足の臭い むくみ 二重あご  アンチエイジング

オトガイ筋を鍛えるとケツ顎になる!?二重あごを治したい方必見

よく二重あごの悩みを調べていると、オトガイ筋を鍛えるのが良いと出てきますが、もっと調べるとオトガイ筋を鍛えすぎるとケツ顎になってしまう恐れもあると出てきます。

 

わたし、切実に二重あごを治したい!すっきりとしてあごのラインをつくって、小顔になりたい!本当に切実なんです。
だから、効くといわれるものは試したいし、効果も出したい。
でも、ケツ顎になるのは、それはちょっといや。
いや、ちょっとどころか、かなりいや。だって、小顔になりたいのにケツ顎はがっちししたイメージがありますもんね・・・

 

オトガイ筋、本当に二重あご予防になるんですか?
なったとして、ケツ顎になるリスクも伴っているんですか?

 

この二つが大きな疑問なので、調べてみました。わかったことを共有させていただきます。

 


<疑問1>オトガイ筋を鍛えると本当に二重あごの防止になる?

 

オトガイ筋の位置

 

オトガイ筋を鍛えるとケツあごになる!?二重あごを治したい方必見

 

オトガイ筋はこのように、顎の先に左右一つずつある筋肉のため、
こちらが衰えると顎先がたるみやすくなります。
そのため、オトガイ筋を鍛えることで、あご先が引き締まり、二重あごが改善されます。

 

 

 

 

<疑問2>オトガイ筋を鍛えるとケツ顎にもなってしまう?

 

答えはある程度ならNO 鍛えすぎるとYESです。
理由はオトガイ筋が位置する部位にあります。
オトガイ筋がある位置は、顎の左右です。左右に一つずつ、計2つあります。
そのため、鍛えすぎると、ポコッポコッとと左右に膨らみができてしまい、
二つのオトガイ筋の間が谷間になるので、ケツ顎に見えてしまうのです。
ただし、鍛えすぎない限り、谷間になるほどポコッポコッと膨らまないようです。
ある程度のエクササイズなら、二重あごがなくなる程度で済み、ケツ顎までにはならないということ。それなのに、度を越して鍛えてしまうと危険です。

 

でもそれだと、いつまでたっても二重あごが治らないからと言って鍛えすぎてしまったらケツ顎になってしまうじゃない・・・

 

当然、この疑問が生まれました。
二重あごが治らない限り、頑張って筋トレし続けてしまうと思います。
それにどこまでが鍛えすぎで、どこまでならセーフかなんて、分かりにくい。なんなら、ケツ顎になってからでないと、”鍛えすぎだった!”という事実なんてわからないのではないか?
そう思ってしまいました。ただ、もっと調べてみると大事なことに気がつきました。

 

 

二重あごの原因はオトガイ筋の衰えだけではない。

さまざまな要因が重なって二重あごになっている。

 

たとえば、オトガイ筋の衰えはもちろんですが、そのほかにも、いろんな要因があります。

  • 猫背による血行不良によるむくみ
  • 猫背による背筋の衰えによる顎のたるみ
  • 猫背による顎下から首まわりの筋肉の衰えによる顎のたるみ
  • 口呼吸などによる舌を支える筋肉の衰えによる顎のたるみ
  • 口呼吸などによる表情筋の衰えによる顎のたるみ
  • 食べ過ぎによる脂肪があごにたまる

 

猫背になると顔や首の筋肉がうまく使われずに衰えてしまうのですが、
その時に衰えてしまうのは、オトガイ筋だけではありません。
他にも衰えてしまう筋肉があり、それも二重あごの原因になります。
現に顔の筋肉というとこれだけ種類があります。

 

オトガイ筋を鍛えるとケツあごになる!?二重あごを治したい方必見

 

  • 黄緑:小頬骨筋
  • 紫:大頬骨筋
  • ピンク:咬筋
  • 口まわりのピンク:舌骨筋
  • オレンジ:オトガイ筋
  • 首まわりのピンク:広頸筋
  • 水色:顎二腹筋
  • 青:胸鎖乳突筋

 

 

 

 

二重あごを改善しようと考えた時に、オトガイ筋のとレーニングだけに集中してしまうと、1方向からしかアプローチできないため、効果は弱まります。
そのため二重あごがなかなか改善されず、オトガイ筋だけより一層鍛えることになってしまいます。
そうなるとケツ顎のリスクも高まってしまいます。

 

一方で、
オトガイ筋以外の二重あごの要因もしっかり把握して、
多方向からアプローチしていけば、その分効果が高まるので、
二重あごの改善が見えてきます。そうすればオトガイ筋のトレーニングは度を越さないように控えて調整でき、ケツ顎になるほどには鍛えずに済みます。

 

