白い歯 歯並び 口角UP 唇 足の臭い むくみ 白髪 腸内環境 アンチエイジング

歯が白いだけで美人度が倍増!?自宅で黄ばみを落とす方法

歯が白い人と、黄色い人では、かなり美人の度合いが異なってきます。

 

芸能人などテレビに映る人は、歯が命と言われていますが、
どんなに美人の人でも、笑った時に見せる歯が黄ばんでいると、
少なからずがっかりしてしまいますよね。

 

歯が白いと、清潔に見えるし、顔の印象も明るくなります。
笑った顔は魅力的に映る表情なので、歯が白いとより一層、美人に見えます。

 

日々のちょっとした気遣いや努力で白い歯に近付けるもの。
そもそも、歯が黄色くなってしまう原因は何なのでしょうか。
対策方法を紹介します。


歯が黄ばむ食べ物・飲み物と、黄ばむ原因は?

歯が黄ばむ原因として、よくタバコを吸っている人がヤニによる歯の黄ばみを悩んでいますが、
タバコを吸わないから大丈夫という訳ではありません。
食べ物や飲み物によっても、歯が黄ばむことがあります。

 

歯が黄ばみやすい食べ物、飲み物って意外とたくさんあるんです。

 

例えばコーヒーや紅茶、チョコレートなど、いかにも茶色いものは、歯が黄ばみやすいです。
なぜなら、それらに含まれるポリフェノール(例えばタンニン)や、カフェインが
歯の黄ばみの原因だからです。

 

 

歯が黄ばみやすいもの

コーヒー
紅茶
緑茶
ウーロン茶
チョコレート

 これらにはカフェインやポリフェノールが多く含まれています。
 歯の黄ばみの原因となります。
 ポリフェノールは飲み物によって含まれる種類は異なっていますが、
 例えばコーヒーの場合はクロロゲン酸やタンニンというポリフェノールが歯を着色しやすく、
 紅茶の場合もタンニンが多く含まれるので着色しやすい飲み物です。
 特に、紅茶の場合はかなり深刻。タンニンの含有量が多いため、マグカップにつく茶渋のように、
 歯も簡単に変色させやすいです。
 紅茶なんかはよく茶渋と言われたりしますが、他の飲み物に比べても、
 歯につくことで茶色く色づきやすい飲み物です。

 

 

また、カフェインやポリフェノールの成分意外にも、
カレーやトマトケチャップなど色の濃い食べ物にも歯を黄色く汚しやすい要素があるため
注意が必要です。

 

カレー

カレーに含まれるウコンも黄ばみの原因になります。

トマト系のケチャップなど

トマトは酸性の強い食材なのですが、口の中が酸性に傾くと、歯を汚れから守る”エナメル”がすり減ってしまい、
歯に色が沈着しやすくなってしまいます。

歯の黄ばむを抑えたいなら、牛乳をあわせるべし!

歯の黄ばみの特に大きな原因は、
ポリフェノールに含まれる”タンニン”という物質なのですが、
前に述べたように、コーヒーや紅茶に多く含まれます。
特に紅茶にはたくさん含まれているので、そのまま飲むと歯が黄ばんでしまいやすいのです。

 

ここで役に立つのが、牛乳です。

 

牛乳には、カゼインという物質が含まれているのですが、
この物質はタンニンをくっつけて、歯に着色するのを抑制してくれます。

 

そのため、紅茶やコーヒーに牛乳を混ぜて、ミルクティーやカフェオレにして飲めば、
タンニンの着色を弱めることが出来るので、オススメです。

 

紅茶やコーヒーを飲んだ直後はすぐに水ですすぐべし!

コーヒーや紅茶を飲んだあと、そのまま口の中が乾燥してしまうと、
黄ばみの汚れが乾いてそのままこびりついてしまいます。

 

それを日々繰り返していると、
徐々に徐々に歯の変色が定着してしまうのです。

 

そうなると、後で一生懸命に歯磨きをしても、なかなか白く戻らなくなります。

 

大事なのは、コーヒーや紅茶といった黄ばみの原因となるものを摂った後、
すぐに水で口をゆすいで、歯につくカフェインやポリフェノールの量を洗い流して上げることが大切です。

 

カフェなどで友達とお茶をしてるときは、お話に盛り上がるので、
口も乾きやすいため、
可能ならば、お冷(おひや)を一緒にもらって、コーヒーや紅茶を飲んだら、
お水も交互に飲むといったことをすると、より良いです。
まあ、これは出来ないことも多いと思いますが、出来るならオススメです。

 

食後すぐに歯を磨くのは逆効果!?

