若年性白髪を治すにはシャンプー、トリートメント、ヘアエッセンスのトータルケアが効果的!?

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

 

若年性白髪の原因は、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなど、さまざまあります。
ストレスが溜まったり睡眠不足が続いたり、生活習慣が乱れると、頭に十分な栄養素が行き届かなくなり、髪の毛を染める細胞が上手く機能しなくなります。
その結果、黒く染めるための染料が不足してしまい、白髪が生えてしまうのです。

 

そのため、健康な黒髪が生えるためには必要な栄養をしっかり補う必要があります。

 

ドラッグストアや美容院、ネット通販を探すと白髪ケアのためのアイテムはたくさんありますよね。
シャンプーやトリートメント、ヘアエッセンスなど、様々なアイテムで白髪がケアできます。

 

しかし、それだけたくさんアイテムがあると、どれを使うのが最も効果的なのか、悩んでしまいませんか?

 

 

シャンプーが良いのか、トリートメントが良いのか、ヘアエッセンスが良いのか、そして、その中でもどのブランドが良いのか、
どのような使い方が最も効果的なのか、悩ましいです。

 

そこで、白髪の原因から対策まで、一から徹底的に調べてみました。
その結果、自分が白髪対策として選ぶなら、シャンプー、トリートメント、ヘアエッセンス、これら3ステップ全てを使うのが最も効果的だという結論に至りました。

 

当たり前と言っちゃあ当たり前かもしれませんが、3ステップ使うのが一番良いです。
なぜなら、やはりそれぞれで役割が違うため。
シャンプーだけだと得られるのは洗浄効果のみ、トリートメントだけだと得られるのは栄養補給効果のみ、とそれぞれ役割が違うためです。

 

これから詳しく紹介していきます。

 

なぜならシャンプー、トリートメント、ヘアエッセンスで役割が違うため

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

 

単純なことかもしれませんが、それぞれの3ステップはそれぞれ役割分担が違います。
しかも白髪の原因はそれぞれのステップが関連しているのです。
そのため、どれか一つでOKということにはどうしても出来ませんでした。

 

シャンプーは頭皮の汚れを落とす役割

白髪の原因は頭皮の毛穴に汚れが詰まるため。
もちろんそれだけではありませんが、毛穴の汚れ詰まりも大きな原因のひとつです。

 

そのため、洗浄力の高いシャンプーでしっかり洗ってあげるのが基本中の基本として大事なのです。

 

白髪対策に関係のない市販のシャンプーでも洗浄力が高いのはありますが、
どうしてもそのようなものは、合成界面活性剤が多く入っていたり、化学成分の力に頼っているものが多いです。

 

しかし、白髪が生えやすい頭皮はただでさえ健康な頭皮に比べて痛んでいたり疲れている傾向があるので、
市販の洗浄力が強いシャンプーでは刺激も強すぎる可能性があるのです。

 

そのため、白髪対策には洗浄力の高いシャンプーが必要不可欠ですが、
その中でも白髪対策専用のシャンプーを選んだほうが無難だし、より効果的と言えるのです。

 

白髪が生える頭皮の傾向を掴んでいて、頭皮に優しい成分で構成されていると期待できるため。。
さらに、黒髪ケアに効果的な成分で潤いチャージも期待できるためです。

 

特におすすめが、こちらの2つ。

 

 

二つとも、頭皮に優しい天然の植物由来成分で構成されていて、黒髪維持に効果的です。
あわせてチェックしてみてください。

 

 

トリートメントは生えた髪の劣化を補正する役割

 

シャンプーは頭皮の中に浸透させることでこれから生えてくる髪の毛のケアができます。
しかし、既に生えてしまった髪の毛に潤いを浸透させるには限界があります。
そのため、シャンプーとは別のアプローチで、既に生えた髪の毛をケアする必要があるのです。

 

その手段として代表的なのがトリートメント。
トリートメントはすでに伸びた髪の毛に栄養を浸透させることで潤いを与えるので、
パサパサと乾燥して白髪が目立つ髪の毛をしっとりさせて白髪を目立たせなくするアプローチができます。

 

白髪の誕生は生えた後ではなく生える前。
基本的に生えてしまった髪の毛が白髪になることはなく、髪の毛が頭皮の中で作られているときに、うまく黒くならなかったために白髪として生えてしまいます。
そのため、一見、トリートメントは白髪対策に関係ないのでは?と思いましたが、決してそんなことはありません。

 

生えてしまった髪の毛もパサパサと乾燥していると白髪が目立ちます。
そして、パサパサしているので髪の毛1本1本も目立ち、白髪も余計目立ちます。
一方で髪の毛がしっかり潤ってツヤがあると、正常な髪の色が際立ち、白髪の印象を抑えられることができます。

 

私自身、若白髪が生えていますが、髪質が良い日は白髪もあまり目立ちません。
そのため、トリートメントも白髪対策を専門とした潤い豊富のものを使うのが効果的と言えます。

 

ヘアエッセンスは頭皮に直接栄養を届ける役割

 

シャンプーは頭皮の汚れをしっかり落とすだけでなく、頭皮に少なからず栄養を与えてくれるものもありますが、
しかしお湯で洗い流してしまう以上、潤いの浸透力は限られてしまいます。

 

一方で、トリートメントは伸びた毛先に潤いは与えますが、頭皮に直接つけるのはタブーとされていますよね。
せっかくシャンプーで頭皮の毛穴汚れを落としても、再び毛穴にトリートメント成分が詰まって、毛穴の中の細胞の働きを阻害してしまいます。