その多方向からのアプローチとは、以下のようなイメージです。
オトガイ筋を鍛えるとケツあごになる!?二重あごを治したい方必見
・オトガイ筋のトレーニング →
・大頬骨筋や咬筋などほっぺたの筋肉UPのトレーニング →
・広頸筋のトレーニング →
・舌骨筋のトレーニング →
・顎二腹筋や胸鎖乳突筋など首周りのトレーニング →
・姿勢改善のトレーニング →
・むくみ改善のデコルテマッサージ →
・食事改革 →

 

→二重あごの改善

 

大事なのは、二重あごを治そうとしたらオトガイ筋のトレーニングだけに頼らないことです。

 

 

 

<まとめ>

  • オトガイ筋は二重あごを改善するために必要な筋肉である
  • オトガイ筋は鍛えすぎると二重あごのリスクがある
  • ただ、二重あごの原因はオトガイ筋の衰えだけではない
  • そのためオトガイ筋だけ必要以上に鍛えようとせず、他の筋肉もバランスよく鍛えればケツ顎になるほどオトガイ筋を鍛えなくても二重あごを改善できる 

 

以上がまとめです。
次の記事からは、それぞれの筋肉の鍛え方をいきます

二重あごがなくならない!その原因は意外な癖にある!?

あのブヨンブヨンにたるんでいる二重顎。二重顎ができるのは、単純に中性脂肪が多いから、というわけではありません。なぜなら、私の場合なのですが、ダイエットをして頑張って体脂肪23%くらいまで落としたのですが、それでもなぜかパンパンの顔だけはなかなか痩せていかなかったためです。体脂肪が下がって痩せていく身...

≫続きを読む

【体験記】二重あごを無くす正しい姿勢とは?

この記事が役立つ方二重アゴやパンパンの顔に悩む方下半身は割と痩せているのになぜか首や顔、肩だけ太っているという方その原因は猫背、特に首猫背かもしれません。表情筋やアゴの筋肉は、背筋が頭を通って、上に引っ張っています。しかし猫背になると、背筋が伸びてしまい、顔の筋肉を引っ張る力が弱まってしまいます。そ...

≫続きを読む

豚鼻になる原因と目立たなくする方法

団子鼻にプラスし、鼻の穴が前を向いている豚鼻、コンプレックスすぎて整形したくなります。でも、普通のOLで大学の頃の奨学金返済もあり、整形できるほどのお金が全然ない。どうして私だけこんな豚鼻なんだー!!!!神様、どうして私を選んだのだ、、、整形せずに、お金をかけずに治せる方法がないものか、あらゆる角度...

≫続きを読む

継続は力なり!こうして豚鼻は目立たなくなった!治し方を紹介

前の記事で豚鼻の原因を説明しました。豚鼻の原因表情筋の衰えによる顔のたるみ口呼吸による顔のたるみ猫背による顔のたるみ鼻筋が通りが弱いためによる鼻先の広がり鼻のいじりすぎによる小鼻の広がりこれらの原因を改善することで少しでも豚鼻を目立たなくする方法を色々試した結果、効き目があるものを紹介します。

≫続きを読む

下駄を履くと小顔&痩せ体型になる!?

十代の頃、ポッチャリ&二重アゴに悩まされていたのですが、20代後半の今、10キロ以上痩せて、アゴもスッキリになりました。しかし、食べる量も運動量も変わっていない。何をしたかというと思い当たるのは、下駄を履いたことがきっかけで、姿勢を大きく改善したこと。昔は超猫背で、立ち仕事をしていると腰、首が凝り、...

≫続きを読む

オトガイ筋を鍛えるとケツあごになる!?二重あごを治したい方必見

よく二重あごの悩みを調べていると、オトガイ筋を鍛えるのが良いと出てきますが、もっと調べるとオトガイ筋を鍛えすぎるとケツ顎になってしまう恐れもあると出てきます。わたし、切実に二重あごを治したい!すっきりとしてあごのラインをつくって、小顔になりたい!本当に切実なんです。だから、効くといわれるものは試した...

≫続きを読む

【なぜ?】体重が減ったのに二重あごだけなくならない原因

ダイエットをして体重は減った。ウエストのくびれもできたし、二の腕もすっきりしてきた。太ももだって、足を合わせてもくっつかなくなってきた。結構、美しいボディになってきたと思う!!!!でも、なぜか二重あごだけなくならない・・・!なぜ!!!???こんなに頑張っているのに、なんで二重あごだけなくならないの!...

≫続きを読む

時間とお金をかけずに二重あごを解消する方法

二重あごに悩む方美容器具などでお金をかける前に、自力でお金をかけずに解消する方法がありますので、試してみてください。二重あごはさまざまな要因から成り立っています。それは、いくら痩せている人でも二重あごになってしまう要因です。現に女優やモデルといった超痩せている人でも、顔が二重あごのように見える瞬間が...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