歯磨きをするとしたら、食後の人が多いと思いますが、
食後の磨くタイミングには注意が必要です。

 

歯はそもそも象牙質、エナメル質に層が分かれていて、
エナメル質が歯を汚れから守っています。

 

 

エナメル質はマニキュアでいったら、トップコートのようなもの、
皮靴でいったら、防水スプレーのようなものです。

 

このエナメル質は酸性に弱いのですが、
食事をすると、口の中は酸性に傾きます。

 

酸性に傾くと、歯を汚れから守るためにコーティングされている”エナメル”という所が、
すり減りやすくなってしまいます。

 

そんな状況の中で、歯磨きをすると、
エナメルがすり減ったり、傷つきやすくなってしまいます。

 

そうすると傷から汚れが付着しやすくなり、
歯が黄色や茶色い色もつきやすくなるのです。

 

 

食事をして、すぐの時は、口の中が酸性に傾いているので、
そのときに歯を磨くのは大変危険です。

 

食事をしてから30分は口の中を休ませましょう。
30分も経てば、唾液が出て口の中を中和してくれるので、
歯のエナメル質も通常の丈夫な状態に戻ります。

 

 

食後、歯を磨くなら、30分は経過してからがオススメです。

歯磨き粉は研磨剤が少ないものを選ぶべし!

前に述べたように、
歯は象牙質とエナメル質に層が分かれているのですが、
エナメル質を削って傷がついてしまうと、その傷口から汚れが入り、沈着されやすくなります。

 

歯を磨いた後に舌で歯の表面をなぞると、
ザラザラとしている時がありませんか?
それは歯が磨き足りずに汚れがついているからではなく、
逆に磨きすぎて歯の表面が削れてしまっているためです。

 

歯を削りすぎて、象牙質まで汚れが届いてしまったら、もう深刻です。
象牙質は大変デリケートなため、汚れがつくとなかなか落ちないですし、
虫歯などの原因にもなってしまいます。

 

歯の着色を防ぎたいなら、歯はなるべく削らない方が良いです。
そのため、研磨剤の入った歯磨き粉はなるべく避けましょう。

 

どんな成分が研磨剤?

歯磨き粉のパッケージに書かれた主成分を確認してみましょう。
炭酸ナトリウムやケイ素が入っていたら、それが研磨剤です。

 


歯を白くするには汚れを溶かしたり浮かしたりする歯磨き粉がオススメ!

歯を白くするために、歯の黄ばみを一生懸命はぶらしで削ろうとするのは、
逆効果です。

 

最近売られている歯磨き粉のパワーは、削るというアプローチよりも、
黄ばみを溶かす、浮かすというアプローチのものが多くなっています。

 

そういった歯磨き粉の方が、歯のエナメル質を傷つけずに黄ばみの汚れを落とすことが出来るので、
次の汚れもつきにくくなるのです。

 

どんな成分が入っている歯磨き粉なら良いの?

歯の汚れを浮かし溶かす成分はというと、こちらです。
ピロリン酸ナトリウム
ポリリン酸ナトリウム
シリカ
ハイドロキシアパタイト

 

このような成分が入った歯磨き粉を選ぶと、
歯の黄ばみを落とすのに効果的です。

 

歯が白いだけで美人度が倍増!?自宅で黄ばみを落とす方法

歯が白い人と、黄色い人では、かなり美人の度合いが異なってきます。芸能人などテレビに映る人は、歯が命と言われていますが、どんなに美人の人でも、笑った時に見せる歯が黄ばんでいると、少なからずがっかりしてしまいますよね。歯が白いと、清潔に見えるし、顔の印象も明るくなります。笑った顔は魅力的に映る表情なので...

≫続きを読む

笑顔美人の条件は?第一印象で好かれる顔の共通点

人の第一印象がどれだけ重要か、ご存知ですか?テレビや雑誌、各メディアでよく耳にする言葉、”恋愛は出会って3秒で決まる””就活は第一印象で8割決まる”このように、第一印象がどれだけ好き嫌いの感情に影響するか、その力は大きいようです。マイナビウーマン調べによると、人が人に対して最も第一印象を左右するパー...

≫続きを読む

歯を磨きすぎると黄ばみの原因になる!?

歯の黄ばみって気になりますよね。そして、その黄ばみを落とそうと思ったとき、歯の表面を削ってしまえば、歯本来の白い部分が浮き出て来るのではと感じてしまいます。しかし、歯の黄ばみをなくして白い歯を取り戻そうと一生懸命に歯を磨くのはかえって逆効果になってしまいます。そのことを知らずに、研磨剤の入った歯磨き...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