二段腹 便秘 むくみ 腸内環境 アンチエイジング

白髪は抜いたら危険!?正しい対処法を徹底伝授!

若年性白髪を1本、2本発見すると、抜いてしまいたくなります。
だって、若いうちから生えてしまったことがショックですし、
周りの人に白髪が生えていると気付かれたくないから・・・
1〜2本だったら、簡単に抜けるし、抜いてしまえば、普通の髪の状態に戻るので、
嫌なものはすぐに消してしまいたくなりますよね。

 

ただ、メディアで白髪に関して、調べてみると、抜くのは良くないという情報が入ってきます。
白髪を抜くのは危険なのでしょうか。
抜いてしまうと、さらに白髪が増えてしまうとか!!??

 

不安が募るばかりなので、詳しく調べてみました。


白髪は抜くとさらに白髪が増えるのか?

結論から述べます。

 

現状では、白髪を抜いても白髪が増えるということは、実証されていないようです。
良かったです・・・(?)
とはいえ、同時に、白髪を抜いたところで、その毛穴からもう白髪が生えなくなるという訳でもないようです。

 

つまり、どちらでもさほど影響ないということなので、あとは本人次第。
抜きたければ、抜けばよいということですね。

 

ただ、ここで、注意が必要なのは、
髪の毛を抜くと言うことは、
髪の毛が生えて寿命を迎えたら抜け降りるという自然のヘアサイクルに抗うということなので、
頭皮にそれなりのストレスはかけてしまいます。
どんなストレスをかけるかということを理解したうえで、対処方法を見極めることをお勧めします。

髪の毛を抜くことと頭皮にどんなストレスがかかる?

そもそも日本人の髪の毛は平均10万本くらいあり、
1本の髪の毛が成長して抜けおちるまでの周期のことをヘアサイクルと言います。

 

 

一回のヘアサイクルが終わるまでには3〜6年くらいです。
だいぶ長いですね。

 

ヘアサイクルの段階は、1本1本違うので、
一気に抜けおちることはないのですが、
だいたい1日の内に50〜100本は抜けおちます。

 

つまり、白髪は何もしなくても、ヘアサイクルを終えてしまえば、
自然に抜けおちると言うことです。

 

ただ、まだがっつり成長期の段階で、むりやり抜いてしまったりすると、
頭皮の細胞にとっては、予期していないことなので、それなりのストレスがかかります。

 

また、白髪は通常の黒髪に比べて太いケースが多いです。
そのため、無理に抜くと頭皮にストレスがかかってしまいます。

 

毛根の毛母細胞を傷つけると髪の毛が生えてこなくなる

毛母細胞は、髪の毛を生成する細胞です。根毛にありますが、
強くひっぱり毛母細胞まで抜いたり、気づつけたりすると、
もうその毛穴から髪の毛が作られなくなってしまう可能性があります。

 

頭皮を傷つけて肌荒れを起こす

髪の毛を無理やり抜くとこで、毛穴に負荷がかかるので、
頭皮が炎症など荒れるリスクもあります。
また、白髪は、通常の髪の毛に比べて太い傾向があるため、
通常の毛を抜くよりも頭皮を傷つけやすいのです。

 

 

このように、白髪を抜くと髪の毛が生えて来なくなるリスクや、
頭皮を傷つけるリスクがあるので、なるべく抜かない方が、安心ということです。

白髪が生えた時の正しい対処法

おすすめなのは、抜かない方法です。

 

抜かずに切る

抜くと頭皮に負担がかかるリスクがあるため、
根本部分をハサミで切ってしまうのがおすすめです。
白髪は通常の髪の毛に比べて、ヘアサイクルが早い傾向があるため、
無理に抜かなくてもしばらくして自然に抜けるのを待っていても、
通常の髪ほど時間はかからないなら、切るのもそんなに大変ではないと言うことです。

 

部分染めする

根本から切っても結局白髪がまた伸びてくるのが苦の場合、
白髪染めを部分的にするのはいかがでしょうか。

 

ヘアトリートメントタイプなら、優しいので手を汚すこともあまりなく、
気になる部分だけつけて簡単に染まるので、おすすめです。
比較しましたが、時間がかからずに簡単なものはこちら。


 

次のヘアサイクルで生えてくる髪の毛が黒くなるようにする

今生えている白髪は切ったり染めたりで応急処置をし、自然に抜けるのを待ちます。
そして大事なのは、次のヘアサイクルではちゃんと黒髪が生えてくるように、対策すること。
白髪の原因は、栄養不足や生活習慣の乱れにより、
髪の毛を黒くする細胞が十分に働いていないためです。
そのため、細胞が活発に働くようにしてあげることが必要です。

 

細胞に栄養を与えて、髪の毛が黒く生えてくるようにサポートしてくれるシャンプーやヘアエッセンスがあります。

 

シャンプー



 

 


 

ヘアエッセンス

 



 


 

 

公式ページにはそもそも白髪になる原因は何なのか、必要な栄養素は何かといった、
白髪対策の情報も載っているので、自分に合った対策を見つけるための基準にもなると思います。

 

haruシャンプーのそれぞれの成分の効果は?

