿勢をぴんと張って、正しい姿勢でいられるからではないでしょうか。

 

ダイエット中だったり、美しくなりたいと思っているあなた、ヒールを履くならぜひ美しい姿勢を意識してみてください。

 

すでに脂肪を蓄えた脚はどうやって痩せたら良いの!?

 

正しい姿勢で脚に負荷をかけないように心がけていけば、今後これ以上太るリスクは減らせるでしょう。
それはそれで良いとして、しかし、すでに太ってしまった脚はどうすればよいの・・・?

 

今までのヒール人生ですでに負荷を蓄積し、足を太らせてしまった・・・それもどうにかしたいというあなた。
ポイントは、インナーマッスルを鍛えて代謝UPすることと、表面についたセルライトを落とすことです。

 

 

でも自力でエクササイズして痩せていく自信はない・・・と思いませんか?

 

しかし、普段の仕事や学校終わりに運動する時間を設けるのは大変ですよね。
しかも効果を出すには毎日続けるのが何より大事ですが、
自力のトレーニングはとても苦しいので、毎日続けるのは相当なストレスになると思います。

 

そのため、すでに太った脚をほっそり痩せさせたいあなたは、先に述べた2つのポイントをいかにストレスなく簡単にできるか、というのが大事になってきます。。

 

インナーマッスルを鍛えて代謝UP
表面についたセルライトを落とす

 

 

この2つにエクササイズなしでアプローチする方法があります。

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

その方法とは音波や電気刺激によるアプローチです。

 

ダイエットやエステ業界において、重宝されている方法が、
RFというラジオ波で脂肪や筋肉を温める方法と、EMSという電気刺激によって筋肉を刺激し鍛える方法、またキャビテーションという脂肪を破壊し減らす方法です。

 

つまり、ポイント1のインナーマッスルを鍛えて代謝をUPするのは、このEMSで簡単にでき、
ポイント2のセルライトを落とすのは、このキャビテーションで出来るわけです。
RFというラジオ波が身体をほぐすウォーミングアップの代わりになるので、さらに効果UPが期待できます。

 

これらの刺激の良いところは、自分自身は身体を動かす必要がなく、
ただ座りながらでもダイエット効果を高めることができること。

 

わざわざ苦しい筋トレやエクササイズをしなくても効果が期待できるというのです。

 

この3つの刺激を備えたダイエット器具が最近芸能人や美容家の間で注目されていて、雑誌などでも取り上げられています。

 

特に最近注目されているのがこちら。


ボニックProという機器です。

 

今説明したRFとEMSとキャビテーションがこの1台に全て備わっており、座ってテレビを観ながらでも楽々使えます。

 

またなんと、このボニックProはあのRIZAPグループの会社が手掛けているではありませんか!
痩せるという結果重視のRIZAP系列な訳ですから、効果の高さが期待できますね。

 

こちらにリンクを載せておくので、興味があるあなたは一度チェックしてみてください。


 

 

さらに体内細胞から美しいコンディションに整えたいあなたには…

しかし、歩き方や姿勢の改善、脂肪燃焼によって、脚痩せ対策をしたとしても、
そもそも食べすぎで脂肪をため込みやすい生活をしているという場合、そもそも摂取カロリーも減らすことも考えなくてはいけません。

 

しかし、食べるのが好きな場合は、食事を我慢するのは重度のストレスになってしまいますよね・・・

 

そんなあなたに朗報です。
ミスユニバースジャパンの公認ダイエットサポートフードに認定されているサプリをご存知でしょうか。
チラコイドというスーパーフードを使った、『チラリッカ』というサプリです。

 

 

ミスユニバースジャパン候補者がヒールを長く履いても、むくみ知らずに痩せている秘密がここにあるかもしれません。

 

なんと、空腹感を抑制する効果があり、ストレスなく食べすぎ防止ができるサプリなのです。
また、血糖値の上昇も抑えるので、食べても太りにくい体質になることも期待できます。

 

実際にミスユニバースジャパンの阿部桃子さんは、
このチラコイドのサプリを飲みながら、-10キロのダイエットに成功したそうではありませんか。

【どっち?】ヒールを履くと痩せる?太る? ダイエットに良い?悪い?

 

ヒールを履いて美脚に見せたくても、同時に痩せたいと考えているあなた、
ストレスなく痩せるには、チラリッカが効果的かもです。

 

公式サイトを載せるので、ぜひチェックしてみてください。


関連ページ

靴底から分かる美脚になれるorなりにくい O脚、X脚の理由は靴底にあった!
すらっと細く伸びた脚、憧れますよね。 スカートもパンツスタイルも素敵に魅せられる。 男性が女性を見るときにチェックするポイントとして、 顔、髪、胸、お尻とさまざまある中で、脚はかなり上位にあるようです。美脚が叶うHOW TOメソッドを紹介します。
あなたの土踏まずチェック!太る原因になっていませんか?
土踏まずがなくなっていませんか? 土踏まずのある、なしで太りやすさが大きく変わってきます。
ヒールを履くと太りやすくなる!?偏平足の影響力
”ヒールを履くと痩せる”とか、”足の筋肉がつく”とか、良い影響も言われていますが、選ぶ靴や歩き方によって、足だけでなく全身が太りやすくなる可能性も潜んでいます。
偏平足はダイエットの天敵!土踏まずのアーチの再生方法は?
ヒールを履いている方は特に偏平足になりやすいです。偏平足になると太りやすくなるため、アーチを再生する必要があります。どうやったらアーチが再生されるのでしょうか。
垂れ尻、デカ尻の3つの原因と美尻のための3つの条件
順調に痩せてスリムな体型を手に入れたのに・・・お尻がぼよ〜んと、たるんでいるではないか!!!腹筋も背筋も、足の筋肉もついて、なぜお尻だけ?!原因を探りました。
【エクササイズ不要】垂れ尻デカ尻を解消する3つのヒップアップ方法
特別なエクササイズをする時間を割かなくても、 普段の立ち姿勢や歩き方を改善するだけで、 十分美尻に近づけます。 体感した効果的な方法をご紹介
膝の高さが左右で違う!?原因と身体への影響は?
お風呂上がりに鏡を見たら、自分の脚の膝の高さが左右で違うことに気がつきました。これ、姿勢が歪んでいるということでしょうか?また、ダイエットに悪影響はないでしょうか?
ボニックProを自ら口コミ!効果の原理を徹底検証
脚痩せやお腹のくびれなど、自力のエクササイズで鍛えるのは大変ですが、ボニックProならダイエットが驚くほどラク!?と話題です。では、なぜ痩せる期待ができるのか、その原理について調べてみました。

くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