白い歯 歯並び 口角UP 唇 足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

歯は磨きすぎると黄ばみの原因になる!?

歯の黄ばみって気になりますよね。
毎日ちゃんと歯磨きしているのに、年々黄色くなってきている。
歯磨きしても黄色が落ちない、なぜ?と悩んでいました。

 

なんとなく歯の黄ばみって、頑張って歯磨きして歯の表面を削ってしまえば、歯本来の白い部分が浮き出て来るのでは?と思いませんか?
しかし、実際は一生懸命に歯を磨くのはかえって逆効果になってしまいます。
磨きすぎると、白くなるどころか、さらに黄ばみを加速させてしまうリスクもあるのです。

 

そのことを知らずに、研磨剤の入った歯磨き粉をつけて、削ることを目的に歯をゴシゴシこすっているとしたら、要注意です。

 

  • なぜ歯を磨きすぎてはいけないのか?
  • なぜ歯磨きが黄ばみの原因になり得るのか?
  • 本当はどのようなケアが黄ばみ対策に効果的なのか?

 

上記の疑問について、まとめます!


なぜ歯は黄ばんでしまう?原因は?

 

歯が黄ばむのは、汚れが付着していると思っていますか?
もしくは、加齢(老け)の表れとして歯が自ら黄ばんでいると思っていますか?

 

正しくは、紅茶やコーヒーに含まれるポリフェノールが歯に着色することによって、黄色く見えてきます。

 

歯だけでなく、白い陶器のカップも同様。
洗って乾いたカップにも内側に茶色い輪のような汚れがついていませんか?
これも茶渋。カップに紅茶やコーヒーを入れたまま長時間放置してしまうと、カップの表面い茶渋(ポリフェノール)がくっついてしまい、スポンジで軽くこするだけではなかなか落ちなくなってしまいますよね。

 

それと同じで、歯もポリフェノールの成分が歯に付着してから時間がたつと、どんどん沈殿してしまい、落ちづらくなってしまいます。
私たちは普段からコーヒーや紅茶など色のついた飲み物を飲むことが多く、しかも食事以外の時間帯ならそのあと歯磨きしないことの方が多いですよね。
そうすると、飲んだ後も口の中に成分が残ってしまい、白い歯に色素が沈着してしまうのです。
それが、皆さんに見られる歯の黄ばみの原因です。

 

 

歯を削るのが逆効果なのはどうして?

 

単純に歯の表面に色が付着したのなら、単純に毎日の歯磨きでその表面を削り落ちしてしまえば良いのでは?と思いませんか?
しかし、それは逆効果。

 

ではなぜ、歯を削りすぎてはいけないのか。
なぜならエナメル質を削ってしまうため。

 

歯の表面はエナメル質という層に覆われています。
こちらは歯を虫歯などのトラブルから守ってくれてる役割があったり、つるつるしているので、汚れもつるっと取りやすくしてくれています。

 

これが、その黄ばみを取ろうとして、研磨剤などが入った歯磨き粉をつけてゴシゴシこすってしまうと、歯のエナメル質が削れたり、傷つけてしまう可能性が少なからずあります。

 

このようにして歯の表面が削れたり傷ついてしまうと、コーヒーや紅茶の茶渋が傷口から奥まで染み込みやすくなってしまいます。
また、歯が削れたり傷つくと表面が凸凹してしまうので、汚れがしっかりハマってしまって、歯磨きしただけでは簡単に落とせなくなってしまうのです。

 

そのため、黄ばみを落とそうとして時に、歯を削れるまで磨くというのは逆に汚れを吸いつけて落ちづらくしてしまうので、良くありません。

 

 

【自宅でできる!】歯の黄ばみの正しい落とし方

 

歯の黄ばみを落とそうと思ったときに、むやみにゴシゴシ強く歯を磨きすぎるのは止めましょう。
しかし歯医者さんのホワイトニングはとても高額…できれば自宅で歯を白くしたい…そう思いませんか?

