白髪が生える前はこんな兆候があります。

 

基本的に白髪に気づくのは、生えてしまってからですよね。
気づいたら、髪の毛の中に白髪が生えているのを発見し、「あ!!!!」となるのです。

 

白髪は抜いては良くないとされています。
(詳しくはこちら→白髪は抜いたら危険!?正しい対処法を徹底伝授!
余計に頭皮環境が悪化し第二の白髪の原因になる可能性があるためです。

 

そうなると、生えてから気づいては、抜くこともできず、もうどうしようもないですよね…
生えてるのに抜けずにそのままでは恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

そのため、できることなら白髪が生える前に「私、いま白髪が生えそう!?」と気づきたい。
そしてできることなら、実際に生えてしまうのを未然に防ぎたい。

 

白髪は生えたあとの対策について、たくさん情報がありますが、
その前の情報はあまりないのですよね。

 

そこで、白髪が生える前の気づき方について徹底的に調べてみました。
あなたにとっても、白髪は無縁ではありません。
まだ生える前の頭皮に潜んでいる白髪リスクを知っておいて損はないのではないでしょうか。
白髪が生える前の兆候について、まとめたので読んでみてください!

自分の場合、こんな兆候がありました。

 

白髪が生える前はこんな兆候があります。

 

私はもうすでに白髪が生えてしまったくちなのですが、
思い返してみると、白髪が生える前にはある兆候がありました。

 

というのも、いつからか、つむじの部分にアホ毛が増えるようになったのです。

 

あれ?仕事で忙しく疲れているのかな?と思う程度で、本気で向き合わずに無視していました。
というのも本当に仕事が忙しくて気にしている余裕がなかったのです。

 

そうこうしていたのが良くなったです‥‥
次第に、一本一本のツヤ感が弱まり、なんとなく髪の色素が薄くなってきていました。

 

とはいえ髪の色は依然として黒なので、特に白くなっているわけではないです。
ただ、なんとなく色が抜けているというか、透けてきているというかんじです。
そう思っていたら、一本、特定の部位から白髪が生えてきてしまいました

 

見つけたとき、「え!!!?私まだ20代だよ!!信じられない(泣)」と相当ショックでした。
今思うと、アホ毛が生えたのが白髪の兆候だったのかもしれません。

 

自分の場合はこの1ケースでしたが、人によって個人差はあるはず。
実際に調べると白髪が生える前には何パターンか兆候があるというではないですか!
考えられる例を紹介します。

 

 

白髪の兆候その1【アホ毛】

 

白髪が生える前はこんな兆候があります。

 

こちら、私です。
一本、ピーンと鬼太郎みたいに立っていますね。
こんな感じである時から徐々にアホ毛がひどくなってきました。

 

アホ毛の原因は、乾燥や毛穴の汚れの詰まり、頭皮への栄養不足など様々あります。
様々あると言っても、毛穴が詰まると頭皮に栄養が届きにくくなるし、
栄養不足になるから乾燥に耐えられなくなるので相互作用し合っています。

 

頭皮に栄養が足りないまま生えてきた髪の毛は、細く弱々しく、切れやすいです。
そしてアホ毛になってしまいます。

 

なぜアホ毛が白髪に関係しているかというと、
アホ毛の原因「頭皮への栄養不足」は、白髪に影響も与えてしまうためです。

 

そもそも日本人の多くの髪の毛が黒く生えてくるのは、髪の毛の生成時にメラニン色素によって黒く染められているため。
このメラニン色素はカラー染めの材料みたいなものです。
何もしないで勝手にできるものではなく、頭皮内の細胞がちゃんと働くことで作り出されているのです。
細胞がちゃんとメラニン色素を作るためには栄養が必要です。
しかし栄養が頭皮に十分でないと、メラニン色素が作られず髪が黒く染まらないまま生えてきてしまいます。
それが、白髪です。

 

白髪が生えるメカニズムの詳細はこちらにまとめています。
若白髪の原因は?メカニズムを徹底解明!

 

つまり、白髪の主な原因は栄養不足。
アホ毛の原因も栄養不足が大きいので、アホ毛になったら白髪にもなるリスクも潜んでいるのです。

 

白髪の兆候その2【髪の毛にツヤがなくなってくる】

髪にツヤがなくなってきたと思ったら、こちらも要注意。
ツヤがなくなる原因は老化や、髪への栄養不足(特に亜鉛などのミネラル類)、
紫外線によるダメージがあげられますが、これらも白髪の原因でもあるため、要注意です。

 

老化は、活性酸素を増加させてしまい、細胞をさび付かせて働きにくくしてしまう恐れがあります。
そのため髪に潤いが与えられずパサパサになることがあるのですが、
同時にメラニン色素やメラノサイト(メラニンを作る細胞)の機能を阻害してしまいます。
髪の毛の栄養不足はアホ毛の原因としても説明したとおり、
メラニン色素を作り出すための栄養も不足してしまうので、白髪の原因となるのです。

 

紫外線によるダメージもなぜ白髪の兆候として考えられるかというと、
紫外線が頭皮に入った時にガードしようと活性酸素が働いてしまいます。
活性酸素は紫外線から頭皮を守ろうとしてくれるのですが、攻撃力が強いので一緒に髪の毛を黒く染める機能も阻害してしまうのです。そして黒く染まらずに白髪の原因になってしまいます。

 

 

そのため髪の毛にツヤがなくなってきていると思ったら、その原因が白髪まで生む可能性があるため注意が必要です。


白髪の兆候その3【頭皮がかゆい】

頭皮が痒くなると、白髪が生えてくる可能性があります。
なぜなら白髪は通常の髪に比べて成長速度が早く、毛も太いと言われているためです。

 

通常の毛穴から、より太い髪の毛がより早い速度で生えてこようとするので、
頭皮を刺激して痒みを発生させている可能性があります。

 

太く早く生える原因はまだ明らかになっていないのですが、メラニン色素が髪を染める過程をスキップできる分、早く生えるのでは?という説が多いです。
いずれにせよ、いつもより頭皮が痒く感じたら、注意が必要です。

 

 

以上が白髪の兆候です。
仕事や家事など色々と忙しい現代女性はストレスフルで美容に気を遣う時間も限られている、
そういう意味では誰でも白髪予備軍です。
あなたも白髪が生える前に、一度自分の今の状態を確認してみてはいかがでしょうか。
白髪が生える兆候に重なる部分があるあなたは、注意が必要です。

 

白髪を生えてきづらくする&増えづらくするための対策について、役立つ情報をまとめたので読んでみてください!
白髪対策はこれが効く!?効果的な成分とシャンプー方法が決め手です

 

既に白髪が生えてしまったあなたは、原因や対策をこちらの記事に書きましたので一緒にご覧ください。
白髪が前髪あたりに生えてきた方、対策方法を伝授!これを改めましょう!