笑顔美人の条件は?第一印象で好かれる顔の共通点

人の第一印象がどれだけ重要か、ご存知ですか?

 

”恋愛は出会って3秒で決まる”

 

”就活は第一印象で8割決まる”

 

このような言葉をテレビや雑誌、各メディアでよく耳にしますよね。
でもこれは本当にその通りで、第一印象の良し悪しで、その人のことが「なんとなく好き」、「なんとなく嫌い…?」と感情に差が生まれてしまうようです。
マイナビウーマン調べによると、人が最も第一印象の良し悪しを左右するパーツには傾向があるようです。

 

  • 第1位/「肌(顔)」……39.4%
  • 第2位/「髪」……26.6%
  • 第2位/「目」……26.6%
  • 第4位/「歯」……7.5%

 

 マイナビウーマン調べ

 

 

肌も髪も、歯も、美しい方が好印象、汚いと直観的に逆の印象を受けてしまいがち。
たしかに自分自身も人を見る時に同じように感じることがあるので、共感できます。

 

またもっと言うと、肌や髪や歯、それぞれ美しくしている人は、なんとなく、清潔感があって、手入れをしっかりしているように見える。
人によっては同じように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そして、上記のランキングにある肌や目、歯などをより目立たせるのは表情。
笑い方も見る人の印象を分けるポイントだと思います。
そのため、笑顔の作り方も印象という観点からはとても大事。 

 

第一印象を大きく左右する“目”も笑顔の時に形が変わりますし、
”歯”なんて笑うとより一層露わになります。

 

心理学的に言うと、人には鏡の法則があり、周りの人が自分に向ける感情や行動は、自分自身を映し出しているそう。
それが本当だとすると、自分が好印象な笑顔でいれば、周りの人も自分に対して好印象を持ってくれるのではないでしょうか。

 

現に、仕事でもプライベートでも気難しい人がふっと笑うと、周りの緊張がほぐれて場がなごみますよね。
自分が相手に与える印象も同じだと思います。

 

笑顔が素敵なほど、好印象を与えるのではないのでしょうか。
素敵な笑顔の人は、美しく見え、好かれやすいと思います。

 

そのような素材から出る美しい笑顔の作り方をまとめます!


 

黄金比・白銀比の笑顔は自然と美しい

美人には黄金比があります。
人間がこの世のものを美しいと感じる比率は1 : 1.1618 だそうで、これを黄金比と呼んでいます。
しかし、日本人の場合は少し違っていて、1 : 1.414 も美人と受ける傾向があり、この比率を白銀比と呼んでいます。
黄金比はTHE!王道美人で、白銀比は可愛いという印象を受ける比率と言ったらよいでしょうか。
日本人は可愛いものを愛でる文化があるので、白銀比の芸能人は人気が高いです。
いずれもおおよその美人比率は下記のとおりです。

 

おでこ : 眉〜鼻 : 鼻下〜顎 までの比率が約1:1:1
輪郭〜目尻: 左目 : 左目頭〜右目頭 : 右目 : 目尻〜輪郭 の比率が1:1:1:1:1
鼻が目と目の間の中に収まっている

 

こちらの比率があてはまっている方が有利ですが、芸能人でもない限りなかなかいないです。
しかしご安心あれ。笑顔の時は自然と目や口元に目が行くので、パーツをそれぞれ美しく見せることで、全体の印象が良くなることがあります。

 

そういう意味で、大事なのが口元です。

 

口元が美しいと思う笑顔はどんなでしょうか?
ポイントをこれから一つ一つ挙げていきます。
笑顔に見える口元はこちら!

 

@口角が左右均等にU字に上がった笑顔

 

こちら、美人の必要不可欠条件!
人の笑った顔を見たときに「ん?」とネガティブに感じてしまうのは口角が歪んでいる笑い方。
そういうときって、無意識になんとなくマイナス印象を受けてしまうのですよね。
もちろん、それだけでその人の人格を嫌いになったりはしませんのであくまで印象の話ですが、たかが印象、されど印象です。
異性だとなんとなく恋愛対象ではなくなるというかんじです。

 

そのため、笑うときは口角が左右に歪まずに、均等につり上げるの理想。
口元が左右均等に笑っていると美人に見えます。

 

 

 

A上唇がぷっくりV字ラインを描いている

笑顔美人の条件は?第一印象で好かれる顔の共通点

 

次は唇の中でも上唇がポイント。
上唇がぷっくり膨らんだままきれいな曲線V字が描けていると、美しい笑顔に見えます。

 

よく女優やモデルを観察すると、笑っているときの上唇がぷっくり美しい方が多いです。

 

特に私なんかがこのコンプレックスを抱いているのですが、笑うと上唇が口の中に食い込み隠れてしまい、
上唇が極端に薄くなるのですよね。
そうすると、口元の輪郭がぼやけてしまい、あまりきれいに見えません。

 

笑顔の際に上唇をぷっくりさせるには、鼻の下と口角の筋肉が必要です。

 

筋肉のつけ方
鼻と上唇の間に割りばしを挟みます。
その状態でイーっと歯を見せて笑ってみましょう。

筋肉が弱いと箸を支えられずに落ちてしまいます。
落ちないように筋肉をつけましょう!

 

 

B白く光った歯

 

 

笑顔で歯を見せた際に、
せっかく素敵な笑顔でも歯が極端に黄ばんでいたり、歯茎が紫や黒く濁っていると、なんとなくがっかりしてしまいます。
一方で、笑顔の際に歯が白くキレイだと、より一層、顔色が明るく見えて、美しい印象を与えられます。

 

 

Cキレイな発色で潤った唇

 

 

笑顔を向けると、自然と目線が口元に行くので、状態が美しいと好印象、悪いと悪印象になります。
笑ったときに唇がカサカサしていると、美人だな〜、可愛いな〜と思う感情が半減してしまいます。

 

一方で、潤っている唇は、お肌をみずみずしく見せ、さらに若く美しい印象を与えられます。

 

また、唇の色も女性の顔を大きく左右する要素です。
唇の色がピンク、赤、違うだけで、その人の印象を妖艶にも可愛らしくも、ミステリアスにも、大きく変えます。
本当に唇の色が与える印象は大きいのです。

 

以上が美しい笑顔の条件です。
このように美しい笑顔の条件として、大きい影響を与えるのは口元です。

 

筋肉を鍛えるのも、歯や唇を美しく保つのは日々のちょっとした努力の積み重ねで叶いやすいので、
ハードルを高く思わずに少しずつ挑戦してみてはいかがでしょうか。