 

歯を白くしたいなら、”削る”のではなく、”浮かす”とイメージが効果的です。

 

歯の黄ばみを浮かしてくれる成分は、”ハイドロキシアパタイト”や”塩化リゾチームが代表的です。
市販の歯磨き粉を使う時、成分表をチェックしてみましょう。
その成分が入った歯磨き粉を使って、歯をゴシゴシこするのではなく、歯全体に行き渡らせてあげるイメージでやさしく磨くのが効果的です。

 

 

ただし、歯を磨くタイミングにも注意が必要

歯を磨くのにもタイミングが重要です。
なるべく避けたほうが良いのは、食事の直後の歯磨き。

 

なぜなら食べ物を食べてすぐのときは、エナメル質が弱くなっているため。
誰の歯にも虫歯菌は生息しているのですが、食べ物が口の中に入ると、糖分やたんぱく質をぱくぱくと食べ、そのときに副産物として、酸を放出します。
そして、この酸はエナメル質を溶かしてしまいます。
このことを脱灰といいます。
これは誰の歯にも起こる、正常な反応なのです。

 

しかし、虫歯菌がエナメル質を溶かしたとしても、人間の口の中には唾液が出るので大丈夫。
この唾液に含まれるカルシウムやリン酸が、石灰化した(溶かされた)エナメル質の成分をふたたびもとに戻してくれます。
つまりまた歯の表面に固まってくれます。
そのことを再石灰化といいます。

 

この石灰化(エナメル質が溶ける)、再石灰化(エナメル質がもとに固まる)は、食事のたびに繰り返されます。
注意が必要なのは、石灰化のタイミングで歯磨きしてしまうこと。

 

食事をした直後、エナメル質が弱くなっているときすぐ歯を磨いてしまうと、歯の表面が傷つきやすくなってしまいます。
そうすると、歯の黄ばみも付着しやすくなるので、せっかく美意識で歯を磨いても、歯が黄ばみやすくなり、笑顔が台無しになってしまいます。

 

しかしだからと言って歯磨きをせずに食べカスが歯にずっと残った状態だと虫歯菌がずっと酸を放出し続けてしまうのでいつまでたっても、
石灰化が止まらず歯磨きするタイミングを逃すし、虫歯など別の問題に発展してしまいます。
そのため、食事のあとは、歯磨きに向けてワンステップ準備が必要。
水などを口に含み簡単にゆすいで、食べかすを歯にたくさん残さないようにしてあげましょう。そうすることで再石灰化しやすくなり歯磨きOKになります。

 

歯を磨くのは、食後、歯をゆすいでから30分後くらいにするのがお勧めです。
そのころには再石灰化がされ、エナメル質が特別傷つきやすい状況ではなくなってくれています。

 

 

まとめ

  • 歯は磨きすぎると歯が傷つき、黄ばみが沈殿して取れにくくなる
  • 黄ばみは削って落とすのではなく、浮かして落とすのが賢明
  • 歯を磨く前にまず歯をゆすぐ!
  • 歯を磨くタイミングは食後30分ほど経過してからの方が歯が傷つきにくい

 

 

以上です。
黄ばみが気になる方は、ぜひ参考になさってください。

関連ページ

歯が白いだけで美人度が倍増!?自宅で黄ばみを落とす方法
ナチュラルビューティの要素として、口元はとても重要。美人は歯が命と言われるほど、歯並びや白い歯が重要で、また乾燥知らずの潤った唇や、美しく口角が上がるのも、美人の条件。日々のちょっとした努力で近付ける方法を紹介します。
笑顔美人の条件は?第一印象で好かれる顔の共通点
ナチュラルビューティの要素として、口元はとても重要。美人は歯が命と言われるほど、歯並びや白い歯が重要で、また乾燥知らずの潤った唇や、美しく口角が上がるのも、美人の条件。日々のちょっとした努力で近付ける方法を紹介します。

くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