 

そこで、黒髪ケアに必要な3つ目の役割は、頭皮の中に直接栄養を届けること。
ヘアエッセンスがその役割になります。
(ヘアエッセンスの中にも頭皮につけてはいけないものもあるため、あくまで頭皮に浸透させてOKのものに限ります。)

 

白髪が発生しているときは、原因として髪の毛を作る毛母細胞の働きや、髪の毛を黒く着色するメラノサイトの働きがうまくいっていない可能性があります。
そのため、毛母細胞やメラノサイトがうまく働く栄養をヘアエッセンスで補ってあげるのが効果的。
となると、市販で売られている一般的なヘアエッセンスより、やはり白髪対策を専門にしたヘアエッセンスの方がおすすめです。

 

以上から、白髪対策に必要なアイテムは、シャンプー、トリートメント、ヘアエッセンスの3つ全てと言えるのです。
それも違う役割を担っているので、それぞれ補い合うことは難しいです。
どれか一つでも欠けると、その分効果が半減すると考えたほうが良いです。

 

3つのステップがすべて揃っているアイテムの中で、特に美容雑誌やメディアで注目されているのが、
こちらのCA101(シーエーイチマルイチ)です。

 

 

これだけたくさんの有名美容雑誌に載っているのは、人気の証拠です。

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

 

というのも、美容雑誌に載るということは美容のプロが認めたということ。
美容編集やヘアスタイリスト、美容専門家たちは膨大な製品を見尽くしているので、
そのプロたちの厳しいフィルターを通ったというのは、効果が期待できる証拠となります。

 

白髪で悩んでいると、どうにかしてこれ以上白髪が増えるのを防ぎたくなりますよね。
中途半端に試すよりは、とことん3ステップ全て試してみたほうが効果を得られる近道なのではないでしょうか。
その方が結果的にお買い得になります。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

 

髪の毛が黒く生えるか白髪になるかの分かれ目はヘアサイクルの成長期!?

 

人間の髪の毛には1本1本、生えてから伸びて抜けおちるまでの一連のヘアサイクルがあります。

 

図のように、オレンジの丸い部分が、毛乳頭と言って、髪の毛を作り出す部分です。
この部分に、毛母細胞がたくさん密集していて、髪の毛を少しずつ作り出して頭皮上に伸ばしていきます。
この時期を”成長期”と言うのですが、だいたい人によって3〜6年くらいかかるようです。

 

 

その後、伸びきって年がたつと、”退行期”という時期に移行して行きます。
退行期には、オレンジの丸い部分の毛乳頭が、毛球(髪の根元)から離れていき、
これ以上髪の毛を伸ばすのを止めます。

 

 

この後、”休止期”といって、抜けるのを待つ時期に入っていくのですが、
この時期には、既にオレンジの毛乳頭は、次の新たな髪の毛を作り出すステージに移行しています。

 

そして、新たな髪の毛が作り出され始めると、古い髪の毛は押し出される形で、抜けていくのです。

 

以上がヘアサイクルです。

 

髪の毛が黒くなるのは、毛乳頭の毛母細胞が髪の毛を生成するタイミング、つまり”成長期”。
別の”メラノサイト”という色素形成細胞によって、黒く染められています。

 

 

メラノサイトが毛根の根本で必要な栄養素を摂りながらメラニン色素を生成します。
このメラニン色素が髪の毛が黒くなる正体です。

 

そのため、成長期に働くメラノサイト、そしてメラノサイトを作る色素幹細胞、それらに栄養を届ける毛母細胞が健康的であることが、
美しい黒髪を作るのに必要です。

 

先ほど紹介したCA101はこれらの細胞が元気になることが期待できる栄養素がたくさん入っているので、
集中的にアプローチできるのではないでしょうか。

素材美を叶える黒髪ケアレシピ〜まとめ〜

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

 

以上が、白髪対策に効果的な方法のまとめです。
私は実際に白髪が生えてしまったため、どうやって治そうか、または次に生える髪の毛に予防しようかと考えた時に、
自力での改善は成功率が高くないだろうと不安になりました。

 

なぜなら、実際に白髪が生えてきてしまったのだから、現状の生活では白髪のリスクがあると言うことです。

 

体質だって仕事による生活習慣だってあるため、それを根本から改善しようとすると、完璧にはいかないと思うのです。

 

そういうときは、外の力を一度試してみるのが良いのではと思います。
もちろん人によって、賛否両論ある考え方だと思うので、一概には言えませんが、
自分の場合は、自力で行うと、しっかりしなきゃとか、これは大丈夫?今これまずい?などと気にするストレスによって
より白髪が生えそうな気がします。

 

そう考えるともう負のスパイラルになってしまうので、無理なストレスをかけずに、効果的な商品に助けてもらうのが合っているのです。
頼るなら、とことん頼りたいというのが自分の考え方です。
そのため、シャンプー、トリートメント、ヘアエッセンスを一通り使ってみるのが自分には合っていました。

 

手段が足りないことで不安になるよりも、とことん使うことで、後悔もしないですし、迷いなく白髪ケアに没頭できるのです。

 

試すブランドや製品が何であれ、共感される方がいましたら、自分に合った商品を探すことが大事だと思います。
いろいろな商品の公式ページで白髪予防に関する詳細を読むと自分にはどんなタイプが必要か、基準みたいなのが出来てくると良いなと思います。

 

その一つとして、今回ご紹介した3ステップもおすすめ。人によってとても合うという方、出てくると思います。
ぜひ候補の一つとして参考にしてみてください。