 

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

20代で白髪が生える原因は?若年性白髪のメカニズム

20代で白髪が1本生えてしまった私、、、白髪を一度経験すると、日本人の髪の毛が黒いのは当たり前ではないと実感します。そこで、初めて知ったのですが、髪の毛というのは、黒いのが元々ではないようです。これ、常識だとしたら、私知らなかったことが恐縮ですが、髪の毛は染まって黒くなってるようなのです。つまり、白...

≫続きを読む

白髪が生える前はこんな兆候があります。

私の場合、いつからか、つむじの部分にアホ毛が増えるようになりました。あれ?仕事で忙しく疲れているのかな?と思う程度でしたが、次第に、一本一本のツヤ感が弱まり、なんとなく髪の色素が薄くなってきています。黒は黒なので、特に白くなっているわけではないです。ただ、なんとなく、色が抜けているというか、透けてき...

≫続きを読む

白髪のさまざまな原因まとめ

白髪の原因を説明する前に、まず簡単に髪の毛が染まるメカニズムを理解しましょう。髪の毛が染まっていく過程にはストーリーがあります。まず黒髪誕生の大本は、黄色い丸で書かれた”色素幹細胞”こちらが根毛の中間くらいのバルジという所から、根毛の根本に移動して行き、根本の部分で、”メラノサイト”という色素を作り...

≫続きを読む

白髪は抜いたら危険!?正しい対処法を徹底伝授!

若年性白髪を1本、2本発見すると、抜いてしまいたくなります。だって、若いうちから生えてしまったことがショックですし、周りの人に白髪が生えていると気付かれたくないから・・・1〜2本だったら、簡単に抜けるし、抜いてしまえば、普通の髪の状態に戻るので、嫌なものはすぐに消してしまいたくなりますよね。ただ、メ...

≫続きを読む

若年性白髪を発見!放っておくとどうなる?

弱白髪が生えて思ったこと。「え!何これ!?ショック・・・これからどんどん増えていったらどうしよう・・・(汗)」きっと、共感される方も少なくないはずです。しかし、これもきっとおそらくでしょうが、白髪が生える人は、仕事や勉強など何かしらでものすごく忙しく、あまり他のことに気を揉んでいる余裕がないのではな...

≫続きを読む

若年性白髪は一度生えると治らない?

若年性白髪が生えました。そして生えて急に心配になることは、「え!!これってもしかすると、ずっと治らない!?(汗)」白髪は一度生えるともう治らないのでしょうか。結論から申し上げます。一度生えた白髪は途中から黒く変わることはない。しかし、同じ毛穴から次に生えてくる髪の毛は白から黒に治せることもある。どう...

≫続きを読む

白髪予防No1のharuシャンプーの成分【へマチン】、【海塩】、【褐藻】の効果ま...

白髪の予防に、haruというシャンプーが注目されているようです。公式サイトを見ると、このシャンプーには、黒髪の生成に役立つヘマチン、海塩、褐藻が含まれているので、白髪予防に効果があるそうです。へ、へまちん?なんか間抜けな名前・・・笑海塩も白髪に良いのか〜。海のものが髪の毛に良いイメージは確かにあるけ...

≫続きを読む

haruシャンプーは生えた白髪は治せない?大事なのは【予防】です!

口コミで大評判のharuのシャンプーですが、若年性白髪が生えてきたショックで、とにもかくにも早く治さなきゃ!!!と焦っていたので、このシャンプーを見つけた時、これなら今生えている白髪が黒く治るものなのかなと思っていました。しかし、間違いです。haruのシャンプーを使っても、今生えている白髪が黒く変わ...

≫続きを読む

若年性白髪を治すにはヘアエッセンスが効果的です。

若年性白髪の原因は、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れなど、さまざまあります。これらの原因で、頭に十分な栄養素が行き届いていないため髪の毛を染める細胞が上手く機能しなくなっていたり、黒く染めるための染料が不足してしまう結果、白髪がはえてしまうのです。そのため、健康な黒髪が生えるために必要な栄養をしっ...

≫続きを読む

白髪が前髪あたりに生えてきた方、これを改めれば治るかも!?

前頭部に白髪が生えると、前髪のあたりにきれいに白い筋が入ったように目立ってしまいますよね。残念なことに、大半の人にとって最初の白髪デビューは前髪付近からという場合が多いようです。白髪は日々の生活における癖や習慣も原因になります。例えば、髪の毛をいじる癖や1日中のデスクワーク、ストレスなど。血行不良や...

≫続きを読む


くびれウエスト 若白髪 足の臭い 美脚 小顔